【70】vs. スパーズ

○91-88 (boxscore) 40勝30敗(HOME: 27-11, ROAD: 13-19)

工工エエェェΣ(゜ロ゜ノ)ノェェエエ工工

ジェレミー・リンが29得点、ホーネッツがスパーズ相手に大逆転勝利
3月 22, 2016 3:05午後
NBA Japan
第1Qで7得点に終わるもスティーブ・クリフォードHCの「頼み」に応える

 3月21日(日本時間3月22日)に行なわれたサンアントニオ・スパーズ対シャーロット・ホーネッツの一戦は、ホーネッツが91-88で勝利した。
 ホーネッツは第1クォーターでフィールドゴール21本中3本成功に終わり、5ターンオーバーを記録して7-28と大差をつけられる。第2Q立ち上がりの失点で7-30とさらにリードを広げられ、ホーネッツのスティーブ・クリフォードHCはタイムアウトを取った。
 クリフォードHCは試合後、「もっとハードに戦うように頼んだんだ」と笑顔で明かしている。
「頼むよ、とね。みんな私よりも稼いでいるのは知っている。選手たちが私を解任させることもできると知っている。私はただ、『頼む』と言ったんだ」。
 するとホーネッツはここから反撃に転じ、第4Qにはジェレミー・リンが15得点を記録。残り48秒にリンのジャンプショットで89-88とリードを奪うと、リンはさらにリバウンドの際にファウルを受ける。残り18秒でリンが2本のフリースローを沈め、ホーネッツは逆転勝利した。
 第1Qで7得点以下に終わったチームが逆転勝利するのは、2008年12月12日にニュージャージー・ネッツを下したユタ・ジャズ以来のこと。一方、スパーズが23点リードから逆転負けしたのは、ティム・ダンカンが加入した1997年以来初となる。
 ホーネッツはコートニー・リーが17得点、ニコラ・バトゥームが15得点、コディ・ゼラーが14リバウンドを記録。リンはフィールドゴール18本中11本成功、3ポイントシュート4本すべて成功の29得点をマークした。

 一方、連勝が6で止まり、シーズン60勝目も逃したスパーズは、ホーネッツ戦での連勝も12でストップ。トニー・パーカーが19得点、ラマーカス・オルドリッジが18得点、12リバウンド、ダンカンが16得点、10リバウンドを記録している。
 スパーズのグレッグ・ポポビッチHCは、「彼は見事だった」とリンの活躍に脱帽した。
「試合を通じて我々は彼を止められなかった。彼は素晴らしい試合をしたね。見事だった」。


ホーネッツ、強豪スパーズ相手に大逆転劇 J.リンが立役者に
ISM 3月22日(火)16時40分配信

 シャーロット・ホーネッツは現地21日、地元でサンアントニオ・スパーズと対戦。23点ビハインドをひっくり返し、91対88で逆転勝利を収めた。
 第2Q開始11秒で7対30と大量ビハインドを背負ったホーネッツは、スティーブ・クリフォードHCがたまらずタイムアウト。同HCは試合後、そのときの様子を笑いながら振り返り、「選手たちに、もっと必死にプレーしてくれと頼んだよ。お願いだ、私よりも高給取りだろ。君らのほとんどが私を解雇できるんだ、後生だから、とね」と語った。
 指揮官の懇願に応えたジェレミー・リンは、第4Qに15得点をたたき出し、チーム最多の29得点をマーク。第4Q残り48秒には89対88とする勝ち越しのジャンプシュートを決め、勝利の立役者となった。
 リンは、「チームはとにかくハードにプレーした。苦戦していただけに、心から神に感謝している。先日は勝つべき試合を落としてしまったが、今日の試合で勝てたことがチームにとって大きな力となる」と、強豪からもぎ取った白星を喜んだ。
 ホーネッツはほかに、コートニー・リーが第3Qに13得点を集中し17得点、ニコラ・バトゥームが15得点、コディー・ゼラーが14リバウンドを記録した。なお、第1Qを7点以下に抑えられながら、挽回して勝利したのは、2008年12月12日にユタ・ジャズがニュージャージー(現ブルックリン)・ネッツを破って以来初となっている。
 一方のスパーズは、トニー・パーカーが19得点、ラマーカス・オルドリッジが18得点、12リバウンド、ティム・ダンカンが16得点、10リバウンドをマーク。23点リードからの逆転負けはダンカンが入団した1997年以降ではワースト。連勝が6で止まり、シーズン60勝は次戦以降にお預けとなった。




いやもう、あの1Qは何だったんだ。TOは繰り返すし、シュートは笑うほど入らないし。
しかし、大一番をものにした次の試合で13分たたずに23点差つけたことが、さしものスパーズもゆるませたのだとしたら、高等戦術だったとか。(笑)

今日のリンは神だったけど、最後のプレーも含めてリーも攻守とも素晴らしかったと思う。
でもって、ラム(FG1-5)やマービン(FG2-7)は不調ながらも大事なところで3Pを決めてくれたけど、ケンバ(FG2-11, 6pts)とアルさん(FG1-9, 3pts)の入らなさは特筆ものだったから、明日は両キャプテンの番だよね?(^_^;)

Charlotte Observer
最後の最後、トニー・パーカーとダニー・グリーンが3Pを外したあと、残り0.4秒でカワイ・レナードへ渡るインバウンズパスをコートニー・リーが奪取して勝利ももぎ取った。

Three who mattered
トニー・パーカー: 第1Qの得点は12対7とホーネッツを上回った。
コートニー・リー: 彼が第3Qに13得点したことで点差が一桁になった。
ティム・ダンカン: コーディ・ゼラーにもアル・ジェファーソンにも勝った。

Observations
▪ ダンカンはスターティング・ラインアップに復帰。
▪ ホーネッツのニック・バトゥームとスパーズのトニー・パーカーは、試合前に長い時間おしゃべりしていた。
(キャプチャ画像)
160322spurs.jpg

▪ ジェレミー・ラムがトロイ・ダニエルズに代わってここ5試合で初めてプレー。
▪ ホーネッツの前半の3Pは1-10。
▪ マービン・ウィリアムズはゲーム終盤に左足首を捻挫したが、明日はプレーできると言った。
▪ ボリス・ディアウに少しブーイングがあった。

Worth mentioning
▪ この試合はNBATVで全米放映された。

They said it
「相手には3人の殿堂入り選手とMVP投票で3位か4位に入るような選手(オルドリッジ)がいる。それは闘うための正しい姿勢を持つことから始まる」 -- スパーズを破るチャレンジについてクリフォードHC。

「この勝利は大きな励みだが、明日も(ブルックリンで)やるべきことをしっかりやらなければ」 -- リン。

「第2Q、2ndユニットは基本的に働いていなかった。ボールを動かすことをやめ、1対1のプレーになり、ターンオーバーし、29失点して運命を決した」 -- ゲームのターニングポイントについてポポビッチHC。

Report card
C オフェンス: 前半は40点に届かなかった。
B ディフェンス: 第3Qにスパーズを7TOと苦しめた。
B+ コーチング: ひどい第1Qでもホーネッツは自分たちをあきらめなかった。

コラムの方も読みたいけど。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初に結果を見たとき出た言葉は、嘘だろ!?でした^^;
大物食いも嬉しいのですが、今は勝率5割近辺のチームに確実に勝って、
ホームコートアドバンテージをとって欲しいと願っています。

正直100%負けるって思ってましたから驚きが隠せません(笑)
リンの好調は素晴らしいですがケンバの不調が気になりますね 疲れてるのかな

BSで今日はウィザーズとホークスですね(^_^;)
たぶん寝落ちするだろうなぁ

SASファンですが、とてもいいチームですね。
バトゥームが大好きなので、今年からこちらのブログを拝見してます。

原文を読んではおりませんが、MVP投票で3位か4位に入る選手とは、オルドリッジではなくレナードではないですか?ファンからすれば今年はレブロンよりも上にいてもいい気がしてますが。

No title

◎ぞのさん
昨日はGSWもミネソタで苦戦してましたし、きっとスパーズも普通の状態ではなかったんですよね。(^_^;)
今後はアウェイが多くてきついですけど、上位との対戦は少ないのでしっかり勝っていってほしいです。
ボストンとアトランタに負け越しているのがホームコートアドバンテージ争いには厳しいですけど…。


◎Beeさん
私もスパーズが主力を何人か休ませてくれなければ勝てっこないと思ってました~。
リンは最近不調だったので、自信を取り戻すためにも個人練習に励んでいたそうです。
ケンバはたぶん疲れなんでしょうね。
休養とかはないにせよ、プレイオフに向けて調子を整えていってほしいですね。

ウィザーズは最近強いですよねー。ホークスに勝ってくれたのはありがたいです。(^_^;)


◎いちごさん
ありがとうございます。SASファンの方から「とてもいいチーム」と褒められたらすごく嬉しいです。

それが、記事にはオルドリッジと書いてあるんです。私もレナードがエースだと思っていたので少し意外でした。
記者の書き間違いということもあるかもしれませんが…
それとも、クリフォードHCの考えではレナードが「殿堂入り選手」の1人なのかもしれませんね。
(そうなると、ダンカンとあと1人は誰?ということになりますけど)


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード