シーズン最悪

ボーネルさんの代わりのジョナサン・ジョーンズさんとファウラーさんで毎日3本ずつ記事をアップされても読めないもんさ~。一番興味があったケンバについて読んでみます。

Kemba Walker must be best player on floor for Charlotte Hornets to have a shot (ざっと)

「僕たちはとにかくひどかった」と、ウォーカーは日曜日のパフォーマンスについて言った。
今シーズン最悪のゲームだった?
「間違いなく」
ウォーカー個人の数字は今シーズン最悪ではなかった。ショットや得点はまともだ(FG6-13で19得点)。
しかし、プラス・マイナスはマイナス32だし、マイアミのPGのドラギッチは10アシストなのに対して、1アシストしかしていない。シャーロットがこのシリーズに勝つためには、ウォーカーは毎試合ドラギッチに勝たなければいけない。
さらに悪いことに、ウォーカーは日曜日の試合でひざをひねった。彼は月曜日にトリートメントを受け、マイアミ大学で行われた任意参加のシュートアラウンドに加わった。彼はちゃんと動いているように見えた。
「ひざは大丈夫だよ。休みも助けになると思うし」と、月曜日にウォーカーは言った。「トリートメントを受けたけど、そんなもの一年中受けているしね。ゲームは休まない」

‘Dunk after dunk after dunk’
2004年に創設された現在のホーネッツは、まだプレイオフで1勝もしておらず、日曜日で0勝9敗になった。レブロンがいたヒートでもプレイオフで123得点はしたことがない。日曜日はマイアミのフランチャイズ記録だった。
「ダンクに次ぐダンク」と、アル・ジェファーソンはマイアミのオフェンスを評した。その主役はホワイトサイドだった。さらに、ホーネッツは平均12.3得点のデンに31得点もされた。ゲームはほぼ第1Qで決したようなものだ。

「僕たちは、彼らのインテンシティーにまったくマッチしなかった。カバーはひどいし、コミュニケーションもひどいし、とにかく何もかもひどかった。ちょっと調子が悪かったのと、あと、僕らの多くが本当に興奮していたのも少し影響したと思う」

本調子のホーネッツのオフェンスはバトゥームとウォーカーを介して流れる。日曜日は2人とも1アシストに終わった。そして、2人で43得点したが、シャーロットのオフェンスはしばしば停滞した。ヒートはウォーカーがピック&ロールを試みるたびにディフェンスのヘルプを準備したため、ウォーカーはリムへ切り込めなかった。

ウォーカーが水曜日のゲームは異なることを確信しているようなので、私は勝利を約束したいか尋ねた。
「いや、それは僕じゃない。僕はそういうタイプじゃないよ。でも、僕たちがもっと良いプレーをすることは保証する。それと、僕たちのインテンシティーも増すはずだ」

An ‘awesome’ game plan ignored
ホーネッツにとって悪い知らせは、NBA史上、7戦シリーズは初戦をものにしたチームが77パーセント勝ち上がっているということだ。そして、たとえばホワイトサイドはジェファーソンを守るときの方がファウルトラブルに陥りやすいため、ゼラーよりジェファーソンを多用するなどの調整をどれだけしても、ホーネッツがゲーム1のようなプレーをしたら意味がない。
「コーチからは素晴らしいゲームプランを授けられたんだ」と、ウォーカーは言った。「僕たちはまったくそれに反してしまった」

なぜそうなったのか、シーズンで最も重要な試合でどうしてそうなったのかは答えるのが難しい質問だ。マイアミは容赦なく美しいバスケットボールをした。クリフォードHCの言葉を使うなら、シャーロットは「手荒く扱われた」。
ホーネッツはたくさんのことを変えねばならない。しかし、最も重要なこと:ウォーカーはフロアで最高のプレイヤーにならなければいけない。

********************************

やっぱり平常心で臨めなかったんですね~で、修羅場の経験が豊富なヒートの面々につけこまれたわけか。だったら、第2戦は落ち着きを取り戻してまともに戦えるかも。

コメントの投稿

非公開コメント

うむ…経験の差が出てしまったゲーム1でしたね(>_<)

次からは…ゲーム2からは…
「同じ言い訳は通用しない!」

ホワイトサイド…
まー、確かに速攻以外のインサイドだけは止めないとマズイ(´`:)

でも、今のプレイオフ未経験のホワイトサイドには勢いがある…
1回勢いづいたら、何かがあるまで止まらない(>_<)

逆に言えば、未経験だからこそ1番止めやすいとこでもある…

だからこそのベテラン(;´Д`)ハァハァ


まー、ヒートには引き出しがいっぱいあって、武器が多いのもまた事実なんですがね(´`:)


ホーネッツ、頑張ってくれー!
ガンバo(`・∀・´)○ダァー!

No title

>「同じ言い訳は通用しない!」

バトゥームも同じことを言ってました。(^_^;)
まあ、気力が空回りとか浮足立つとか、経験がないチームにはありがちですよね…
32点差も良い経験になるといいんですけど。

ホワイトサイドは本当にサプライズでしたが、彼はあくまで「活かされる選手」でしょうし、何とか乗せないようにできればと思います。

ホーネッツも本領を発揮できれば少なくとも好ゲームになると思うんですけど、さてゲーム2はどうなるでしょうか~。
でも、大敗後の頑張りに少しワクワクする面もあります。(*^_^*)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード