22位指名⇔ベリネリ

キングスとの交渉が合意に達し、22位でキングスが希望したマラキ・リチャードソン(シラキュース/SG)を指名。ホーネッツは交換にマルコ・ベリネリを獲得とのこと。
正式に成立できるのは来月なので、Hornets.comはTrade Talks Ongoingですが。

Charlotte Observer
6フィート5インチのSG/SF、ベリネリはNBAで10シーズン目に入る30歳。昨シーズンは平均10.2得点だったが、3Pは30.6パーセントでキャリア最低。キングスと交わした契約があと2年、約1300万ドル残っている。
ベリネリの獲得はホーネッツがコートニー・リーとの再契約をあきらめるサインかもしれない。リーの契約は年俸1000万ドルほどになる可能性がある。
ホーネッツは、ニック・バトゥームと再契約してスモールフォワードのマイケル・キッド=ギルクリストと共にシューティングガードで先発させたいと考えている。ベリネリは年俸的にもバックアップガードだろう。
また、昨シーズンに3年2100万ドルで契約を延長したジェレミー・ラムもいる。ラムはオクラホマシティーから移籍後に堅調なスタートを切ったが、シーズン終盤はローテーションから外れた。
ホーネッツがベリネリに関心を示したのは今回が初めてではなく、昨夏、彼がキングスと契約する前はFA契約のターゲットの一人だった。
ベリネリは、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、トロント・ラプターズ、ニューオリンズ・ホーネッツ、シカゴ・ブルズ、サンアントニオ・スパーズでプレーした。
2014年にスパーズが優勝したときはイタリア出身で初めてのNBAチャンピオンになった。そのシーズンが平均11.4得点、3Pは43パーセントとベストシーズンである。
また、2014のオールスター・ウィークエンドでは3Pチャンピオンにもなっている。
NBAへ来る前にはボローニャの2つのプロチームで6シーズン過ごした。


チョーGMは会見で、複数のトレード案を検討したものの他は「too expensive」だったと述べたそうです。
で、私は良かったとも悪かったとも判断できませんが、ファウラーさんは「グッド・アイデア」だと。

22位ピックは賭けだ。2009年から13年の22位指名は、ビクター・クラベル、エリオット・ウィリアムズ、ケネス・ファリード、ファブ・メロ、メイソン・プラムリーである。
ベリネリにはNBAで9シーズンやってこられたシューティングというスキルがある。キャリア38パーセントの3P成功率を持ち、2014年にはステフィン・カリーらを破ってオールスター・ウィークエンドの3Pコンテストで優勝している。
9シーズンで6チームを渡り歩いたという事実が示すように、偉大な選手ではないし、もう30歳で、2015-16シーズンは成績も良くなかった。しかし、フロアを広げる助けになれるし、FAの多いチームにシューティングの保険をもたらす。過去6シーズンの成績からすれば、平均9得点~11得点を与えてくれそうだ。
ジェレミー・ラムとの契約延長は軽率だった。あと、このトレードから考えてコートニー・リーは戻って来ないだろう。
7月上旬にトレードが公式なものになったら、ホーネッツは1年600万ドル以上で残り2シーズンのベリネリの契約を引き継ぐ。
彼は素晴らしいピックアップではないし、年齢と年俸のコンボを考えればギャンブルだろう。
それでも、シャーロットが22位指名で得たはずのどの選手よりベターだったと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード