プレシーズン(6) vs. Heat

○96-88 (ボックススコア) 3勝3敗



ホーネッツはレギュラーシーズンに準じ、逆にヒートは傘下のDリーグチームのトライアウト的なローテーション。
のわりに最大20点リードを一瞬ひっくり返されてますが。(^_^;)

20161020.jpg


Three who mattered
フランク・カミンスキー: まだマービン・ウィリアムズでないことは確実だが、幅広い方法で得点できることが示された。
マイケル・キッド=ギルクリスト: 肩の手術から復帰後最もアクティブなゲームで得点(10)とリバウンド(14)でダブルダブル。
ロドニー・マッグルーダー: マイアミのベンチから18得点、4本の3P。

Observations
▪ ホーネッツの15人のロスターの残り2つのスポットの最有力候補はアーロン・ハリソンとトレイビオン(※NBA JAPAN表記)・グラハムのようだ。ハリソンは昨シーズンもドラフト外ルーキーとしてホーネッツの一員になった。

▪ グラハムは昨季Dリーグでプレーしたスモールフォワード。クリフォードHCは夏の間、ディフェンスがいいスモールフォワードがもう一人ほしいと言っていた。グラハムはその描写にフィットする。

▪ ペリー・エリス、ラシード・スレイモン、マイク・トビーはホーネッツの新しいDリーグ・フランチャイズ、グリーンズボロ・スウォームでプレーすることになるかもしれない。

Worth mentioning
▪ 水曜日にアンドリュー・アンドリューズをカットした。クリフォードHCによると、アンドリューズはヨーロッパでプレーする機会を得たそう。

▪ 金曜日のミネソタでのプレシーズン最終戦にバトゥーム(休養)、ホウズ(休養)、ロバーツ(ハムストリング)、ウィリアムズ(指の骨折)は同行しない。また、ゼラーも欠場の見込み。

Report card
C+ オフェンス:1Qはホットな33得点だったが、残り3クォーターは尻すぼみ。
B ディフェンス:レーン内で何度か良いプレーはあったけれども、マイアミにオープンで3Pを撃たせすぎ。
B コーチング:クリフォードHCはこのグループからもっと得点を絞り出す方法をまだ探し中。
Charlotte Observer

何しろ、前の試合までだとプレシーズンの FG% (.388) も 3P% (.223) も最下位らしくて。

あと、ワシントン・ポストのThe Top 100 players for the 2016-17 NBA season
ニコラ(36位)、ケンバ(52位)、MKG(68位)が入ってます。

あれ?マービンは?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちまでデリバリー(≧∇≦)bオーケー!だたら頼むんだけどなーw

https://twitter.com/hornets/status/789436074816704513

No title

カミンスキーは良い選手だなと改めて思いました。
打点の高い3Pやポストプレイ、適時繰り出すドライブなどで自然とミスマッチを作り出すことが出来ている。
現時点でもホーネッツはプレイオフに値するチームですが、どこまで勝ち進められるかは未知数。カミンスキーが平均得点20前後に成長してくれれば、ミスマッチを自然と作り出せることから勝ち進む確率はもっと上がるでしょう。
ウォーカーが30歳ぐらいになったときのカミンスキーの成長具合が今から楽しみですし、期待してしまいます。

No title

◎いつも鍵コメの人さん
王朝ブルズは100点?105点?だったのに、95点というハードルの低さがちょっと悲しい。(^▽^;)

◎ぞのさん
本当にカミンスキーは多彩なオフェンス力の持ち主ですよね。
あと、ディフェンスもそれなりに成長しているようなので、大きな怪我なく順調に伸びていってもらいたいです。
MKG、カミンスキー、コーディあたりが充実する頃が今のチームのピークになるんでしょうね。
明るい未来を想像するとワクワクしますe-343
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード