アリ氏の訃報に

モハメド・アリさん死去 元ヘビー級王者 差別とも闘う (朝日新聞)
2016年6月4日21時19分

 プロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリさんが3日、米アリゾナ州の病院で死去した。74歳だった。家族の代理人が「32年間にわたる、パーキンソン病との闘いの末に亡くなった」と明らかにした。アリさんは世界王者に3度なっただけでなく、リングの外でもベトナム戦争への反対や人種差別、信仰の自由をめぐる言動で注目を集めた、20世紀の米社会を代表する人物の一人だった。

 死去を米メディアはトップニュースで伝えた。オバマ米大統領は、困難な時にも信念を貫いた姿勢や、闘病中にも平和のメッセージを伝えた点をたたえ、「モハメド・アリは世界を揺るがした。そして、それによって世界はより良い場所になった」と追悼する声明を出した。

 1942年、米ケンタッキー州ルイビルで生まれ、旧名はカシアス・クレイ。12歳からボクシングを始めた。60年のローマ五輪でライトヘビー級の金メダルを獲得したが、自伝では米国へ帰国後に黒人であることを理由にレストランで食事の提供を拒まれ、メダルを川に投げ捨てたとしている。

 プロ転向後の64年にヘビー級王者に挑戦。前評判では不利とされたが、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」という言葉通りにソニー・リストンを破り、世界王者となった。同じころ、黒人指導者のマルコムXらの影響を受けてイスラム教に改宗し、名前をモハメド・アリに改めた。

 プロとして無敗のままだった67年、信仰とベトナム戦争への反対を理由に米軍への入隊を拒否。王座を剝奪(はくだつ)されたが、「私とベトコンの間に争いはない」との言葉が有名となるなど、世論に影響を与えた。

 70年にリングに復帰し、74年に当時無敗の世界王者だったジョージ・フォアマンに勝利し、7年ぶりに王者に返り咲いた。78年にレオン・スピンクスに敗れたが、同年の再対決で勝ち、3度目の王者となった。

 81年の引退後は人道的活動に力を入れ、国連の「平和大使」にも指名されたが、パーキンソン病を発症し、次第に活動が難しくなった。96年のアトランタ五輪では、病気の影響で手が震えながらも、聖火点灯の大役を果たした。近年は体調が優れず、入院を繰り返していた。(ダラス=中井大助)


MJはSNSをやっていないので、いつものようにマネージャーを通してステートメントを発表。

mjstatement.jpg

Washington Post

コメントの投稿

非公開コメント

お手数おかけしますが訳、お願いしますm(_ _)m

No title

こういうかしこまった文章は単語選びが苦手なんですが…
ニュアンスという感じで。(^_^;)

「私にとって、そして世界にとって悲しい日です。モハメド・アリはスポーツを超えた大きな存在でした。彼は自分を‘The Greatest’と呼んでいましたが、それは正しかった。彼は、彼の時代のリングで最高の選手であり、スポーツ界の世界的アイコンとしても最高の存在でした。私は彼の全盛期にはまだ子供でしたが、それでも素晴らしいファイトのいくつかやその途方もないスタイルを記憶しています。奥様のロニー、ご子息、ご息女、ご家族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」

まきさん、訳ありがとうございますm(_ _)m ジョーダン氏もそうだと思いますが、彼って、アスリートを超えたとんでもない存在なのですね…。

No title

いえいえ、どういたしまして。お粗末さまでございます。(^_^;)

私はボクシングに興味がないのとモハメド・アリの現役時代を記憶していないせいか、アスリートとしてより社会に大きな影響を与えた人物というイメージが強いです。
MJファンのわたしが言うのも何ですが、そういう点で「Greatest Of All Time」でしょうね。
(まあ、MJとは時代背景が違いますけど…とエクスキューズ。(^_^;))
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード