ECF GAME3 @TOR

Bizがリバウンドを大量奪取と知って途中から見たんですが、4Q終盤にはアリウープ(初FG)、フックショット、ダンクで一人6-0ランも演じ、

0521ECFG3.jpg

最終的には7pts, 26reb, 4blk。
嬉しいけど、これでもうリーズナブルな年俸で戻ってもらうのは完全に無理になっちゃった~。

BOXSCORE 

ラプターズがシリーズ初勝利、キャブズの連勝は10でストップ

5月 22, 2016 1:17午後
NBA Japan
デマー・デローザンは33得点、ビズマック・ビオンボはプレイオフでの球団記録となる26リバウンドを記録

 5月21日(日本時間22日)、エア・カナダ・センターで行なわれた2016 プレイオフ・イースタンカンファレンス・ファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ対トロント・ラプターズ第3戦は、デマー・デローザンが33得点、カイル・ラウリーが20得点、ビズマック・ビオンボがプレイオフでの球団記録となる26リバウンドの活躍を見せ、ラプターズが99-84で勝利した。
 2連敗を喫してホームに戻ったラプターズは、プレイオフを通じて不安定なパフォーマンスが続くラウリーが序盤ファウルトラブルに苦しんだものの、デローザンが前半だけで21得点を記録し、60-47で前半を折り返した。
 後半も中々リズムが上がらないキャブズに対し、ラプターズは第3クォーター終了のブザーと同時にコリー・ジョセフが3ポイントシュートを成功させ、10点リード(80-70)で第4Qを迎えると、それまで僅か1得点だったビオンボが最終Q後半に連続6得点をあげてリードを14点(91-77)に広げるなど、ラプターズペースのまま試合は進み、シリーズ初勝利をマークしている。
 ラプターズ(1勝2敗)は、デローザン、ビオンボらのほか、ジョセフが14得点、デマーレイ・キャロルとパトリック・パターソンがそれぞれ10得点で勝利に貢献した。

 デローザンは試合後、ビオンボのパフォーマンスについて、「正直に言って、最高だったね」と、語った。
「今夜は素晴らしい活躍だった。彼がいなかったら、勝てていなかった」。
 ジェームズは、「自分たちのプレイができなかった。そのツケを払ったようなもの」と、2016 プレイオフで初の敗戦を振り返った。
プレイオフでの連勝が10で止まったキャブズ(2勝1敗)は、レブロン・ジェームズが24得点、8リバウンド、5アシスト、J.R.・スミスが22得点、カイリー・アービングが13得点をあげている。
 ジェームズは、「自分たちのプレイができなかった。そのツケを払ったようなもの」と、2016 プレイオフでの初黒星を振り返った。
「試合序盤から、オフェンス時において発揮すべきフィジカルな面を出せなかった」。
 またジェームズは、ラプターズにリードを広げられた第2Qの展開についても、話している。
「第2Qのラインナップは、プレイの細部に気を配るという意味で、良い仕事ができなかった。彼らなら、オープンな展開に持ち込むことができたはず」。
 第4戦は、23日(同24日)に同会場で行なわれる。

コメントの投稿

非公開コメント

ビヨンボちゃんは前半のオフェンスはたいしたことが無いがリバウンドとかで勢いがついたらオフェンスにもノリノリになりますね(笑)
今晩は見て寝るかな…もっと早い時間でみたい(ノ_<。)

ホーネッツも安いリムブワロテクター探さないとね

No title

ベン・ウォレスが本格的に開花したのがDETに移籍した26歳のときだったみたいですね。ビヨンボが今23です。ビッグベンのような選手だと分かっていて、期待して指名後トレードで獲得したのがボブキャッツだったわけですよね。

ただ見てると、スーパースター級に大化けしたわけでもないですしホーネッツ時代にも見せてくれたことがある良いプレーを大舞台で披露してるって感じです。育てて使う我慢強さって大事ですね~。でもあの時のチームはウォーカー&アルを助けられる、マルチなインサイドや3Pシューターが明らかに不足してましたから、仕方が無かったかも。
もし当時既にバトゥームやリンみたいなスキルのある選手がたくさんいる多彩なチームの中でビヨンボがプレーできていれば、多少のオフェンススキルの無さにはもっと目をつぶることができたでしょうし、P&Rからのダンクでより一層活き活きしたビヨンボがいたかもしれないし・・・難しいですね。

No title

◎Beeさん
Cファイナルまで来たのだから、もっと早い時間にやってほしいですよねぇ…
私も日本語で見たいンですが。(つ_-*)。。。

去年のBizより安いリムプロテクターって、どこかにいるんでしょうか。
ひょっとしたらドラフトで補強ですかね?


◎らすとしょっとさん
そうなんですよね~昨オフの補強は的確だったから、Bizを残さない決断も間違っていたとは思いません。
彼のような一芸タイプはチームによって向き不向きがありますよね。
本人にとってもラプターズへの移籍が良い転機になったでしょうし。
そして確かに、今シーズンのホーネッツだったらもっと活躍できたのかな…とか、あれこれ考えると残念に思う部分もありますけど、このまま順調に成功してくれたら嬉しいです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード