Q & A 4月3日号

Your Charlotte Hornets questions: Big changes this summer or in a year?
BY RICK BONNELL

今週のメールバッグに寄せられたいくつかの質問の大まかなトーンは、ホーネッツが現在の轍から抜け出すための大きな変化を見せるまでどれくらい時間がかかるか?だった。

Q:次のシーズンもロスターのほとんどが契約下にあるけれど、その後はかなりの金額が帳簿から消えます。新しいフロントオフィスはフリーエージェンシーでビッグスプラッシュをする(ケンバ・ウォーカーを含む可能性がある)前に現在のロスターでもう一つのシーズンを無益に過ごすと思いますか?

A:その質問にはいくつかのテーマがあり、それらはすべて重要だ。で…

今年の夏に大きな変更を行うのは難しいだろう。あなたが言及したように、次のシーズンも6人の選手が1200万ドル以上の年俸を保証されている。その後、ドワイト・ハワード(約2400万ドル)とウォーカー(1200万ドル)はフリーエージェントになる。しかし、ニック・バトゥーム、マービン・ウィリアムズ、マイケル・キッド=ギルクリスの契約は残る。

「フリーエージェンシーでビッグスプラッシュ」と言っても、キャップのスペースとは関係なく、シャーロットが2019年の夏のフリーエージェントの最上級の目的地になることを当てにできるとは思えない。タレントを獲得するためのより信頼できるルートはトレードとドラフトだ。
ウォーカーについては、2019年の夏に無制限FAになる前に彼の優先順位を尋ね、それに基づいて行動することが重要だと思う。あらゆる選択肢の中で最悪なのは、無償で彼を失うことだ。

Q:ウィリアムズ、ハワード、バトゥームをトレードするなら不良債権を引き取らざるを得ないだろうという話でしたが、ホーネッツがチャンドラー・パーソンズやケント・ベイズズモアにトライすることは考えられますか?

A:パーソンズとベイズモアは年俸的にバトゥームの契約に類似している。バトゥームの方が2人より1シーズン長い(2020-21シーズンに約2700万ドル)。バトゥームをいずれかとトレードする場合、主な目的は金融上の義務の短縮だ。
これは、バスケットボールのための決定というよりキャップ・マネージメントのための決定だ。間違ったことではないが、それが主要な動機になる。

Q:ハワードとバトゥームはどちらがよりトレード可能だと思いますか?私にとって、ニックのゲームとドワイトの相性はコディ・ゼラーとのようには良くないと思います。

A:ハワードの契約は1シーズン残っている。契約が切れるという条件は、2380万ドルであっても彼を動かすかもしれない。バトゥームの方が若い(29歳と32歳)し、彼のスキルセットはおそらくより多くの状況にフィットする。しかし、彼には7500万ドルを超える契約が残っているという事実が動かすのを困難にする。
ハワードの方が少しトレード可能かもしれないが、どちらの場合でも他チームが残したいと思っていない契約を引き取らざるを得ないだろう。
バトゥームとゼラーの方がバトゥームとハワードより互いに効果的にプレーするというのは同感だ。もしかしたら、次のプレシーズンを一緒に過ごすことで新たなチャンスはあるかもしれない。

Q:今シーズンの残念な結果に基づいて、スターティングラインアップの変更を支持しますか?

A:フランク・カミンスキーを先発パワーフォワードにして、マービン・ウィリアムズをベンチに回す試みに問題はない。ウィリアムズはいずれにしてもうまくやるだろうし、カミンスキーの長期的価値を評価するのに役立つかもしれない。
しかし、その交換はあまり変化がないだろう。どちらがスタートしても、ウィリアムズとカミンスキーはほぼ同じ時間プレーするだろうし、接戦の終盤は2人ともコートに出るかもしれない。ウィリアムズのsavvy(このロスターの最も知的な選手)はチームディフェンスに重要なので、ウィリアムズの役割を大きく削減することには注意が必要だ。

Q:次のシーズンはマリーク・モンクとビリー・エルナンゴメスにどのような役割があると思いますか?

A:役割は大きくなるが、おそらく劇的には大きくならない。それはドウェイン・ベーコンにも当てはまる。ホーネッツはタックス閾値に近いため、補完的な役割のフリーエージェントと契約する柔軟性があまりない。また、トレイビオン・グラハムと再契約することも問題になるかもしれない。だからモンク、ベーコン、エルナンゴメスは安定した出場時間の機会を得るだろう。

Q:あなたがオールスターやルーキーではない選手を1人ホーネッツのロスターに加えられるとしたら、それは誰ですか?

A:オーランド・マジックのアーロン・ゴードン。彼は6フィート9インチあって22歳だ。ポジション的に十分大きいし、若い。この先最高のシーズンがあるはずだ。平均18得点、8.3リバウンドというキャリアシーズンを送っており、3Pもキャリア最高の34パーセントと過去3シーズンから大きな飛躍を遂げている。
ここで一言:ゴードンはバッドロスターに所属する有望選手か、それとも幸運にも注目を浴びる数字を持っているだけか?
ゴードンには大金がかかるし、ホーネッツはどの選手の入札合戦にも立ち入るポジションにない。しかし、それはあなたの質問の一部ではなかったので。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード