Q & A(後編)

続きを片付けます。

Q:MKGはオフェンスでカワイ・レナードのライト版くらいにはなるか、それとも彼の上限はトニー・アレン/デニス・ロッドマンか?

A:キッド=ギルクリストが2 wayプレイヤーとしてレナードに似ることはないと思う。しかし、対戦相手がディフェンスで放置することをためらう程度にジャンプショットを決めるのは重要だ。

Q:彼らはフランク(カミンスキー)をどのポジションでプレーさせようとしている? コーディ(ゼラー)もフランクもプラムリーもパワーフォワードよりセンターの方が合っているように見える。

A:ゼラーとプラムリーがパワーフォワードよりナチュラルなセンターであることには同意する。カミンスキーがNBAレベルでパワーフォワードよりセンターとは思わない。カミンスキーの問題は、もっと有能なディフェンダーになること。

Q:ホーネッツはプレーオフの常連チームからどれくらい遠いと思うか? 成功を継続出来ないことをかんがみて、信念を生み出すために変えることは?

A:あなたが手っ取り早い解決策を期待するなら、失望すると思う。48勝のシーズンを終えた2016年の夏に、彼らはニック・バトゥームとウィリアムズを戻すことにした。それらが取り消されるべき動き(私は反射的にそうと思わない)なら複雑なことになる。

Q:フリーエージェントのマリオ・チャルマーズについてどう思う? ケンバの良いバックアップ?

A:チャルマーズは31歳で、アキレス腱断裂という重傷を経験した。つまり買い手が気をつけるべき状況だ。特に1試合20分以上のプレーを期待するなら、注意しなければいけない。

Q:ケンバ・ウォーカーは全盛期で、とびきり価値のある契約を結んでいる。ホーネッツは彼をトレードすべきだろうか? もしそうなら、代償に何を得ることができる?

A:2番目の質問が最初の答えのファクターだ: 大きな代償を得ない限り、次のシーズンを越えて契約を結んでいるポイントガードのスター、 重要なポジションのオールスター選手をなぜ差し出す? あなたが説明したように、ウォーカーの契約は確かにチームに都合がいい。成功をもてあそぶのは慎重に。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード