【34】vs. キャバリアーズ

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

えーすでに1Q残り3分でレブロンに12得点されて17対27と後れを取っておりますが。
これから家を出るので、最後に間に合うかどうか…

て、レブロンの3Pで17対30になった…最後に間に合ってもしょうがないかも?(^_^;)

***** ***** *****

・・・あ~ケンバがFG13-22、37得点でもダメだったか。
出だしのレブロンでどんだけモンスターゲームされるかと思ったけど、モンスターになるまでもなかったのね…。

ホーネッツの興業的にはニューイヤーズ・イブにレブロンなんて最高なんだろうけど(満員の1万9519人)、こっちにしたら新年早々「まだまだ全然勝てない」と思い知らされたのでした。○| ̄|_

109-121 (ボックススコア) 19勝15敗(HOME: 11-7, ROAD: 8-8)

キャブズが2016年最後のゲームに快勝
1月 1, 2017 1:01午後
NBA Japan
レブロン・ジェームズが32得点中17得点を第1Qに集中

 12月31日(日本時間2017年1月1日)にスペクトラム・センターで行なわれたクリーブランド・キャバリアーズ対シャーロット・ホーネッツの一戦は、レブロン・ジェームズが32得点、9アシスト、6リバウンドをあげたキャバリアーズが121-109で快勝し、2連勝を飾った。
 2016年最後のゲームを勝利で飾ったキャバリアーズ(25勝7敗)は、ジェームズが32点中17点を第1クォーターに集中。ジェームズに牽引されたチームは前半を71-59とし、第3クォーターも28-23として、第4Qを前に16点差(99-82)をつけて危なげなく勝利した。前半71得点は今季球団3位の高得点だった。
 キャバリアーズはジェームズのほか、ケビン・ラブが28得点、10リバウンドのダブルダブル、欠場したカイリー・アービングに代わって先発したジョーダン・マクレーが20得点をマークした。
 敗れたホーネッツ(19勝15敗)はケンバ・ウォーカーが37得点、5リバウンド、5アシストと気を吐いたほか、フランク・カミンスキーが15得点、5リバウンド、ニコラ・バトゥームが13得点、8アシスト、6リバウンド、マイケル・キッド・ギルクリストが12得点、8リバウンドを記録した。



<シャーロット・オブザーバー>
Lebron James, Cavs get hot early, hold off Charlotte Hornets
キャバリアーズは前半のホットなシューティングで勝利へ突き進んだ。
25勝7敗でイースト首位のチャンピオンは前半の3P%(66.7パーセント)がFG%(57.1パーセント)を上回り、71対57のリードを築いた。
ほとんどが37得点のケンバ・ウォーカーのおかげで、ホーネッツは第4Qに2度、8点差まで詰めたが、それ以上点差を縮めることはできなかった。
キャバリアーズはレブロン・ジェームズが連続10得点して第1Qを支配した。

Three who mattered
ケンバ・ウォーカー: オフェンスで積極性を見せた唯一のホーネット。
レブロン・ジェームズ: 32得点、6リバウンド、9アシストとレブロン的パフォーマンスを遂行。
ケビン・ラブ: 序盤のトーンをセットし、3Pを8本中4本決めて28得点。

Observations
▪ レイカーズ戦の前半73失点の11日後、キャバリアーズもハーフタイムまでに71得点した。キャバリアーズは3Pを18本中12本決め、ジェームズの10連続得点もあった。(*キャブスの3Pは結局14-31、ということは後半は2-13なのね)

▪ キャバリアーズは前半に最大19点リードを奪ったが、残り2分47秒にはウォーカーのレイアップでホーネッツが4点差に迫った。しかし、ハーフタイムまでに再び12点差まで広げられた。

▪ 前半のウォーカーはジャンプショットがなかったが、それでも17得点した。5つのバスケットはずべてレイアップだった。

▪ 後半の2度のショットクロック・バイオレーションはホーネッツの反撃をくじいた。

Worth mentioning
▪ マルコ・ベリネリは4試合連続で欠場。クリフォードHCはday to dayのままだと言った。
▪ キャバリアーズの2人の元デューク、カイリー・アービング(ハムストリング)とマイク・ダンリービー(足首)はプレーせず。
▪ 前半無得点だったキャバリアーズのセンター、トリスタン・トンプソンは第3QにFG4-5、11得点と大きく貢献した。

They said it
「こんなディフェンスが続いたら、コンスタントに勝つのは難しくなる」 -- クリフォードHC。
「1Qはとにかくエネルギーもインテンシティーもなかった」 -- マイケル・キッド=ギルクリスト。
「このゲームのどんなポジティブなことも忘れる。僕たちは負けたんだ。そして、もっと良くならなければならない」 -- ウォーカー。

Report card
B+ オフェンス: 109得点したが、ウォーカーに依存するところが非常に大きかった。
D ディフェンス: キャバリアーズに3Pを66.7パーセント決められた前半はディフェンスがなかった。
C- コーチング: The play-with-intensity-every-night のメッセージは行き渡っていなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぎゃー、前半だけで71点取られたー(点差は12点)

No title

これから家を出る…)Oo(。-ω-). . . (。゚ω゚) ハッ! 家出!!

No title

げ、ホントに71失点~。
でも57得点してる。

家出だったら「最後に間に合うかどうか」とか言いませんがな。ヾ(・ε・。)ォィォィ
で、最後の1分30秒くらいだけ見たという、あーあ。

No title

ガベージタイムには間に合ったのねε-(´∀`; )

まきさん、皆さん♪
明けましておめでとうございます☆
今年もよろしくお願いしますヾ(o´∀`o)ノ


前半だけで70点オーバー…
マジかよ(;´Д`)ハァハァ

No title

◎いつも鍵コメの人さん
まあ、グラハム君が得点する貴重なシーンは見ました。ヽ(≧∀≦)ノ<ちょっとヤケ
・・・ハリソンには気が付かなかった。


◎シンゴさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

レイカーズもそうでしたけど、すさまじく3P決められてますね~。
あとで後半だけ見てみようかと思ってます。(^_^;)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード