【51】@ユタ

もう覚悟したから気楽に観戦。
ツイート(?)したいほどの展開になったら嬉しいんだけど、そうでなくても2006年3月を最後にソルトレークシティーでは勝っていないらしいし。

とりあえずケンバは先発してる。あと、クリフォードHCはプラムリーを前後半7分ずつ使いたいとか、トビーの起用にもためらいはないとか。それと、Ramon Sessions says knee surgery isn't automatic for him とのこと。

えーと、いきなりカミンスキー3の3で12対3だぞ?

‏@rick_bonnell
At current pace, the Jazz will commit 50 turnovers tonight. (笑)

16対6までいったあと、0-6ランされたけど。
ラムがベリネリより先に出てきたから体調は大丈夫なのかな。

再び24対13まで開いた………ラムもいいし。
あ、ジェリー・スローンさん。

ラムからのナイスパスで2-2で4得点、4リバウンド(3分)で笑顔を見せたプラムリー。
最後、エクサムに連続でやられて28対23で1Q終了。(ジャズは7TO)
今日の分はもうこれで満足した。ヾ(~∇~;) コレコレ

とは言え、エクサムにやられっぱなし…
いきなり追いつかれて2Qはシーソーゲーム。ケンバがまだ無得点(撃たない)なのはやはり体調?
マービンのブロックがファウルになってFTで40対43に。ここまでジャズの最大リードが3点、ホーネッツは12点。

あれ、ちゃちゃっと昼の支度をしている間に44対55でハーフタイムになってた…。
2Qが16対32だわ~。

2分ほどで11-0ランで63対63の同点。
またしばらくシーソーになってる。

勝てるんじゃないかと欲が出てしまうなぁ…。
27-8ランのあと、エクサムのミスをゴベアーにプットバックされて79対73になったあと、ケンバのブザービーター3で82対73~~~~3Qは38対21~~~~~うぅ。(<追いかける展開の方が気が楽)

いきなりジョジョの3Pとかさ。ヘイワードも来るんだろうな…今度はヒルの3Pで4点リード…でも今日はラムもマルコも良いんだよね…10点リードに戻したけどまだ8分以上あって…またヒルの3P~0-7ランで残り7分で92対89…う~ヘイワードで1点リード~MKGで3点リード~ヘイワードで1点リードになってMKGのディフェンスからケンバのレイアップで3点リードに戻して、しばらくどちらも決まらず…またヒルの3で同点、ジョジョで96対98…ぐぐ。

タイムアウト明け、24秒守り切られた。
で、ヘイワード、そしてジョジョの3Pで1分切って7点差…あ~ここまでか。
大盛り上がりの会場がむかつく。(^_^;)

パターンからいって、こうなりそうな気がしたんだよね。○| ̄|_
170204gameover.jpg

まあ、ダラダラ書くことがあるほど楽しめたということで。

98-105 (ボックススコア) 23勝28敗(HOME: 15-10, ROAD: 8-18)

Utah Jazz rally delivers seventh straight Charlotte Hornets loss
ジョー・ジョンソンは残り1分の3Pを含めて18得点するためにベンチから登場した。
これでホーネッツは7連敗。ソルトレークシティーでは2006年以降勝っていない。
ゴードン・ヘイワードは33得点。ホーネッツでは16得点、12リバウンドと好調だったマービン・ウィリアムズら、6人が二桁得点。
ミルウォーキーから移籍後のデビュー戦になったマイルズ・プラムリーは18分で4得点、8リバウンド。
ホーネッツはホームに戻って火曜日にブルックリン・ネッツと対戦する。

Three who mattered
ヘイワード: シャーロットのオファーシートにジャズがマッチしたため逃した選手。
フランク・カミンスキー: ウォリアーズ戦でのキャリアハイ(24得点)に続いて好調だった。
ジョージ・ヒル: ほとんどの場面でケンバ・ウォーカーを上回った。

Observations
▪ 金曜日の練習を体調不良で休んだウォーカーだが、土曜日はプレーした。ラマン・セッションズを左ひざ半月板損傷で失ったホーネッツはすでにPG不足だった。

▪ クリフォードHCは主にPFのフランク・カミンスキーをセンターで先発起用した。
コーディ・ゼラーは6試合連続欠場。

▪ セッションズは土曜日の午前中のシュートアラウンドで、自分のひざに手術が必要とは決まっていないと言った。彼はシャーロットで再評価される。

▪ ロイ・ヒバートとスペンサー・ホーズがミルウォーキー・バックスでの身体検査を完了したあと、プラムリーはジャズ戦への出場が可能になった。ホーネッツではまだ練習に参加していなかったが、クリフォードHCはハーフで7分ずつプレーすることを期待した。

▪ レフェリーはジャズに対して明らかなショットクロック・バイオレーションを見逃したが、前半終了時にプレーを再検討してジャズのスコアから3点引いた。

Worth mentioning
▪ 元デュークのスター、ロドニー・フッドは、ひざの打撲と捻挫で欠場。
▪ カミンスキーは、ジャズのセンターのルディ・ゴベアーに自分をレーンまで追わせた2本の3Pを含めて、立ち上がりから5本連続で
▪ カミンスキーのファウルトラブルにより、プラムリーは前半11分プレー。

Report card
B+ オフェンス: 3Pから大きな得点。
B ディフェンス: 後半の大半でディフェンスが良かった。
B コーチング: クリフォードHCは、怪我人と病人がいっぱいのラインアップをやりくりした。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

カミちゃん何気にファウルトラブル?

DETが負けてるからなぁー

No title

あれ、カミンスキー、いつの間にファウルアウトしてた?(^_^;)

最近MIAが強い(確認したら10連勝!?)し、本当にプレーオフ争いは混沌ですね…。

No title

プラムリーはリバウンドにリムプロテクトにさっそく期待されたものを示してくれましたね。彼一人の加入で劇的にチームが躍進することはないかもしれませんが少なくとも、怪我がち再起不能のヒバートより機動力もあって何かもたらしてくれるでしょう。
怪我人・体調不良だらけ+アウェイで強豪とだったのでもう今日の勝ち負けよりは、それが何よりでした。
今イーストの下位はどこも苦戦してるのでオールスターブレークの間に整えてくれたらOKかなーって呑気に思ってます。

No title

練習に参加できないままだったことも考えると、プラムリーはけっこう期待に応えていましたよね。
確かにオーバーペイだと思いますけど、今のホーネッツとしては背に腹は代えられないというか…
何とか頑張ってもらって、皆を納得させてくれるように願っています。

今日は思ったより競ったし、ディフェンスも良かったので(ディフェンスがひどいと見る気を失いますが)
負けたわりに満足しました。
まだオールスター明けの巻き返しも期待できますよね。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード