5 thoughts

最近のホーネッツについてボーネルさんの考え。
Hornets can’t afford these turnovers and not getting back on defense

Welcome back, Big Al
11月28日を最後に、ふくらはぎの怪我とリーグによる5試合の出場停止処分で休んでいたジェファーソンは、日曜日のグリズリーズ戦からプレーすることができる。
ジェファーソンが欠場した11試合は5勝6敗だった。コーディ・ゼラーはよく代役を務めたが(そして、少なくとも短期間はスターターのままだろう)、ホーネッツはジェファーソンのローポストでの得点力を失って不自由した。
現代のNBAバスケットボールとは、敵にダブルチームを強制し、どこかに穴を作ることだ。ポストでシングルカバーされたら、ジェファーソンは大体の相手に勝つ。ダブルチームされればドライバーか3Pショットのためにパスを出せる。
ホーネッツは厳しい試合日程のせいで最近あまり練習ができていないため、ジェファーソンにいきなり大きなインパクトを期待してはいけない。しかし、彼はインパクトを与えるだろう。

Can’t afford to be high-turnover
4連勝のあと、ホーネッツは直近の6試合中5試合に負けた。何よりもターンオーバーが大きい。
シーズン平均12.9TOのホーネッツが過去6試合は平均14.5だった。
今シーズン、9TO以下は5試合あるが、過去6試合では1度もない。逆に、16TO以上は6試合だが、そのうち3度は過去6試合で記録されている。
クリフォードHCが就任してから基本的にホーネッツはターンオーバーが少ないチームだった。それを克服するだけのオフェンス力がなかったため、選択の余地はなかった。
今シーズンのホーネッツはオフェンス力を増したが、ターンオーバーを抑える方針から逸脱できるほどではない。最近のターンオーバーにパターンがあるかどうか質問されたクリフォードHCは、大部分がピック&ロールから発生していると答えた。ここを締める必要がある。

Get back in transition
2013年夏の就任時、クリフォードHCはトランジション・ディフェンスこそ自分の「譲れない部分」だと言った。
水曜日のセルティックス戦はイライラさせたに違いない:速攻からの得点が4対16だったのだから。ボストンのビッグマン、特にケリー・オリニクはダウンコートで何度もほぼフルコートのパスを受け、レイアップした。
これは非常にホーネッツらしくなく、非常に高くつく。

Lamb levels off
ジェレミー・ラムは今シーズン、7試合連続2桁得点という、おそらくキャリアで最もホットな期間を経験した。
その後、彼はやや落ち着いている。過去6試合中10得点に達したのが3度、プレータイムが20分を超えたのは1度だ。
一因として、ヘアストンのオフェンスの改善が挙げられる。そのため、試合後半にも以前より長く起用されるようになった。また、リンがPGでもSGでもうまくプレーしていることも関係ある。ヘアストンとリンとラムはバックコートの控えのプレータイムのほとんどを占めているが、ミックスは常に入れ替わっている。

Front-court minutes
ジェファーソンがラインアップに戻り、カミンスキーはどんどん成長しているため、他のビッグマンのプレータイムも動かざるを得ない。ホーズとハンズブローはセルティックス戦で合わせて14分しかプレーしなかった。今後もその傾向が続くだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード