【26】@ワシントン

106-109 (ボックススコア) 14勝12敗(HOME: 8-6, ROAD: 6-6)

全部は見ていないんだけども。
一番勝てそうな相手だと思っていたら、最強だったはず((  ̄- ̄)トオイメ)の3QにTO連発して自滅…○| ̄|_

Turnovers doom Charlotte Hornets in loss to Washington Wizards on road
ホーネッツは平均11.8TOでNBAで2番目に少ない。ファウルとターンオーバーを抑えるのはエラーの余地が小さいチームに必須だ。ところが、水曜日は18TOしてベライゾン・センターで敗れた。
3点差を追う残り9.6秒の最後のポゼッションでオーバータイムに持ち込むチャンスもあったが、ニック・バトゥームとケンバ・ウォーカーが3Pを外した。
このロード5連戦で0勝3敗のホーネッツ、ボストンとアトランタという厳しいバック・トゥ・バックが残っている。
ウィザーズのジョン・ウォールは25得点、10アシスト。ウィザーズは他に5人が二桁得点した。

Three who mattered
バトゥーム: ターンオーバーも犯したが、ゲームの多くの場面を支配した。
ウォール: 彼のペネトレーションとテイクアウェイ・ディフェンスはウィザーズにとって大きかった。
マイケル・キッド=ギルクリスト: 通常よりオフェンスのファクターだった。

Observations
▪ スタートはニック・バトゥームよりマイケル・キッド=ギルクリストがブラッドリー・ビールをガードした。

▪ ホーネッツの1QのFGは12-18だった。ホーネッツがリムへのドライブを心がけるとオフェンスはずっと効率的になる。1Qの30得点中ペイント内が12得点だった。

▪ ホーネッツの1Qの12バスケットのうち、9バスケットがバトゥームの得点かアシストだった。水曜日はバトゥームの誕生日である。(あ、おめでとうね

Worth mentioning
▪ ホーネッツは前半、3Pを15本中6本決めた。
▪ 前半のペイント内の得点はウィザーズが倍(32対16)。
▪ 最近オフェンスに苦しんでいたキッド=ギルクリストは前半のショットを4本全部決めた。

Report card
C+ オフェンス: ショットは好調だったがターンオーバーで自分たちを痛めつけた。
D ディフェンス: ウィザーズのスターターは全員二桁得点し、ショット成功率もまずまず。
C コーチング: このロードトリップを2勝3敗で終えるのは厳しくなりそう。

コラム Steve Clifford’s plea: Toughen up, or face more tough times は今から…。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

(´-人-`)…

[写真集]クレイグ・セイガー NBA中継を支えた名物リポーター http://www.nba.co.jp/nba/photo-gallery/gallery-craig-sager-1wo6ruiqfjmxu1y0bkdditnchj/craig-sager-1

No title

寂しいですよね…
画面だけとは言え、20年以上見てきた人だもんなぁ…
R.I.P. (-人-)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード