引退アスリート長者番付け

シーズン終盤でスルーしていた話題、今さら過ぎてこっそりUP。

ジョーダン氏、引退アスリート長者番付けでトップ 米経済誌が発表
スポニチアネックス 3月31日(木)13時45分配信

 米国の経済誌「フォーブス」は30日、引退したアスリートの長者番付を発表した。
 同誌によると、2015年に最も稼いだ元アスリートはマイケル・ジョーダン氏(53)で、1億1000万ドル(約123億6000万円)。2位のデビッド・ベッカム氏(40)は6500万ドル(約73億円)で、バスケットボール界の神様はサッカー界の元スターに4500万ドルもの差をつけた。
 3位はゴルフのアーノルド・パーマー氏(86)で4000万ドル(約45億円)。10位まで発表されたが、バスケットボール界からが最多で4名、ゴルフ界が3名、サッカー、アメリカンフットボール、モータースポーツから各1名という内訳だった。


Forbes.com

Michael Jordan ($110 million)
David Beckham ($65 million)
Arnold Palmer ($40 million)
Junior Bridgeman ($32 million)
Jerry Richardson ($30 million)
Jack Nicklaus ($26 million)
Shaquille O’Neal ($22 million)
Roger Penske ($20 million)
Gary Player ($19 million)
Ervin “Magic” Johnson ($18 million)
Michael Strahan ($17 million)
Greg Norman ($15 million)
Pele ($14 million)
Li Na 李娜 ($14 million)

ジェリー・リチャードソン氏は元NFL選手から飲食業で巨万の富を築き、現在カロライナ・パンサーズのオーナー。あと、元NBA選手と言われてもまったく知らなかったジュニア・ブリッジマン氏も飲食業への投資で大成功とのこと。 Fox8.com 

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード