昨日のコラム

スルーするのはヒバートに悪いと思って (^_^;) ざっとですが。

Hornets get glimpse of old Roy Hibbert - for one night, anyway

木曜日の朝10時ごろ、ロイ・ヒバートはスペクトラム・センター入りし、まっすぐトレーニングルームへ向かって「養生」を開始するだろう。練習や試合に向けて彼の体、特に右ひざを準備するには少なくとも2時間かかる。この30歳の体はNBAで1万6000分以上プレーしてきた。
「やらなきゃならないエクササイズだ」と、ヒバートは養生について言った。

ヒバートはメディアと話すのを好まない。インディアナ・ペイサーズ時代の終わりに何があったのか、私は正確なところを知らないが、彼はインタビューに臆病になった。

ただ、水曜日はメディアと話すのを避けようがなかった。彼はシーズンハイの16得点を挙げ、6リバウンド、2ブロックを記録して、ホーネッツが連敗を止めた勝利の(最も重要な選手でなかったとしても)中心的存在だった。

ホーネッツは前の8試合で敵を100点以下に抑えられなかった。ヒバートのリムの守り (ホーネッツが1年500万ドルで彼と契約した一番の理由)は、シーズン開幕戦で右ひざの状態を悪化させたときから、あまり見られていない。

今シーズンずっとヒバートの助言者となっているパトリック・ユーイングAHC(ジョージタウン大学の先輩でもある)は、今日の試合はアップダウンするヒバートの今シーズンのベストゲームだと言った。
「アップよりダウンが上回る」と認めつつ。

過去20試合でヒバートの得点が二桁に達したのは水曜日で2度目だった。ホーネッツは彼にオフェンス力を求めていたわけではないが、クリフォードHCは繰り返し、ヒバートは両エンドでこのチームを助けることができると言っていた。

もちろん、その必要条件は健康な右ひざだ。そして、健康な右ひざの必要条件は養生である。
「正しい方向へ向かい続けている」と、ヒバートは言った。
「足は良い調子だ。 トレーニング・スタッフやストレングス・コーチは熱心にやってくれる。自分のような怪我をすると、大腿四頭筋も衰える。夏の間はずっとウェイトに取り組んだよ」

わずかな試合で影響力のあるプレーをするだけの健康を保つために誰かが一生懸命取り組むところを見ているのは無念だ。元ボブキャッツのショーン・リビングストンが、一度壊れたひざのためのアイス・マシーンをロードにも持ち歩いていたことを思い出す。

ヒバートにとって、水曜日はそういうすべてからの小休止だった。彼は8本中7本のショットを決めただけでなく、マルコ・ベリネリへのロブパスさえまっすぐネットをくぐった。
「あれはマルコへのバクドア・パスのつもりだった。ラッキーだっただけさ」
ケンバ・ウォーカーの見方は違う。
「ロイのグレートショット!」ウォーカーは笑って言った。「傑作だったよ」


コメントの投稿

非公開コメント

http://www.nba.co.jp/nba/all-star-2017-voting-results-and-announced-starters/16filciex3g8h18sd413a0c9ox

これ見ると、業界内ではケンバ認められてる感じだわね

No title

今、ちょうどそのことを書きました。(^_^;)
ファンよりメディアの評価の方が高いのは喜ばしいことですが。

きっと、シカゴやNYやLAでプレーしてたらもっと一般の人気もあったんだろうなぁ。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード