カプチャックGM(仮)

第一報はニューヨーク・タイムズだそうですが、ホーネッツがミッチ・カプチャックにGM職をオファーし、合意目前らしいことをオブザーバーも確認したとのこと。
Hornets offer GM job to former UNC star Mitch Kupchak, source confirms


で、ボーネルさんのコラムはざっくり(=テキトー・・・(^_^;)。

As Hornets' GM, Mitch Kupchak would be on phone a lot. Rebuild can't be put on hold.
BY RICK BONNELL
April 02, 2018 03:58 PM

もしまだだとしても、あなたはホーネッツの次のゼネラルマネージャーとしてミッチ・カプチャックに付けられたたくさんのラベルを聞くことになるだろう:“Old school.” “Chapel Hill guy.” “Big-market GM.”
カプチャックがここでどのように働くか予測する上で、そのどれよりも重要であることが分かるラベルがある:“Connected.”

カプチャックは1980年代半ばから2017年2月にゼネラルマネジャーとして解雇されるまで、LAレイカーズのフロントオフィスで働いてきた。私が知る限り、そして彼の知人の話から、彼はエージェントや選手、他のゼネラルマネージャーから好かれ、尊敬されている。
あなたは“sensible,” “practical” “collaborative.”などの言葉を耳にする。

ホーネッツのGMの仕事は、少なくとも短期的には、できることと同じくらい取り消さなければならないことが多いため、それは重要だろう。
カプチャックはホーネッツのゼネラルマネージャーの仕事をオファーされ、そして、状況に近い情報源によると、残るのはほぼペーパーワークだという。63歳のカプチャックはオーナーのマイケル・ジョーダンと同じくノースカロライナ大学でプレーし、2月にチームを離れたリッチ・チョーの後任となる。

Differing skillsets
チョーは数字に強く、人にはそうでもなかった。ゼネラルマネージャーの仕事の一部は、ロスターを評価し改善する方法を特定することだ。その仕事はネットワーキングでもある:メジャーリーグスポーツは競争相手が直接のビジネスパートナーでもあるという点で少し奇妙だ。

ホーネッツはチョーの監督下でたくさんトレードを行った。しかし、チョーのエンジニアのバックグラウンドは、 wheeler-dealer(※ビジネスで時に汚い手も使う策士)であるよりも彼の人柄に合っていたように思える。私はチョーと面白い会話をたくさんしたが、決して彼を口が達者な人とは言わない。

カプチャックについて考えるとき、私は、映画『Casino』の数シーンが撮影されたラスベガスのイタリア料理店Piero'sが思い浮かぶ。サマーリーグ期間中、Piero'sはNBAのエグゼクティブでいっぱいだ。そして私は、カプチャックとワシントン・ウィザーズのカウンターパート、アーニー・グランフェルドが中央のテーブルに座っていた夜を思い出す。あらゆるNBA関係者が、深い尊敬の念を抱いた様子で2人とおしゃべりするためにやって来た。

Job 1
カプチャックはこの役割で絶えず電話中だろう。そして、そこには掘り出すことがたくさんある。ウォールストリートには “unwinding the trade.”という表現がある。これは本来、うまくいかない多額の投資から脱出することを意味する。それはホーネッツの選手人件費である。

ホーネッツのロスターは高額で高齢だ。ジョーダンはこのチームがカンファレンスのトップ4を争うことを望んだが、それどころかポストシーズンに届かなかった。ロスターの6人の選手は来シーズン1200万ドル以上の年俸が保証されている。ホーネッツはすでに2018-19シーズンの1億2100万ドル(仮)のタックス閾値に危険なほど近づいている。

ところで、チョーだけがその責を負うわけではない。サインをしたのはジョーダンだし、スティーブ・クリフォードHCはしばしば、ロスター内に自分が獲得にかかわらなかった選手はいないと言う。

しかし、カプチャックの最優先事項は何らかの巻き戻し(unwinding)でなければならず、それは痛みを伴うだろう。ESPNのボビー・マークスが私に示唆したように、700万ドルのキャップスペースを空けるためにジェレミー・ラムを2巡目指名とトレードするようなものかもしれない。いくつかの変化が近い将来になければならない。

What Kupchak needs most
だからこそ、この職を得る者は、ジョーダンとバイスチェアマンのカーティス・ポークからの信頼とある程度の自律性を持つことが重要だ。うまくいけば、ジョーダンがカプチャックと旧知の仲だという事実は率直なビジネス関係に役立つ。

カプチャックはクリフォードが来シーズン戻るべきかどうか決める必要があるだろう。彼らは、クリフォードが2012-13シーズンにレイカーズのアシスタントだったときからお互いを知っている。
それ以外では、来シーズン後のケンバ・ウォーカーのフリーエージェンシーをどうするか、すぐにでも判断しなければならない。再契約できる、あるいはすると思えないなら、トレードで何かを得る方法を探し始めることが重要だ。

シャーロットでのウォーカーの未来の一部は、カプチャックが監督する再建の程度に結びついている。それはカプチャックが引き受ける巨大な仕事であり、彼のスマートフォンのあらゆる連絡先を必要とするだろう。
それが “Connected”が重要な意味だ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード