中国で一部勝訴

昨日見つけたBloombergの記事を明日(今日)読もうと思っていたら、日本でも記事になっていて大助かり。<(_ _)>

SankeiBiz:「ジョーダン」名前奪還 元NBAスター商標訴訟で中国最高裁判断
2016.12.9 05:00

 米国バスケットボール殿堂入りしている元スーパープレーヤー、マイケル・ジョーダン氏が、自身の名前の表記を商標登録した中国スポーツ用品メーカーを相手取りその無効を訴えていた裁判で、中国最高人民法院(最高裁判所)は8日、ジョーダン氏の主張を一部認める判断を示した。

 ジョーダン氏は福建省に本社を置く喬丹体育が自身の名前の法的権利を侵害したと主張し、商標登録の取り消しを求めて2012年に提訴した。喬丹は「ジョーダン」の中国語表記で、「チアオダン」と発音する。下級審はこれまで喬丹体育に有利な判断を示してきた。

 最高人民法院は、ジョーダン氏の漢字名が中国国内で「よく認知されており」、喬丹体育は登録を放棄し、国家工商行政管理総局に返還する必要があるとの判断を下した。ただし、中国語固有の発音表記であるピンインで書く名称「Qiaodan(チアオダン)」についてはジョーダン氏の主張を退けた。

 今回の訴訟は中国で知的財産権保護を望む外国企業にとって判例となる。世界2位の経済国の中国では最初に商標を取得した企業が法律で守られるケースが多く、米テスラ・モーターズやアップルなど多くの海外企業がこの問題に直面してきた。

 米法律事務所ベーカー・アンド・マッケンジーの知的財産(IP)担当パートナー、アンドリュー・シム氏(北京在勤)は今回の最高法院の判断について、「中国の大手スポーツウエアメーカーの商標を無効にすることを認めて、中国の強い姿勢を示した。有名人の名前を無断で使用できないというメッセージには間違いなくプラスの効果がある」と指摘した。

 ジョーダン氏は声明文で「商標に関する最高法院での判断を通じて、私の名前を保護する権利が認められたことをうれしく思う。中国の消費者は喬丹体育と同社の製品が私個人と何ら関わりがないことを知らされてしかるべきだ」とコメントした。別件で、ジョーダン氏が12年に喬丹体育を相手取り自身の名前の無断使用に関する損害賠償を求めて上海人民法院に提訴した件についての裁判が行われる。

 米国のプロバスケットボールチーム、シャーロット・ホーネッツの会長兼筆頭オーナーであるジョーダン氏は「私は中国の法律制度に敬意を払っている。上海人民法院の商標権裁判での判断にも期待している」とコメントした。(ブルームバーグ Rachel Chang)



あと、こちらは別にどうでもいいからスルーしていたんだけど、日本語記事があったので一応。
スポーツ選手「生涯収入」ランキング、引退しても稼ぐジョーダンが首位
Forbes JAPAN 12/7(水) 17:00配信


プロのアスリートたちの選手生命は、比較的短い。プロアメリカンフットボールリーグ、NFLの労働組合であるNFL選手会によれば、大リーグの選手が平均6年、サッカーは4年以下だという。現役の間にできるだけ稼ぎたいとしても、そのチャンスは限られているということだ。


だが、そうした中でも一部の選手たちは、引退後も何百万ドルという多額の収入を得続けている。その最たる例が、マイケル・ジョーダンだ。1984年にプロバスケットボールリーグNBAのチームに入団して以降の総収入は、今年6月末までに17億ドル(約1,939億円)に達した。

しかし、ジョーダンの収入が大きく増えたのはNBAを引退した後だ。スポーツ用品大手ナイキのほか、清涼飲料水のゲータレード、コカ・コーラ、マクドナルドなど12社以上の企業との間で結んだエンドースメント契約が、主な収入源となっている。

「ジョーダンブランド」は驚異的な成功

史上最も偉大なバスケットボール選手といわれるジョーダンは、ナイキと自身のエージェントと共に、スポーツ・マーケティングを新たなレベルへと引き上げたといわれる。バスケットシューズ市場でシェア50%以上を占有し、驚異的な成功を収めている「ジョーダンブランド」を手掛けるナイキは今年、ジョーダンに1億ドル以上を支払っている。

そして、今後もジョーダンの稼ぐ力は衰えることがなさそうだ。ナイキは同ブランドの売上高を、2020年には45億ドルに引き上げたいとしている。

プロスポーツ選手の総収入ランキング

フォーブスは引退した選手を含め、プロとして生計を立ててきた選手たちの1990年以降の収入を調査。今年6月末までの給料とボーナス、賞金、エンドースメント契約料、ライセンス料その他を含めた総収入を割り出した。投資収入や事業の売却で得た収入、税金、エージェントに支払った手数料などは考慮していない。

また、1990年以前も活躍していた選手については過去の収入も調査。生涯収入に加算した。金額は全て、現在価値に換算している。

以下、すでに引退した選手を含め、キャリア通算の総収入で上位に入った20人のランキングを紹介する(金額は現在価値)。

1. マイケル・ジョーダン(バスケットボール) 17億ドル(約1,939億円)
2. タイガー・ウッズ(ゴルフ) 16億5,000万ドル
3. アーノルド・パーマー(ゴルフ) 13億5,000万ドル
4. ジャック・ニクラウス(ゴルフ) 11億5,000万ドル
5. ミハエル・シューマッハ(F1レース) 10億ドル
6. コービー・ブライアント(バスケットボール) 7億7,000万ドル
7. フロイド・メイウェザーJr.(ボクシング) 7億6,500万ドル
8. フィル・ミケルソン(ゴルフ) 7億6,000万ドル
9. デビッド・ベッカム(サッカー) 7億3,000万ドル
10. シャキール・オニール(バスケットボール) 7億ドル
11. マイク・タイソン(ボクシング) 6億8,500万ドル
12. グレッグ・ノーマン(ゴルフ) 6億8,000万ドル
13. レブロン・ジェームズ(バスケットボール) 6億4,000万ドル
14. クリスチアーノ・ロナウド(サッカー) 6億2,000万ドル
15. ロジャー・フェデラー(テニス) 6億ドル
16. アレックス・ロドリゲス(野球) 6億ドル
17. リオネル・メッシ(サッカー) 5億2,000万ドル
18. ジェフ・ゴードン(NASCARドライバー) 5億1,500万ドル
19. オスカー・デラホーヤ(ボクシング) 5億1,000万ドル
20. マニー・パッキャオ(ボクシング) 4億9000万ドル

Kurt Badenhausen

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード