キャンプ初日

2016 Hornets Training Camp Gallery - 09/27/16

まず昨日のベリネリの記事。
実はバトゥームはベリネリのトレードについて事前に意見を求められていて、「今すぐ実行して!」と答えたのだそうです。ベリネリのトレードは6月だったからバトゥームもまだホーネッツの一員ではあったけど、FAになっても再契約すると双方確信していたわけ?(*^_^*)

While his age, size of contract might be a gamble, Hornets, Marco Belinelli seem to be a fit
バトゥームとベリネリはヨーロッパにいた10代の頃から対戦してきた。バトゥームはベリネリを自分とよく似た幅広いスキルの持ち主と見ている。だから、パスもできるシューターを補強するチャンスは魅力的だと思った。
「彼は偉大な選手だ。皆は彼がどれだけすごいか分かっていないと思う」

それは一番最近のシーズンの前にはもっと真実だった。ベリネリは2015年の夏にFAでサクラメントと契約したが、キングスにフィットせず、平均10.2得点、3Pはキャリア最低の30.6パーセントに終わった。しかし、NBAでの9シーズンでは37.9パーセントという数字を残している。

そのおかげで、トレードでベリネリを獲得できたともいえるが。ドラフト当夜、ホーネッツは22位指名と交換でベリネリの契約(今季約630万ドル、来季660万ドル)を受け入れた。
契約のサイズと3月で30歳になった年齢を考えると、彼の獲得はちょっとしたギャンブルかもしれない。しかし、クリフォードHCはずっとベリネリのゲームに感心してきた。ホーネッツはジェレミー・リンと契約する前にベリネリとFA契約することも検討していた。
「私はずっと彼の大ファンだった」と、クリフォードは言う。
「最大の舞台で最高のプレーをしたところが好きだね。サンアントニオ時代に出場したファイナルで、彼のプレーは素晴らしかった。オフェンスでは、我々がジェレミー(リン)やコートニーから得ていた多くのことを期待できると思う」

リンとリーを失ったことでシューティングガードとスモールフォワードが薄くなったが、6フィート5インチのベリネリは両方のポジションをこなせる。リンやリーとは異なる選手だが、同じようにシューティングでフロアを広げ、ウォーカーのためにドライビングレーンを開くことができる。
「昨シーズンはうまくいかなかったが、自分は良い3Pシューターだ」と、ベリネリは言った。「ボールもうまく扱えるし、ピック&ロールでチームメイトのためにクリエイトもできる」

ベリネリは、イタリアのほとんどの同級生がサッカーに夢中な中、6歳でバスケットボールを始めた。2007年にゴールデンステイト・ウォーリアーズと契約してNBA入りし、トロント、ニューオーリンズ、シカゴ、サンアントニオ、サクラメントと移る間、2014年にはスパーズでファイナルにも出場した。

彼は、ホーネッツとスパーズに共通すると思う資質はアンセルフィッシュネスだという。
「犠牲は最も重要なものだ。オフェンスでもディフェンスでも、皆が互いを助ける準備ができている」

彼は自分が疑いを引き起こすシーズンを終えたばかりだと自覚している。月曜日のメディアセッションでは聞かれる前に自分から、「サクラメントでの1年は本当にタフだった。キングスにとってもタフだった。そういうこともある。だから、ここでは意欲がわく」


<今日の記事3本は簡単に>
Nagging injuries limiting practice time for Hornets’ Kemba Walker, Cody Zeller
ケンバ(オフにひざを手術)とコーディ(プレーオフで負った右ひざの骨挫傷)はまだ怪我の影響でコンタクト・ドリルができない。
また、ルーキーのペリー・エリスは先月からスポーツヘルニアになり、いつプレーできるか分からない状態。

New Charlotte Hornets forward Christian Wood excited to join team with playoff aspirations
クリスチャン・ウッドはシクサーズから提供された機会に感謝しつつ、今すぐ勝てるチームに移ったことを喜んでいる。
彼はラスベガスのサマーリーグで15.8得点、5.7リバウンドと活躍し、ホーネッツと部分的に保証された2年契約を結んだと伝えられている。クリフォードHCによれば育成選手として迎えられるとのことなので、シーズンの一部はグリーンズボロ・スウォームで過ごすことになりそうだ。
ウッドの強みについてコーチは、3Pもあるシューティングレンジと、ビッグマン的には優れたドリブルのスキルをあげた。
本人によれば、プレーオフへ進む機会がシャーロットと契約した大きな要因だったと言う。
「僕も今年経験したい」
UNLVでの最終シーズンに平均15.7得点、10リバウンド、トータル90ブロックという成績を残したが、2015年のドラフトでは指名されず。昨シーズンは2度の10日間契約を経てシクサーズからシーズン終了までの契約をもらい、17試合で3.6得点、2.2リバウンドを記録した。

Michael Kidd-Gilchrist the Hornets’ ‘free agent’ who never left, now ‘healthy, ready to go’
昨シーズン、MKGは2度の肩の負傷で7試合しかプレーできなかった。
しかし、ホーネッツが48勝してプレーオフに勝ち進んだきっかけはMKGだった、とバトゥームは言う。
「MKGの復帰が(イースト)12位から(4チーム同率の)3位へ進んだスタートだった。偶然の一致じゃない。.MKGが戻ってすべてが変わった。すべてが転がり始めたんだ」
「彼が82試合プレー出来たら、我々は快調でいられる」
激しいプレーが持ち味のMKGの出場試合数は3シーズン前が62試合、2シーズン前が55試合だが。

彼はまた、バトゥームのディフェンスの負担を軽くし、よりオフェンスに集中させることができる。
「僕たちは(ほとんど)同じ身長だ」と、6フィート7インチのMKGは言った。「彼は素晴らしいパッサーでシューターで、素晴らしいオフェンシブ・プレイヤーだ。ニックと一緒にプレーするのはワクワクする」
メディアデーではもう昨シーズンのことを話題にしたがらなかったが、「コートに戻ったことも健康に戻ったことも準備ができていることもうれしい」
「自分はこのチームのリーダーだと思っている。まだ若いけど、だから? 僕はバスケットボール選手としてたくさんのことを知っているし、勝ち方を知っている。そして、勝つことこそ僕が望むすべてだ」

クリフォードHCは、昨シーズンはほとんどプレーできなかったMKGは事実上ホーネッツと契約したフリーエージェントだ、と言った。クリフォードは、少なくとも開幕当初のホーネッツは昨シーズンほどオフェンスが良くないかもしれないが、ディフェンスはもっと良くなる可能性がある、と述べている。MKGはその理由として、多才な選手がディフェンス時にスイッチで対応できるからだと言う。
「僕、ニック、フランク、マービンは全員スイッチできる」

MKGはこの夏、故障前より良くなったとはいかなくても同じ状態に戻すために精励してきた。
「僕がさんざんシューティングに取り組んだことは秘密じゃない。オフシーズンにはイギー(アンドレ・イグダーラ)とドウェイン・ウェイドのビデオをたくさん見たよ。夏の間ほどんどずっと頑張ってきた」

160927_trainingcamp_mkg.jpg
(Miguel Ramirez | hornets.com)

あとはヒバートについてのファウラーさんのコラム~。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

シーズン開幕が近づいてきて楽しみです。
ケンバとコーディの怪我が少し心配ですが
(とっくに治っていると思ってた…)
MKGやベリネリには、昨シーズンの分も活躍してほしいです。
主力FAが多くてどうなるんだと当初は思っていましたが、
案外今年も期待が持てるのでは、という気持ちになってきました(*^^*)

No title

私もケンバとコーディはとっくに治っていると思っていました。
(オフにワークアウトしている様子も見かけましたし)
プレシーズンマッチも1試合か数試合欠場するかもしれないようです…。

MKGはとにかく怪我をしないでほしいです。
あとは、ベリネリやヒバートが昨シーズンのリンの再現になると良いですね。
去年の今ごろはリンのことも「オワコン」だと思ってましたから。σ(‐_‐)ワタシ

何があっても期待を持ち続けられるのはクリフォードHCのおかげかもしれません。(*^_^*)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード