FC2ブログ

【53】@デンバー

うんまぁ、ナゲッツは弱くないし、SEGABABA&@難所だから期待はしていなかった。
けど、PHIもDETも5割でゲーム差3.5か~。


104-121  (ボックススコア) 23勝30敗(HOME: 15-14, ROAD: 8-16)

180205track.jpg




Hornets win streak broken on barrage of Denver 3-pointers; next up is trade deadline
BY RICK BONNELL

今シーズンのホーネッツは4連勝ができない。
日曜日のサンズ戦で21点差から挽回して3連勝を達成したことで勢いを得たようにも思えたが、月曜日、デンバー・ナゲッツは主に3Pラインから彼らを負かした。
ナゲッツ(29勝25敗)は最初の3クォーターで31本中18本の3Pを決め、97対84のリードを奪った。
ドワイト・ハワード(19得点)は前半に活躍したが、ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(15得点、16リバウンド、7アシスト)は第3Qに10得点、6リバウンドしてマッチアップで優位に立った。一方、ガードのゲイリー・ハリスが27得点中15得点を第1Qに挙げ、デンバーはハーフタイムを14点リードで迎えた。

ケンバー・ウォーカーは20得点、ホーネッツのキャリアリーダーになった3Pも6本中3本決めた。
これはホーネッツにとって西遠征4連戦の2試合目。木曜日にはポートランドでトレイルブレイザーズと対戦し、金曜日の夜はソルトレークシティでユタ・ジャズと戦う。

Three who mattered
ハワード:立ち上がりから7本連続でFG成功。

ハリス:元WNBA選手の息子のハリスは第1Qに6本中5本の3Pを決めた。

ウィル・バートン:アンダーサイズなスモールフォワードは最初の8ショット中7本成功。

Observations
▪ NBAは今週のスケジュールでホーネッツに親切ではなかった:毎シーズン2度ある高地でのゲーム(デンバーとユタ)がどちらも連戦の2試合目。

▪ スティーブ・クリフォードHCが7月にマイケル・カーター=ウィリアムズと契約したときに描いていたことの1つは、MCWとウォーカーを一緒にプレーさせることだった。最近その場面が増えている。ウォーカーをオフボールでプレーさせ、長時間出場の状況でもエネルギーを節約できるように。

▪ 厳しいスケジュール(4日間で3試合、オフの日に国を横断するフライト)のあと、ホーネッツは木曜日のブレイザーズ戦の前に、オレゴン州ポートランドで2日間のオフがある。その試合開始前にNBAのトレードデッドラインは過ぎる(東部標準時午後3時)。

▪ ナゲッツは不安定な深さでこの試合に入った:ウィルソン・チャンドラー(体調不良)もダレル・アーサー(膝の痛み)もシュートアラウンドに参加しなかったが、プレーはできる状態だった。
(※休んじゃえよ~)

▪ コーディ・ゼラーの出場時間は復帰後の2試合ともハーフ7分から8分に制限されていた。今はそれが緩和されているようだ。ハワードの助けになるので良いこと。

Worth mentioning
▪ マービン・ウィリアムズ(足首を捻挫)は木曜日のブレイザーズ戦でプレーできる可能性が高いようだ。 ウィリアムズは過去4試合欠場している。

▪ クリフォードは試合前、今はナゲッツにいる元アシスタントのボブ・ワイスと長話をしていた。ワイスは家族の近くに住むために夏にデンバーへ引っ越した。

▪ クリフォードはナゲッツのマイク・マローンHCと親密な関係にある。クリフォードがニュー・イングランドの高校のコーチだった頃、夏のバスケットボールキャンプでマローンの父、元NBAコーチのブレンダン・マローンの下で働いた。マイク・マローンは大抵クリフォードの夏のキャンプの一員だった。

Report card
B オフェンス:ベンチは一貫して得点し始めている。これは長い間の懸案だった。

F ディフェンス:ひどい。3Pラインから始まってヨキッチはリムへもドライブし始めた。

C- コーチング:公正を期すなら、連戦の2試合目に試合会場はマイルハイというのは敗戦の公式。


次の試合の前にトレードデッドライン・・・クリーブランドと話し合っているという記事を見かけましたが。ケンバ&ニコラでアイザイア・トーマスとネッツの1巡目指名権どーのって・・・
ないとは思うけど一応ドキドキ

コメントの投稿

非公開コメント

ケンバを放出して怪我後怪しいITを取るのは冒険過ぎますね
ITも次の契約はMAXを希望してるとか見ましたし再建が遠退くだけのような…
MKG マービン IT ハワード ラム
うーん弱そうw

No title

絶対レブロンがいるチームには勝ちませんし、去年は確かわざわざこちらが2巡目と金銭出してまでACL断裂したアンダーセン引き取ってCLEに補強のためのロスター枠作るのに協力しましたし、、、
ホーネッツはレブロンの奴隷だと思っているので、今回も怪我でサッパリだったアイザイアと、複数年重い契約が残っている完全なる不良債権のJRやトリスタンを引き取ってあげるのかなあと思います。ケンバ、バトゥム、ドワイト、1巡目とかもう色々差し上げるんじゃないかと思ってます。クビが近いGMはミラクル起こそうとキチガイじみた決断をするケースは結構あるので、やらかしそうです。

No title

◎イケメンさん
正直、今のアイザイアとケンバを交換する意味はありませんよね・・・
そのスタメンは確かに弱そう~。(^_^;)


◎らすとしょっとさん
まさかオーナーがクリーブランドの天敵だった罪滅ぼしでもないでしょうし。w

>クビが近いGMはミラクル起こそうと

そこがちょっと恐ろしいです。もうイチかバチかというか。
それで失敗したとしても、もう自分には関係なくなるわけですもんね。
あと1日半、どうなるんでしょうか。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード