2019年に望み

シャーロットでのNBAオールスター開催を断念、州の反LGBT法を問題視

AFP=時事 7月22日(金)16時7分配信
 米プロバスケットボール協会(NBA)のアダム・シルバー(Adam Silver)コミッショナーは21日、2017年のオールスターゲーム(2017 NBA All-Star Game)の開催地をシャーロット(Charlotte)から別の場所へ変更すると発表した。ノースカロライナ(North Carolina)州が、反差別法を制限する新たな法律を成立させたことが理由だという。

 ノースカロライナで成立した「ハウスビル2(HB2)」州法は、トランスジェンダーの人々に、出生証明書に記載された性別の公衆トイレを使うよう義務づけ、さらにゲイとトランスジェンダーの人々を性差別の保護対象から外すという内容で、NBAをはじめ各所から批判を浴びている。

 声明でコミッショナーは、「興行を行うすべての国、地域、都市の法律をNBAが選べるわけではないことは認識しているが、シャーロットで、HB2が生み出した空気のなかで、オールスターという祭りが成功を収められるとはとても思えない」と話した。

 NBAファイナル開催中の6月、また7月前半にも変更の可能性を警告していたコミッショナーは、開催地変更に伴う「多大な経済的損失」を避けるべく、市や州政府、大手企業と協議を続けてきたが、巨大な祭典であるオールスターの準備には数か月を要することから、州政府関係者が夏季休暇から戻るのを待たずに決断を下した。

 コミッショナーは、新たな開催地は「数週間のうちに発表する」としており、今回白紙となったシャーロット開催も「可能ならば2019年に改めて実現したい」と明かしつつ、その条件として「この問題に適切な解決策が示されること」を挙げた。

 その一方でコミッショナーは、NBAのレジェンド、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)氏がオーナーを務めるシャーロット・ホーネッツ(Charlotte Hornets)のホームゲーム開催については、誰もが楽しめる環境があると自信をみせた。

「シャーロットとホーネッツは、寛容な環境の創出を目指してきた。ゆえに今後も、同球団のアリーナでの試合観戦や行事参加に際しては、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)コミュニティーの一員を含めたすべての顧客を歓迎するはずだ」

 米国最大のLGBT支援団体、ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign)のチャド・グリフィン(Chad Griffin)代表は、NBAの判断を称賛している。

「NBAとコミッショナーのシルバー氏は、差別を容認しないという明確なメッセージを打ちだした。憎きHB2法が、2017年のオールスターゲームなどの行事にふさわしくない環境を作り出しているとNBAはこれまでも繰り返し州政府に警告を送っていた」

【翻訳編集】 AFPBB News


2017 NBAオールスターゲームの開催地変更へ

7月 22, 2016 12:00午後
NBA Japan
新開催地は近日中に発表予定

 7月21日(日本時間22日)、NBAは、2017 NBAオールスターゲームに関する次の声明を発表した。

 NBAは、2017 NBAオールスターゲームの開催地をシャーロットから変更することを決定しました。シャーロットでの大会は、2019年に改めて開催できることを願っています。
 ノースカロライナ州議会が今年の3月にHB2法を制定し、シャーロットの性的少数者(LGBT)コミュニティに対する法的保護に関する問題が顕著となって以降、NBAとシャーロット・ホーネッツは、建設的な対話を続け、前向きな変更が起こるよう努力してきました。リーグの基本的価値観に則り、我々は、これらの議論を続けてきました。その考えの中には、他者に対する多様性、平等、相互尊重だけではなく、反対意見を聞き、熟考することを厭わない精神も含まれています。
 オールスターイベントは1週間という期間で開催される祭典です。バスケットボール、リーグ、我々が示している道徳的価値観を世界規模で祝うために予定されているものであり、現役選手、すでに引退している選手、リーグ、チーム関係者、ビジネスパートナー、ファンを含むNBAコミュニティが一堂に会するためのイベントでもあります。NBAがビジネスを行なっている全都市、州、国の法律を変えられない以上、そしてHB2法によって作られてしまった精神的風土がシャーロット内にある以上、オールスターゲーム開催を成功に導ける確信を持つことができません。
 今回の決断が、リーグでも最も情熱的なノースカロライナ州のファンに与える影響が大きいことは承知しています。シャーロット市とホーネッツは、包括的な環境を整備するため、骨の折れる活動を続けてきました。ホーネッツが、今後もLGBTコミュニティのメンバーを含む後援者に対し、彼らのアリーナで開催されるイベントに歓迎することを保証します。
 今回の問題については、適切な解決法を見出すということを条件に、2019年にシャーロットでオールスターの祭典を開催できるよう再検討したいと考えています。
 
 2017 NBAオールスターゲームの新たな開催地は、近日中に発表する予定です。


ホーネッツがリリースしたジョーダン オーナーのステートメント:Hornets.com
“We understand the NBA’s decision and the challenges around holding the NBA All-Star Game in Charlotte this season. There was an exhaustive effort from all parties to keep the event in Charlotte, and we are disappointed we were unable to do so. With that said, we are pleased that the NBA opened the door for Charlotte to host All-Star Weekend again as soon as an opportunity was available in 2019. We want to thank the City of Charlotte and the business community for their backing throughout this entire process, starting with the initial bid. We are confident that they will be just as supportive and enthusiastic for the 2019 NBA All-Star Game.”

シャーロット・ホーネッツのマイケル・ジョーダン・オーナーは、NBAの判断は理解できるとコメントし、「関係者すべてが最善を尽くし、オールスターの開催地をシャーロットにとどめようとしたが、叶わなくて残念に思う」と語った。なお、シャーロットはオールスターの経済効果として、約1億ドル(約105億8,000万円)を見込んでいたという。(ISM

ホーネッツのチェアマン、マイケル・ジョーダン氏は「シャーロットにオールスター戦をとどめるために力を合わせて努力してきたが、達成できずに残念に思う」とコメント。一方で、19年開催のチャンスが与えられたことには感謝したいとも語った。(ロイター



オブザーバーの長い記事からごくごく一部拾い読み:

★ホーネッツのプレジデント、フレッド・ホイットフィールドによれば、オーナーのマイケル・ジョーダンを含むホーネッツの首脳陣が最近、ラスベガスでコミッショナーと会って2019年開催について提案し、「HB2の状況が解決すれば我々がホストを務めることになると確信した」

★NBAがシャーロットに2017オールスター・ウィークエンドを与えた9か月後の3月に、パット・マクローリー知事は法案に署名した。NBAはただちに懸念を表明し、ホイットフィールドは、ゲームをシャーロットにとどめるためにホーネッツの役員が「ほぼ毎日NBAと話し合いを持っていた」と明かした。

★マクローリー知事とHB2を支持する州議会議員は、重大なプライバシーに対する懸念が危機に瀕していると主張し、州知事はNBAの決定後も法律を弁護し続けた。「American families は、セレクティブな企業エリートが自分たちがビジネスを行うコミュニティに自分たちの政治的意志をこのように民主主義と法的プロセスを無視して押し付けていると気付くべきである」

★民主党の州知事候補、司法長官のロイ・クーパーのスポークスマンは、オールスターゲームのニュースを「途方もない落胆」と述べ、「マクローリー知事がHB2が廃止されなければいけないことを理解する前に、ノースカロライナ州はどれほどの損害をこうむらなければならないのか?」

★シャーロット市長のジェニファー・ロバーツは、「HB2に反映される差別的な行動がNBAがシャーロットから2017年のオールスターゲームを移す原因になったことにひどく失望する。… シャーロットは平等の権利と包含へのコミットメントを示し、それらの意義を推進し続ける」とするステートメントを発表した。彼女は、2019年にシャーロットにゲームをもたらすためにHB2の変更を州に働きかけた。

★オールスター・ウィークエンドは、2012年の民主党大会以来シャーロットで最も大きなイベントだった。専門家はイベントがシャーロット地域に1億ドルの経済効果をもたらし得ると見積もった。

★マクローリー知事は今週始め、州の裁判所に差別を訴える権利を戻すというHB2の限定的な変更に署名した。しかし、公立学校や公共の施設では出生証明書に記載された性にマッチする洗面所の使用を必要とする条項はそのままである。

★シャーロットにとっては1991年が最初にして唯一のオールスターゲーム開催だった。
「我々全員が落胆している。しかし、希望の兆しがあるとすれば、それは、我々にはシャーロットにおいてなんと密接なコミュニティがあるだろうということだった。多くの人々が非常に高いレベルで、シャーロットにゲームをとどめようとする我々に力を貸そうとしてくれた」と、ホイットフィールドは述べた。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード