ンティリキナ?

Frank Ntilikina、何と読むのか全然わからないんですけど、ま~便宜上「ンティリキナ」で。(^_^;)
ボーネルさんの記事。

Would point guard be a good French connection for the Charlotte Hornets?
もう1人のフランス人選手はホーネッツにとって現実的な可能性だ。
フランス・リーグのポイントガード、フランク・ンティリキナは、6月22日のNBAドラフトの約1ヶ月後まで19歳にならない。しかし、ポイントガードとしては長身の6フィート5インチで、力強いディフェンダーでもある。ホーネッツには11位指名権があり、フロントはPGの層をアップグレードしたいと表明している。
従って、ンティリキナが11位まで残っていたら検討するのはロジカルに思える。

ホーネッツにはすでに、プロとして最初のシーズンをフランスで送った選手がいる。2015年6月のトレードで加入したニック・バトゥームは、オフに5年1億2000万ドルで再契約するほど2015-16シーズンに活躍した。
一方、2008年のドラフト20位だったアレクシス・アジンサは、2年目のシーズン早々にトレードされた。ボリス・ディアウは、2008年のトレードで加入当初は良かったが、のちにポール・サイラスHCと衝突し、2012年春にウェイブされた。

ンティリキナは昨シーズン、ストラスブールでプレーした。ヨーロッパの若手選手を評価する際に難しいのは、彼らが通常ベテランの控えでプレーし、役割が限られているところだ。昨シーズンのンティリキナは平均18分未満しかプレーしていない。スタッツも5.1得点、1.4アシスト、2.3リバウンドと目立つところがない。

ミスリードされないように:スカウトは、優れたコート・ビジョンやチームメイトのためにオープンショットをクリエイトする天賦の才でポイントガードを見る。彼の身長はケンバ・ウォーカーを良く補うだろう。
ンティリキナの長い腕はディフェンダーとして大きなプラスであり得る。2シーズン前、スティーブ・クリフォードHCがウォーカーとジェレミー・リンを同時に起用したように、時にはウォーカーと一緒にプレーすることもできるかもしれない。

しかし、ンティリキナはNBAですぐに使える体から程遠い。約170ポンドしかないため、バスケットまでドライブしたときに受ける打撃に対抗するには広範なストレングス・プログラムを必要とする。
彼のアウトサイド・シューティングは改善され続け、昨シーズンはユーロの3Pラインから41パーセント決めた。

昨シーズンのホーネッツは、全体的な層の厚さが必要なこと、特にポイントガードの人手不足を明らかにした。
ラマン・セッションズは2016年夏にウォーカーのバックアップとして2年契約を結んだ。約630万ドルになる来シーズンの契約はチーム・オプションだ。
昨シーズンは苦しみ、キャリア最低の6.2得点、FGも38パーセントに終わった。ファウルラインをゲットすることが彼の最高のNBAスキルだが、それも50試合で118試投にとどまっている。
2月上旬には左ひざの半月板損傷というキャリアで初めて手術を要する重傷を負い、シーズンの残りはほとんどプレーしなかった。
彼の年俸と年齢(31歳)、落胆させられたシーズンを考えると、ホーネッツがオプションを行使しなくても驚くにはあたらない。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード