Season in Review:ロバーツ

2016-17 Season in Review | Brian Roberts
Tipping Off
ホーネッツとなじみがあるもう一人の選手は、昨夏に戻ってきたベテランPGのブライアン・ロバーツ。経験豊かで信頼できるリザーブのロバーツは、2016-17シーズンのチームに非常に必要とされたバックコートの深さとして用いられた。

Roberts Returns to Charlotte
もともと3年前の夏にホーネッツと契約したが、フランチャイズは2016年2月にメンフィス・グリズリーズからコートニー・リーを獲得した3チーム間のトレードでロバーツと決別した。 ロバーツはすぐにポートランド・トレイルブレイザーズへトレードされ、一周してホーネッツへ戻る前にそこでシーズンを終えた。

チーム3番手のポイントガードとして、シーズン前半は出番が少なかった。1月28日までの12試合で平均5.4分、1.4得点、0.7アシスト。

Sessions’ Injury Opens Door for Roberts
ラマン・セッションズのシーズンを終了させた2月上旬の半月板損傷修復手術のあと、ロバーツの出場時間は増加。1月31日から2月28日までの12試合では、平均10.7分、FG41.2パーセントで3.8得点、1.2リバウンド、1.8アシストという成績を残した。

シーズン終盤の22試合中17試合でプレーしたロバーツの数字は上がり続け、平均13.1分で4.6得点、FG39.7パーセント(3Pは40.7パーセント)、1.1リバウンド、1.3アシストだった。

彼のシーズン最高のパフォーマンスは3月10日にホームで行われたオーランド・マジック戦(121対81で勝利)で、シーズンハイの15得点にシーズン最多タイの4アシストを記録した。

Final Numbers
ロバーツは、41試合に出場(先発2試合)し、平均10.1分、3.5得点、FG37.7パーセント(3Pはキャリア最高タイの38.6パーセント)、1.0リバウンド、1.3のアシストでフィニッシュした。

2017-18 Season Outlook
ロバーツは無制限のフリーエージェントで、どこのチームと契約するのも自由。4月12日のエグジットインタビューでは、ホーネッツだけでなく、シャーロット市への帰還についても語った。

「(シャーロットへ戻るのは)クールだった。ここは素晴らしい都市だ。ここでの時間を本当に楽しんだよ。自分にはそういうことも大事なんだ。僕はこの都市も組織も大好きだし、戻るのは間違いなく幸福だった」

さらに、チームの今シーズンについて、「シーズンを迎えるにあたって、自分たちには確かに高い期待があった。いくつか達成できたこともあったけれど、NBA選手ならプレーオフへ進むために82試合戦うわけで、我々はユニットとして十分な仕事をしなかった」

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード