5つの疑問点(後)


バトゥームはメガ契約に応える用意ができているか?

バトゥームは7月にフランチャイズ史上ダントツの5年1億2000万ドルで再契約した。リッチ・チョーGMはバトゥームが最優先事項であることを隠そうともせず、自由契約がスタートした4時間後に交渉をまとめた。
リオ五輪ではあまり活躍しなかったバトゥームだが、そもそもフランス代表チームとホーネッツでは求められる役割が違う。たとえば、代表チームでは主要なボールハンドラーではなかった。なので、たぶん8月のプレーとシャーロットでのプレーは無関係だろう。
バトゥームはリンと同じく、ポイントガードのケンバ・ウォーカーの仕事を楽にした。リンがいなくなったことで、バトゥームが少なくとも昨シーズン並のプレーをすることはいっそう重要になる。キッド=ギルクリストが健康でいれば、ディフェンス面でバトゥームの負担を軽くできるから助けになるはずだ。

ホーネッツはどうやって失ったフリーエージェントの穴埋めをする?

ホーネッツがバトゥーム及びマービン・ウィリアムズとの再契約に資金の多くを費やしたあと、リン(ネッツ)とアル・ジェファーソン(ペイサーズ)とコートニー・リー(ニックス)は他チームと契約した。
リンはポイントガードの優秀なバックアップで、なおかつシューティングガードを守るのに十分なフィジカルもあったため、穴を埋めるのは一番難しいだろう。代わりのラマン・セッションズはファウルラインに着くコツを身につけている。しかし、昨シーズンは第4Qでウォーカーとリンをしばしば同時に起用したクリフォードだが、セッションズをウォーカーと一緒にプレーさせるのは難しくなりそうだ。
キッド=ギルクリストが健康なら、リーの損失は軽減される。ジェファーソンがいなくなったことは、もうローポストでダブルチームを引き付けるスコアラーがいなくなったことを意味する。パワーフォワードのフランク・カミンスキーが特にディフェンス面で成長することは重要になるだろう。彼はレーン内でもペリメーターでも得点する力がある。

*******************************************

26時からライブ~~~~~~どうしよう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード