【52】vs. ネッツ

○111-107 (ボックススコア) 24勝28敗(HOME: 16-10, ROAD: 8-18)

ホーネッツがネッツに勝利し連敗を7でストップ
2月 8, 2017 4:26午後
NBA Japan
ネッツは泥沼の10連敗
2月7日(日本時間8日)にスペクトラム・センターで行なわれたブルックリン・ネッツ対シャーロット・ホーネッツの一戦は、ニコラ・バトゥーム、ケンバ・ウォーカー、マルコ・ベリネリがそれぞれ17得点を記録し、ホーネッツが111-107で勝利した。
どちらにとっても勝てば連敗脱出、負ければ連敗継続という試合は、前半終了までにリードを17点(54-37)に広げたホーネッツが勝利し、連敗を7で止めている。
バトゥームは試合後「チームには勝利が必要だった」と語った。
「ホームに戻っての試合だったから、ホームコートを守る必要があった。そしてもちろん、勝つ必要もあった」。

ホーネッツ(24勝28敗)はバトゥームらのほか、ジェレミー・ラムが16得点、マイケル・キッド・ギルクリストとマービン・ウィリアムズがそれぞれ14得点、フランク・カミンスキーが12得点、11リバウンドで勝利に貢献した。
10連敗のネッツ(9勝43敗)は、ボーヤン・ボグダノビッチが22得点、ブルック・ロペスが20得点、ジョー・ハリスが12得点、アイザイア・ホワイトヘッドが11得点、トレバー・ブッカーが10得点、12リバウンドをあげている。




やっと勝ったけど、最下位のネッツ相手にやっとでしたね~。
後半を見たら、何度もリードを縮められて、それでも残り30秒で8点差ならもう大丈夫かと思いきや、いらないファウルしたり、ファウルゲームのFTミスったり、ボグダノビッチに2本連続で3P決められたり。

Charlotte Hornets top the Brooklyn Nets to snap a 7-game losing streak
ホーネッツは一時17点のリードを築いたが、その差が3点まで縮まった後、何とか持ちこたえた。ベリネリがラスト15秒で4本のFTを決めてこの試合を決着させた。
ネッツは10連敗でイースト最下位の9勝43敗。ホーネッツは24勝28敗になった。
ゲームのほとんどでFG40パーセント未満とシューティングは良くなかったが、7人が二桁得点し、カミンスキーは12得点、11リバウンド、5アシストを挙げた。

Three who mattered
マイケル・キッド=ギルクリスト: 一週間ぶりのホーム・ゲームに大きなエネルギーをもたらした。持ってきました。
ジェレミー・ラム: ベンチからスコアリング・パンチを提供した。おそらく中足骨の炎症で苦しんでからのベストゲーム。
ボーヤン・ボグダノビッチ: ネッツの4Qの追い上げに大きく貢献。

Observations
▪ コーディ・ゼラー(大腿四頭筋挫傷)は7試合連続欠場。今シーズンのホーネッツは望ましいスターターが組めたのは27試合しかなく、それらのゲームでは16勝11敗である。

▪ ケンバ・ウォーカーは、故意ではない肘打ちを受けたせいで第2Qの一部を休むことになった。

▪ ウォーカーはオールスターブレークを必要としているように見える。ゴールデンステイトとユタでの2試合でFG7-22、火曜日の前半も2-10だった。

▪ センターで先発したカミンスキーは前半で7リバウンドした。

▪ ネッツのブルック・ロペスは、前半FG1-6だった。

Worth mentioning
▪ ロサンゼルス・クリッパーズと対戦する土曜日のホームゲームは、午後5時開始。
▪ ウォーカーはピック&ロールのボール・ハンドラーとして平均12.3得点していてリーグトップ。
▪ ターンオーバーの差は非常に大きく、第3Q終了時点でホーネッツの7に対してネッツは17だった。

Report card
B オフェンス: 素晴らしいパスが何本かあったが、オープンな3Pをたくさん落とした(今シーズンの問題)。
B+ ディフェンス: ネッツのターンオーバーが多くなりがちなところを利用した。
B+ コーチング: 負けられないゲームだった。


コラムのタイトルも Kemba Walker looks very much in need of an All-Star break
こうなると本戦だけでなく3Pコンテストにも選ばれたのは良かったのかどうか…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前半の点差みたら

こりゃーケンバ後半休ませられそうじゃん(๑´・ω・)´-ω-)ウンウン

とか思ってたのが休ませるどころか今日も30分オーバーなプレイタイムに

つか、この前はマービンで、今日はバトゥームが38分強なプレイタイムで、カミちゃんも2試合連続の33分…えーと多分後半ガス欠になる原因だし

この前のジャズ戦もそうだったけど、MKG、マービン、カミちゃんの3人のうちの誰がが前半でファール2〜3でトラブりかけんだけだ代わりがいないってのも後半に失点が増える原因かも

と、つらつらと書いてみた



No title

そーなんですよねぇ、最近4Qのディフェンスがひどくて、その原因は人手不足って。
クリフォードさんもスターターとリザーブの組み合わせをいろいろやってみてはいるらしいですが。

昨シーズンに比べたらベンチうっすいですもんね…。
ラムもなぁ、いつもこれくらいやってくれたらいいんだけどなぁ。






カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード