絶体絶命…

ボーネルさんのTwitterをチェックしたら、ホーネッツ大ピンチになってるじゃないですか…。
Charlotte Hornets’ Ramon Sessions has a torn meniscus

1)ケンバが体調不良で金曜日の練習を休み、土曜日のジャズ戦もプレーできるか分からない。

2)セッションズが左ひざ半月板断裂損傷。(一般的にスポーツへの復帰は1~2ヶ月かかるらしい)
Hornets.com

3)コーディも練習できず。

4)プラムリーは練習に姿を現したものの、身体検査が終わるまで(バックス側も)練習に参加できない。

5)クリフォードHCによると、ニコラとラムも体調不良。でも練習には参加した。

ので、ジャズ戦の先発センターはカミンスキー。
そして、予定通りマイク・トビーと10日間契約。
Hornets.com
さらに、Dリーグでアシスト3位、スティール4位のレイ・マッカラムとも10日間契約。
Hornets.com

他の記事はあとで読むつもりです。il||li_| ̄|○il||li

Center Miles Plumlee had advance warning of Charlotte Hornets’ interest


金曜日のソルトレークシティーでの練習で取材に答えたプラムリー。
ホーネッツが自分に関心を持っていることは少し前から知っていた:「1、2週間前に話し合いがあったことは知っていたけれど、こんなにすぐ実行されるとは思わなかった」
木曜日の練習中に、バックスの職員から携帯のメッセージをチェックするようにと言われた。

デューク大学へ進学する前にアッシュビルの高校でプレーしていたプラムリーはノースカロライナ州になじみがある。NBAではアップダウンのあるキャリアの5シーズン目。
バックスではローテーションの末端で、たまに先発もあった。平均10分、2.6得点、1.7リバウンド。

シャーロットではコーディ・ゼラーのバックアップを務める。チョーGMとクリフォードHCによれば、このトレードの誘因の一つはゼラーとプラムリーの身体的な類似だった。
「彼はコーディのようなプレーをすると思う。それは我々にナチュラルにフィットする。あとは、フィジカルさだ。彼のヒット・ファーストのメンタリティーによるプレーも我々の助けになる」と、チームのフィジカル面を懸念し続けてきたクリフォードHCは言った。

クリフォードHCは、バックスは彼らのベスト・プレイヤーの強みにフィットするプレイヤー・ムーブメントのオフェンスをしている、ホーネッツはもっと one-in/four-out フォーメーションでのピック&ロール・バスケットが多い、それはプラムリーが一番活躍した(平均25分、8.1得点、7.8リバウンド)フェニックス・サンズでのプレーと似たスタイルだ、と言った。

ゼラーの最高の才能は、バスケットにロールするスピードとクイックネスだ。ピック&ロールでの彼とニック・バトゥームには素晴らしいケミストリーがある。プラムリー本人も自分とゼラーは似ており、それが役立つと信じている。
「ピック&ロールでの彼と周りのコンビネーションを見たら、自分がそこに入って同じことをするのも容易だと思った。それはかなり助けになるはずだ」
「間違いなく、ミルウォーキーとは異なるシステムと異なるプレイヤーで、過去の成功を考えたら自分にかなり合うはずだと思う」

金曜日のホーネッツの練習に現れたプラムリーだが、すべての身体検査が完了していないため参加はできなかった。しかし、彼はこの変化に興奮している。
「僕があそこで大してプレーしていなかったことは秘密でも何でもない。だから、このトレードは新鮮な空気を深呼吸する気分だ」「バックスは素晴らしい学習体験だった。彼らに与えてもらったことのすべてに感謝している。でも、今はここにいてワクワクしている」

Clifford: Hibbert couldn’t stay healthy
クリフォードHCは昨年の夏、ヒバートを加えることの潜在的価値に非常に興奮していた。そして、彼のデビュー戦は15得点、9リバウンド、5ブロックと素晴らしいものだった。
しかし、その試合後にヒバートの片ひざは腫れあがり、それ以来二度と完全に健康な状態に戻ることはなかった。
「あの日、アリーナを後にしながら、『我々はすごいものを手に入れた』と言ったことを覚えている」クリフォードHCは金曜日に思い返した。「リム・プロテクターがいることの重要性を普通の人々は知らないが」
「彼は健康ではなかった。多少良いときもあったが、決して100パーセントではなかった。おそらく、(健康を取り戻すには)2~3ヶ月かひと夏かかるだろう。彼は、自分にできることを全部してくれた」


あと、ブレイザーズ戦のあとのコラムによると、ホーネッツのスターターの+/-レシオはリーグ6位(!?)なんだそうです。つまり、今シーズンのベンチの頼りなさ…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニコとラムの調子も悪いんだったら、もうすぐオールスターだし、無理に勝とうなんて考えずに若手に多めにプレイタイム与えてあげて経験値を積ませること優先したがいいかも。

イースタンの順位表見たら8位以下が団子状態だし、無理に勝ちに行ったらMKGとマービンに負担かかりすぎるだらしね。

そか! SFのバッグアップをマービンにしてもらって、PFのバッグアップをMLGで回せばいいんだ!(無理

No title

健康問題がある間くらいは捨てゲームを作ってもいいんじゃないかと私も思うんですけどね~。
いっそ早々に大差がついた方がスターターを休められていいかな…。(オイ)

今日はとりあえずケンバもニコラも出てますけど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード