夏の成果

ざっと~。

A strenuous off-season launched Hornets’ Marvin Williams to some career numbers
BY RICK BONNELL

ケンバ・ウォーカーはホーネッツで一番見応えのある選手だし、ニック・バトゥームは一番万能だが、今シーズン最も安定しているのはマービン・ウィリアムズだろう。
多くのベテランが徐々に衰えていく11シーズン目でありながら、ウィリアムズは平均リバウンド(6.9)と3P成功率(39.0%)がキャリア最高で、平均得点(10.9)もここ7シーズンで最も高い。

しかし、それらはただの数字だ。クリフォードHCはウィリアムズについて、「ディフェンスを広げて、チームメイトをより良くプレーさせるために自分のロングレンジ・シューティングを用いている。フロアの反対側では個人のディフェンスもチーム・ディフェンスもひときわ優れている」と褒めた。

ウィリアムズはパワーフォワードのスターターが確実だったわけではない。同じポジションにはロッタリーピックのコーディ・ゼラーやフランク・カミンスキーもいた。しかし、29歳のウィリアムズは昨夏、誰よりもトレーニングに励み、最高のコンディションでトレーニングキャンプに入った。それで競争相手より一歩先んじ、ここまで全61試合で先発している。

「彼がうまくやっているのはオフシーズンのおかげだ。本当に素晴らしい夏を過ごし、自分を素晴らしい状態に仕上げた。それから、毎日のルーチンにも熱心に取り組んでいる。彼の活躍に何ら驚きはない」と、コーチは言う。

2014年夏に結んだ2年1400万ドルの契約は今シーズンで終わり、夏にはFAになる。クリフォードHCが典型的な「ストレッチ4」と呼ぶウィリアムズにとって、これ以上ないタイミングだ。新しいテレビ契約のおかげで多くのチームが潤沢な資金を手にし、有力FAを奪い合うことになる。ウィリアムズのスキルセットとコンディショニングは新たな複数年契約をもたらすだろう -- シャーロットか他のどこかで。

ホーネッツがウィリアムズを評価する1点は、彼の柔軟性だ。彼はクリフォードHCに、自分が先発するかどうか、あるいはパワーフォワードかスモールフォワードかどうかまったく気にしない、と何度も伝えている。そのチーム第一の姿勢は、彼らをプレイオフへと押し進めているホーネッツのロッカールームの雰囲気を作る一助となった。

「ハードワークは報われる、といつも父から言い聞かされてきた」と、ノースカロライナ大学で1シーズン過ごしたあと、2005年に2位でドラフトされたウィリアムズは言った。「昨夏は本当に熱心にトレーニングに励んだし、その恩恵があったと思う。自分のためにもチームのためにもなっている」

彼は夏の間、毎日午前10時ごろまでにはタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナにいた。ウェイトを挙げ、有酸素トレーニングをし、ジムでのシューティングに1時間費やした。

NBA入りしたときのウィリアムズには現在のスキルセットはなかった。アトランタ・ホークスでの最初の3シーズンは合計98本しか3Pを撃っていないし、24パーセントを超えたこともない。
その3シーズンのあと、彼はホークスのマネージメントに、自分がもっと役立つためには何ができるか尋ね、シューティングレンジを広げるように言われた。翌シーズン、彼は3Pを155試投し、成功率も35.5パーセントまで上げた。

それ以来ずっと、3Pショットは彼のゲームの不可欠な要素となり、ウィリアムズは手足が長いスモールフォワードから、ユタ・ジャズではアスレチックなパワーフォワードへ進化した。
「あの頃は各チームにトラディショナルなビッグマンがいたから、自分はスモールフォワードだった。ここ2~3年は自分も転換を図ってきたし、クリフからもそう想定されていた」

自分ではあと何年くらいプレーすると思う?
「神のみぞ知る」と、ウィリアムズは答えた。「でも、フィジカルもメンタルもいけると感じる間はプレーしたい。必要とされる限り続けるよ」

**************************

キープしたい~今シーズンのチームをキープしてMKGが戻ってきたらどこまでいけるか見たい~。

コメントの投稿

非公開コメント

マービンはホーネッツが好む真面目な努力家ですよね
1年目はマクロバと比較されて物足りなさがありましたがチーム全体を見た意見をよくしてるし
SFとしても起用できるのはありがたいですね

No title

いつものことだけど、エントリと無関係な話題をw
今季NBA最大の番狂わせ、レイカーズがウォリアーズに17点差で圧勝 http://tunadrama.com/blog/lakers-gives-warriors-their-6th-loss/

そういや、ジョーダンもウィザーズなころ王朝なレーカーズに勝ってたな〜と

神戸も後進に何かを伝えれたかな?

No title

http://www.nba.com/games/20160307/MINCHA/gameinfo.html?ls=iref:nba:scoreboard
きょうは、ケンバもだけど、アルさんはじめなセカンドユニットが調子良かったみたいだぬー

No title

◎Beeさん
マクロバーツとはタイプが違うので、1年目は少し戸惑いがあったんでしょうか?
今シーズンは本当に頼りになりますよね。
サイズのあるSFとしても起用できて、ベテランとしての存在感もあるし。

フェルトンやショーン・メイとドラフト同期だったけどUNCでは下級生でなんか可愛かったマービンがもはやベテランだもんなぁ…。


◎いつもは鍵コメな人さん
まさかレイカーズに負けるか?と思いましたよ~。
まあ、3月4月になると上位チームが格下相手にポロっと負けるのもありがちですよね。

それにしても、クリーブランドが熊さんズに負けてもうちには関係ないけど、
SASはインディアナで勝ってほしかった。プン(*`・з・´)プン

今日はケンバとアルさんが頼りになりました。
う~ん、うちのベンチが良かったというか、ウルブズのベンチが弱い?(^_^;)


No title

え〜と、SASさんは気まぐれだから、たすか、その前の試合はスターター三人休ませて勝ったような希ガスんだけど…(;・3・)~♪

No title

そーそー。主力休ませても勝ったから、メンバー揃えばよゆーだヨ~ンとか思ったんでせうか。(`ε´)ぶーぶー
ちょっとSASらしくないけど・・・あ、ポポさんいなかったのか!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード