プレドラフト・ワークアウト(1)

6月2日(木):Montay Brandon (Florida State)、Retin Obasohan (Alabama)、Goodluck Okonoboh (UNLV)
Tim Quarterman (LSU)、Adam Smith (Georgia Tech)、Diamond Stone (Maryland)

160602_draft-workouts_01.jpg
Hornets.com: Photo Gallery

Obasohan、Brandon、Quarterman、Smith、(スタッフ)、Stone、(サイラスAC)、Okonoboh

とりあえず、ダイヤモンド・ストーン(サイラスACに一番近い子)以外はドラフトされるかどうかギリギリの選手たちとのこと。ただ、ホーネッツはDリーグのチームを所有するため、ドラフトされない選手をリサーチしておくことも必要だろうというのがボーネルさんの見方。
ストーンはすでにアトランタでワークアウトを経験し、次はサンズへ行くそうです。31位とか34位という予想もあり、そうなると1巡目指名と違って2シーズンの契約が保証される身分ではないが、一度決心したあとは大学へ戻る迷いはなかったと。 Charlotte Observer

あと、カミンスキーが見学に来ていたそうです。


それから、ファイナルの前にコミッショナーの会見があり、例のオールスター開催地の問題も語られたようで。
NBA’s Silver won’t draw ‘line in sand’ over HB2, All-Star Game in Charlotte
記事が長いのでまだ未読ですが、最初の方だけ見たところ、
▪ 開催地変更のデッドラインは(まだ)設けていない。
▪ コミッショナーは3週間前、シャーロット市の財界リーダーと話し合い、シャーロット市議会とノースカロライナ州議会の妥協を促すために働いてきた。
▪ ただし、代替開催地についての調査は始めた。シャーロットにしろ代替都市にしろ、準備時間を確保するためには夏の間に解決されなければならない。

<後記>日本語記事があった。

NBAコミッショナー、オールスター2017開催地について言及
6月 4, 2016 3:49午後
NBA Japan
コミッショナーは開催地変更を決定する期限を設けないと改めて強調

 NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、6月2日(日本時間3日)、オラクル・アリーナで行なわれた2016 NBAファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ第1戦前に会見を開き、シャーロットで開催される予定のオールスター2017について言及した。
 ノースカロライナ州議会で可決された反LGBT(女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、性同一性障害を含む性別越境者のイニシャルによる造語)法を問題視しているシルバーは、法改正に向けた動きが今夏中に進むことを求めている。しかし、現時点で開催地を変更する期限日などは設ける考えがないことを、明確に示している。
 同法の影響により、すでに複数の有名ミュージシャンなどが、ノースカロライナ州で予定されていた公演を中止する判断を下した。シルバーは、法改正に向け建設的な議論が起こっているため、NBAはシャーロットでのオールスターゲーム開催について、同様のアプローチを取らないと語った。
 「私が思うに、関係者も、問題点に気づき始めている。現状、経済的に重大なダメージを州に与えてしまっているということに。以前から話しているように、彼らも、我々が来年ノースカロライナでオールスターゲームを開催することを希望していると、理解してくれているはずだ」。



困ったもんだ。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード