プレシーズン(1)@Dallas

88-95 (ボックススコア) 0勝1敗   (NBA.comのboxscoreはどこ?)

セス・カリーが20得点、主力欠場のマーベリックスが粘るホーネッツを退ける

10月 4, 2016 3:06午後
NBA Japan
ホーネッツも残り2分で1点差まで迫ったが…

10月3日(日本時間4日)にアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたシャーロット・ホーネッツ対ダラス・マーベリックスのプレシーズンゲームは、ホームのマーベリックスが95-88で勝利を収めた。
マ―ベリックスは第2クォーターを25-12と圧倒し、前半終了時に48-38と10点のリードを奪取。第4Q序盤にジョナサン・ギブソンの3ポイントショットが決まるとリードを19点に拡大した。その後、ホーネッツの猛攻を浴び、試合残り2分を迎えるまでに1点差まで迫られたものの、ジャミール・ワーニー、C.J.・ウィリアムズらの終盤の得点で逃げ切った。
プレシーズン初戦を取ったマーベリックスは、セス・カリーが3P5本成功を含む20得点(ゲーム最多)をあげたほか、J.J.・バレアが11得点、ウェスリー・マシューズが9得点をマークした。ダーク・ノビツキー、デロン・ウィリアムズ、アンドリュー・ボーガット、デビン・ハリスらは出場しなかった。
敗れたホーネッツは左ひざを治療中のケンバ・ウォーカーが欠場。フランク・カミンスキーがチーム最多の13得点をあげたほか、ロイ・ヒバートとアンドリュー・アンドリューズがそれぞれ10得点、ニコラ・バトゥームが9得点をあげた。



もともとプレシーズンの勝敗は気にしないし(昨季が7勝1敗だったなんて100%忘れてました)、ケンバもコーディもいないわけで、プレシーズン初戦でMKGがシーズン絶望と思われた去年のことを考えれば、とりあえず全員無事で何よりでした。(^_^;)

Hornets.comによれば:
復帰したMKGはオフェンスやディフェンスで怪我を恐れて減速することもなく、24分で8pts、5reb、1stl。
ニック・バトゥームは23分で9pts、4reb、1blk。
フランク・カミンスキーはチームトップの13ptsに7reb。マービン・ウィリアムズは8pts、5reb。
そして、新加入のロイ・ヒバートは22分でダブルダブルに近く(10pts、8reb)、FGは1-3だったがFTを10本得て8本決めた。また、ベリネリはほぼどこからでも撃つことを恐れない姿勢を示し、8ショットで7ptsに1ast。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード