【71】@ブルックリン

○105-100 (boxscore) 41勝30敗(HOME: 27-11, ROAD: 14-19)

ジェレミー・リンが2試合連続の活躍、ホーネッツは直近12試合で10勝目
3月 23, 2016 1:50午後
NBA Japan
リンは後半に記録した12得点を含む21得点、ニコラ・バトゥームは23得点で勝利に貢献

 3月22日(日本時間23日)、バークレイズ・センターで行なわれたシャーロット・ホーネッツ対ブルックリン・ネッツは、ジェレミー・リンが2試合連続20得点超えの活躍を見せ、ホーネッツが105-100で勝利した。
 前日のサンアントニオ・スパーズ戦の第4クォーターに15得点を記録し逆転勝利に貢献したリンは、この日も後半だけで12得点をあげてチームのオフェンスを引っ張った。
 ニコラ・バトゥームは試合後、リンについて、「ジェレミー・リンの存在がチームにとって凄く大きかった」と、称賛している。
「第3、4Q、また彼がステップアップしてくれた。昨日の試合の第2Qでもチームに力を与えてくれた。そして今夜も同様の活躍だったよ。もし彼が今日もステップアップしてくれなかったら、今夜は勝てていなかっただろうね」。

 直近12試合で10勝のホーネッツ(41勝30敗)は、バトゥームが23得点、リンが21得点、ケンバ・ウォーカーとフランク・カミンスキーがそれぞれ14得点を記録した。
 3連敗のネッツ(19勝51敗)は、ブルック・ロペスが29得点、9リバウンド、今季自己最多となる6アシスト、ショーン・キルパトリックが自己最多となる25得点、ボーヤン・ボグダノビッチが20得点をあげている。


(短縮版)


(9分超の長編)


休養十分のネッツに対してホーネッツはヨレヨレになってもおかしくないバック・トゥ・バックの2戦目だし、苦手な(最近はそうでもないけど)アウェイだし、マイアミで勝ってホームでナゲッツに負けて、スパーズから勝ちを拾ってブルックリンで落とす、のも十分あり得ると思っていたので、勝てて良かったです~。実際、ロペスはともかくキルパトリック?誰?みたいな選手(ごめんなさい)に25得点もされて、けっこう危なかった。3Qに最大17点リードしてからどんどん追いつかれて4Q序盤に逆転され、再びリードを広げたあと最後はまた残り39.8秒で1点差とかね。

勝ち星が負け数を11上回ったのは2004年のボブキャッツ創設以来初とか。
まだ残り11試合あるから、09-10シーズンの44勝38敗を超えるのも十分可能ですよね。
ボストン、アトランタに負け越したせいで勝率は並んだのに第6シードのままなのが残念…。

Charlotte Observer
Three who mattered
フランク・カミンスキー: 2度目のスターターを務め、第1Qに10得点した。
ブルック・ロペス: 彼の第3Qの9得点はネッツをゲームに引き戻す鍵だった。
ジェレミー・リン: 2試合連続でベンチから大活躍。

Observations
▪ スパーズ戦の終盤に左足首をねんざしたマービン・ウィリアムズは欠場し、カミンスキーが代わりに先発した。
▪ ネッツは右足首骨折で12月から欠場していたルーキーのロンダエ・ホリス=ジェファーソンが復帰。
▪ ウォーカーは、4点差以内のラスト2分の得点が80で引き続きリーグトップ。ケビン・デュラントが78で2位。
▪ スペンサー・ホウズが2月中旬に腰を痛めてから初めてプレーした。

Worth mentioning
▪ スパーズ戦の14リバウンドはコーディ・ゼラーにとってキャリアハイ・タイ。
▪ 23点差からの逆転勝利は2014-15シーズンのミルウォーキー戦の24点差に次いでホーネッツ史上2番目。
▪ ホーネッツは今シーズン、オーバータイムで5戦全勝。(なぜ今ごろOTの話題?)

Report card
B オフェンス: クリフォードHCの大きな懸念はブルックリンのインサイド・スコアリングについていけるかどうかだったが、前半のある時点でペイント内の得点はホーネッツが22、ネッツは8だった。
B ディフェンス: ボヤン・ボグダノビッチはここ3試合で平均29得点していたが、ホーネッツは前半に彼を消した。
B+ コーチング: ホーネッツは今シーズン、バック・トゥ・バックの2試合目が本当に良い。それは、クリフォードHCの準備の手柄である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近は期待して結果をみることができます。
MKGが怪我で2度目の離脱したときは、こんな形になるとは思いもよりませんでした。

ランスはグリズリーズで17試合で平均15得点。
6thとして蘇ったようです。

No title

最近はMKGがいないことを忘れてしまいそうですが…(^_^;)
MKGがいればどこまでいったか、来シーズンも同じチームを残せれば見ることができるんですけどねぇ…。

ランスはやっぱり6thマンくらいの方が合っているんですね。
一度はワクワクさせてもらった選手なので、自分の適性を認めて頑張ってもらいたいです。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード