【42】@オクラホマシティ

95-109 (boxscore) 19勝23敗(HOME: 15-8, ROAD: 4-15)

ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの強力デュオがチームを引っ張り、サンダーが6連勝

1月 21, 2016 6:02午後
NBA Japan
デュラントは26得点、ウェストブルックは16得点、15アシスト、8リバウンドを記録

 1月20日(日本時間21日)、チェサピーク・エナジー・アリーナで行なわれたシャーロット・ホーネッツ対オクラホマシティ・サンダーは、ケビン・デュラントが26得点、ラッセル・ウェストブルックが16得点、15アシスト、8リバウンドでチームのオフェンスを引っ張り、サンダーが109-95で勝利した。
 ウェストブルックが第1クォーターだけで6アシストを記録して攻撃のトーンを作ると、デュラントも1Qにマークした得点としては今季最多の15得点を第1Qにあげ、サンダーが主導権を掴んだ。その後も自分たちのリズムで試合を運んだサンダーは、第4Q中盤までにリードを21点(101-80)に拡大し、6連勝を飾っている。
 デュラントは試合後、ウェストブルックのプレイについて、「第1Qから彼が自分のペースでアシストを記録していた」と、称えた。
「まるでテレビゲームのようだった。序盤からアシストを多くマークして、全員をプレイに参加させようとしていた。とても助かったよ」。
 そのウェストブルックは、「僕たちが持っている武器を最大限に生かすためにも、自分を最大限に生かすためにも、チームメイトにパスを出して、シュートを打ってもらうことがベスト。そうすれば、必要なときに僕も点を取れる」と、アシストを重視したパフォーマンスについて話している。
 サンダー(32勝12敗)は、デュラントとウェストブルックのほか、エネス・カンターが12得点、サージ・イバカとカイル・シングラーがそれぞれ11得点、スティーブン・アダムズが10得点、10リバウンドで勝利に貢献した。
 直近12試合で10敗を喫したホーネッツ(19勝23敗)は、ケンバ・ウォーカーが21得点、ジェレミー・リンが16得点、フランク・カミンスキーが15得点をあげている。


まあ、@OKCで勝つとか微塵も思っていなかったので別にいいんですが。
前半は何とか一桁点差に踏みとどまったものの、3Qで20点差つけられた後は少し縮めるのが精いっぱいという感じですね。(一応、途中までは見たんですが)
それより、右肩を痛めて退場したコーディが気になるから、早く続報が欲しい。
オブザーバーは相変わらずパンサーズに夢中で、ホーネッツのロードゲームはほったらかし。

次は今日シクサーズに負けた@ORLか~。
最近WASとかPHIまで強くなって、うちはどうなっちゃうんでしょうか…。

コメントの投稿

非公開コメント

カミンスキーがコンスタントに得点を取り始めてますスターターに成る日もそう遠くは無いかもしれませんね

ケンバの高得点連発は去年も有りましたが…チーム状態が良くない警鐘のような気が…

No title

スモールな時代?

2016NBAオールスターゲームのスタメンが決定 http://tunadrama.com/blog/2016-nba-all-star-starting-line-up/

No title

◎Beeさん
カミンスキーはけっこう良い選手だと思います、ホント。
高校で急に身長が伸びるまでガードだっただけありますよね。

それにしても、コーディまで怪我してしまって、このままケンバに負担がかかり過ぎて、ケンバまで怪我するのが怖いです…

◎いつもは鍵コメな人さん
時代ですねぇ。
誰がセンターやるのか楽しみ。(*^_^*)
ブルズ後期王朝時代もハーパー、MJ、PIP、クーコッチ、デニスのラインアップが大好きでした。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード