Q & A 4月14日号

Trade Howard? Pursue Leonard? Start Monk? What will Hornets do? Here are your answers
BY RICK BONNELL

今週のメールバッグでホーネッツの質問を求めたとき、多くの人がスティーブ・クリフォードの退職がロスター戦略にどう影響するか知りたがった。
クリフォードは現在のロスターの全選手について発言権があったから、その疑問は分かる。しかし、ホーネッツがミッチ・カプチャックをゼネラルマネージャーとして雇ったことは、おそらくクリフォードの解雇よりはるかに大きな影響を及ぼすだろう。
次のコーチが選手の動きについて相談されないと言っているわけではない。しかし、カプチャックはエグゼクティブとしての経験から、自分の直感・本能を大いに信頼するだろう。彼はマイケル・ジョーダンのサインを必要とするが、最終的にはすべての動きがカプチャックの台帳にある。

Q:クリフォードがいなくなったことで彼らは積極的にドワイト・ハワードのトレードに動き始めると思いますか?他のコーチが彼からクリフのように数字を引き出せるとは思えません。

A:確かに、クリフォードとハワードがオーランドとロサンゼルスで一緒だったことは、ハワードのトレードに際するホーネッツの安心感の一因だった。しかし、クリフォードの離脱がハワードのトレードの可能性に影響するかは分からない。
ハワードの問題は来シーズン約2400万ドルという年俸の高さだ。ホーネッツに不要な契約(選手)を送ることなくハワードを獲得する(or できる)チームがあると考えるのは非現実的だ。ホーネッツがどの程度の見返りを飲むかはカプチャックのトレードへの意欲にかかって来るだろう。

Q:ケンバ・ウォーカーをトレードして11位指名権をアップすることで始まる“The Process,” (フィラデルフィア76ersが複数年のタンキングに使った用語)の可能性は?それとも、指名権と不良債権をパッケージにしてトレードする可能性の方が高いでしょうか?

A:NBAは来シーズンのロッタリーオッズを変えて、タンキングを阻止しようとしている。だから、シクサーズをモデリングすることは解決策ではないかもしれない。カプチャックは就任会見で指名権を動かす可能性を持ち出したから、それは明らかに彼の考えにあることだ。しかし、注意:11位指名権は他チームがサラリーキャップの問題を解決して獲得に動くほど貴重なものだろうか?それは疑わしい。

Q:ケンバとドワイトをトップ5指名権とトレードすべきですか?

A:トップ5のチームが契約最終年のウォーカーとハワードを望むなら、もちろんカプチャックは注意深く耳を貸すべきだ。しかしトップ5ピックのチームがそんなトレードに応じたいだろうか。例えば、バトゥームと同じ規模の不要な長期契約との引き換えにでもなければ。
トップ5ピックは貴重だ。素晴らしい若手が得られるかもしれないだけでなく、その選手はルーキースケールで数シーズンは安く働かなければならないのだから。そういう選手を手放すチームはほとんどない。素晴らしい見返りが得られる場合だけだ。

Q:ホーネッツはGリーグのコーチも解雇しましたが、どれくらいの変化が起こるのでしょうか?

A:グリーンズボロ・スウォームのコーチに新しい契約を与えないことが結果的に何かを示唆するのかは分からないが、変化は大きいと思う。カプチャックが大勢の自分のスタッフを雇いたがっても私は驚かない。しかし、たとえばシューティングスペシャリストのブルース・クロイツァーは選手たちから高く評価されており、クリフォードの後任が誰だろうとクロイツァーを残さなかったら驚きだ。

Q:彼らはカワイ・レナードを求めるべきですか?

A:もちろん。ウォーカーがフランチャイズの得点記録を樹立した頃、クリフォードはスパーズのグレッグ・ポポビッチHCがウォーカーのゲームを賞賛していると言及した。偶然とはいえ興味深い。ホーネッツがレナードのためにオファーする条件にはウォーカーを含む必要があるだろう。

Q:ケンバは2020年にホーネッツのメンバーですか?

A:その確率は30-70以下だと思う。彼の第2の故郷としてのシャーロットへの愛情は本物だが、彼は自分の残りのキャリアを有意義なものにしたいと思っている。それがホーネッツの選択であろうとウォーカーの選択であろうと、今後多くの変数があるだろう。

Q:ケンバ(または他の選手)がコーチ探しに意見を出しますか?

A:このロスターの誰かに次のシーズンのコーチについて発言権があるとしたら本当に驚きだ。多分、レブロン・ジェームズやステフィン・カリーはそのような振る舞いに値するが、この状況でカプチャックがそうする理由はないと思う。

Q:マリーク・モンクは来シーズン先発しますか?

A:現在のスターター5人が全員戻るのなら(全員契約が残っている)おそらくそうではないだろう。もしウォーカーかバトゥームがトレードされたら、その時はもっと議論の余地がある。特に、ウォーカーがトレードされてベテランPGの見返りがない場合は。昨年の夏を足首の捻挫でふいにしたモンクにとって、この夏は非常に大事だ。彼はもっと強くなる必要があるし、ウォーカーのプレーを見て学んだことを身に付けていく必要がある。

Q:カプチャックは63歳ですが、このチームに長期的に取り組んでいるという印象を受けますか?

A:私は63歳を年寄りだと思わない。選手としてもエグゼクティブとしても長いキャリアを持つカプチャックがお金を必要とするとは思えない。だから、彼がこの仕事を受けるために国を横断してきたのなら、今でもゼネラルマネージャーとしての競争の活力を愛しているのだと確信する。おそらく、40歳なら自分を証明する必要性により迫られるだろうけれども、だからと言ってカプチャックの成功へのモチベーションが低くなっているわけではない。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード