【2】@マイアミ

もう10時半だから4Qかと思ったら後半始まったばかり(?)。
46対60で負けてる…。
明日のホーム開幕戦でセルティックスに勝つ方が嬉しいけど、ウェイドもボッシュもいなくなったのに強いのね。

一時46対65まで開かれたけど12-0ランで58対65~~~すぐにウィンズロウに3P決め返された。orz
昨シーズンみたくダラダラ書くのはやめよ。

と、ヒバートが全然出てこないと思ったら、4分23秒しかプレーしていなくて
Charlotte Hornets PR ‏@HornetsPR
Injury Update: @hornets Roy Hibbert will not return tonight due to right knee soreness.
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

終始リードされる展開だけど、3Qは27-9ランで一度は1点差まで追いついた。
またすぐジョンソンの3Pで4点差にされて73対77で終了。
ダラダラ書くのはやめようよ~やっぱり。

今日はラムたん活躍で同点!ここまでFG0-6だったセッションズで逆転!

ヒバートがいなくてホワイトサイドはいるのにブロックが9対3なの。
ヒートはTO多いのも助かる…。

残り2分49秒ニコラの3Pで10点リード。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ドラギッチの3P、コーディがブロックされ、ホワイトサイドにファウル、FT2本で1分31秒5点リード。
またホワイトサイドのダンクで3点差に。ケンバのリバースレイアップで5点差に戻し。
ラムはディフェンスも頑張ってる。
マービンが頑張ってホーネッツボールで8.4秒。

観客はぞろぞろ帰るけど、ペシミストの私はまだ安心できないんだ。(^_^;)

逆転勝ち!(結局ダラダラ書いた…)
161028.jpg

○97-91 (ボックススコア) 2勝0敗((HOME: 0-0, ROAD: 2-0)



地元放送局のPlayer of the Gameはラム:16pts (FG7-12), 8reb.

Charlotte Hornets recover from 19 down to beat Miami Heat
ジェレミー・ラムのランナーで同点に持ち込み、セッションズのドライブでホーネッツがついに逆転したあと、スポールストラHCは4ファウルのホワイトサイドをコートに戻した。
ケンバ・ウォーカーはホワイトサイドのファウルトラブルに乗じてリムへのアタックを開始。フェイダウェイとレイアップでリードを広げた。

Three who mattered
ハッサン・ホワイトサイド: 前半だけでダブルダブルに1リバウンド足りなかっただけ。
ケンバ・ウォーカー: 不調なスタートのあと、後半はホーネッツを射程距離にとどめる大きな3Pを2本決めた。
コーディ・ゼラー: プレシーズン全休後、2試合連続二桁得点。

Observations
▪ 開幕戦で苦しんだジェレミー・ラムは、第3Q終盤に1点差に迫る本当にタフなランナーを決めた。

▪ ホワイトサイドは、後半にセンターでスタートしたゼラーにとってカバーするのが著しく挑戦的なほど大きい。

▪ MKGは前半3ブロック。(合計4blk)

▪ ブライアン・ロバーツは復帰したがフランク・カミンスキーは欠場。しかし、木曜日の練習で動きは良かった。

▪ クリフォードHCはセルティックス戦でカミンスキーがプレーするかもしれないと言った。彼は3Pのあるホーフォードとのマッチアップに役立つ。

Worth mentioning
▪ ニック・バトゥームはショット(特に3P)に苦しんでいるようだ。
▪ トレイビオン・グラハムがアクティブ、アーロン・ハリソンはインアクティブだった。
▪ ケンバ・ウォーカーは、日曜日のカロライナ・パンサーズの試合で “Keep Pounding”ドラマーを務める。

Report card
C+ オフェンス:序盤のシューティングは本当にプアだった。特に先発バックコートの2人。
B ディフェンス:彼らはマイアミの大量のターンオーバーに役割を果たした。
B コーチング:とても良かったバックス戦のように50-50のボールを全部ものにすることはなかった。


コラムは What’s this Charlotte Hornets team about? ‘Fight’
羽生くん転んだみたいだし、夜はこっち読もうか…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(・ω・)チッ日ハムが勝ったのか

(´;ω;`)oO(黒田引退か…

No title

敗戦ぽい流れが変わったのは、ホワイトサイドがファイルトラブルでベンチに下がってからでした。そしてそのファイルを誘ったのが、コーディ&バトゥームのピック&ロール。2人の出場が被るようにコーディを先発にするのもよい選択肢だと思います。
またディフェンスの根幹となるハリバックの意識が本当に高く、今日はバトゥーム・ホーズなどにもそれが見て取れました。ハリバックを実践させるのは本当に難しいので、HC陣は優秀だなと思います。


コーディ:ホワイトサイドのポストプレイの押し込みを最小限にとどめていた。ただしシュートチェックのとき身体を寄せきれてなかったので、フックなどでシュートを決められていた。これは年数がたち更なる強さを身に着けたとき問題解決すると思われるが、大きな課題として残った。

ホーズ:ディフェンスの意識(寄せ)が今までより高いように感じた。単にシューターとしてプレイするだけでなく、ピック&ロールからゴール下に入ってからのシュートなどオフェンスでの多彩さも見せてくれた。

ラム:ミドルシュートが良いだけでなく、チェンジオブペースでボールを戻すと見せかけてからのレイアップはスマートなプレイだった。第4Q終盤、MKGの代わりに出場したのは特筆すべきことだと思われる。オフェンスの調子がよかったのもあるだろうが、HCからのディフェンスの信頼度もある程度ないと終盤は出場できないため。
今回フローターシュートを2本決めていましたが、前は使ってましたっけ?

No title

◎いつも鍵コメの人さん
私は別に日ハムのファンではないんですが、大谷くんにミーハーな興味があり、栗山監督のことも好きなので、広島で2連敗したときはちょっと落胆。
でも、昨日はけっこう複雑でした~。

・・・第7戦も見たかったし。(^_^;)


◎ぞのさん
ホント、ぞのさんに解説してもらいながら観戦したい!(*^_^*)

そう言えば終盤はMKGの代わりにラムでしたね!けっこう驚きです。
でも確かにディフェンスも頑張っていたと思います。

ラムのフローター・・・思い浮かぶのはケンバばかりで記憶にありませんが、今までラムに注目したこともないので覚えていないだけかも。(^_^;)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード