2000年の9 Hoops

どういう理由か分かりませんが、MJが出演した2000年の筋肉番付“9 Hoops”の記事があったので懐かしく。
SB Nation.com



オールスター・ウィークエンドのイベントでやったら面白いのにな、って。


あと、自分のファッション・ラインのコントロールについて不満があってナイキからアディダスに移ったカニエ・ウエストが、大晦日にリリースした“Facts”でナイキを批判し、 “Yeezy, Yeezy, Yeezy just jumped over Jumpman.”と歌っていることについて、Twitterでジョーダン(だけ)には謝ったそうな。 SI.com
0209si.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これて、どのバージョンだたか忘れたけど、ピップもやてなかたけ?

No title

懐かしい動画ありがとうございます^^
ぜひともこの番組は復活してほしいです。で、現役最強シューターのSカリーもこの9HOOPSに挑戦してほしいです。が、彼ならあっさりパーフェクトしそうですよね^^

No title

改めてキャブスVSホーネッツを通しでみたのですが、
MKGが速攻でコース・トゥ・コース(DFリバウンドから速攻まで)をやっているのをみて
ホーネッツではMKGにしか出来ない芸当だなと思って感心していました。
レブロンほどの破壊力はありませんが、
MKGのスピードと身体能力が合わさって初めて出来るコース・トゥ・コースで、
ディフェンスのみならずオフェンスでもパーソナルな存在なのだなと感じました。

MKGの3Pはまだ躊躇している部分がありますね。
3Pを躊躇してドリブルし、オフェンスを停滞させていた場面がありました。
次のポゼッションでは3Pを放っていたので、外しましたが良い傾向だと思いました。
おそらく現段階ではノーマークの3Pしか入らない(ディフェンスを気にするとまだフォームが未完成なので乱れやすい)と思います。
3Pに関してはじっくり腰を据えて見守りたいと思っています。

No title

◎いつもは鍵コメな人さん
ピップがやったのは普通の9 Hoopsじゃなかったでしたっけ?
で、パーフェクトはならなくて、それを知ったMJが「だろうね」とか薄情なコメントをしたと思います。(^_^;)

◎ともさん
筋肉番付が終わってしまったのは私も残念でした。
まあ、最後の方はネタ切れ感もありましたけど…。
カリーにやってもらうなら、もっと難しくしないと面白くないですね。(^_^)v

◎ぞのさん
確かに、MKGのコース・トゥ・コースは見惚れました。
3Pとか少し距離のあるショットはいまだに躊躇しますよね。
思い切って打った方がいいのに、と思う場面は私もありました。
まだ若いので、今後の成長に期待します。
外からそこそこ決められるようになったら鬼に金棒ですよね。(*^_^*)



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード