【19】@シカゴ

めずらしく試合開始から観戦できる状況だったのに、リーグパスにアクセスしたら音が出ない。で、YouTubeの動画で確認してみようと思ったら映像さえ出ない「エラー」。
えぇぇぇ・・・Σ(ω |||)と、「ノートパソコン win10 音が出ない youtube」で検索したらwin10のバグだとか見つかって、いろいろある回答の中で一番簡単な(あれこれいじるの怖い)再起動をしたらとりあえず直った。ホッ(-。-;)

おかげで、せっかくリードしていた1Qはほとんど見られないまま26対22で終了。
しかし、2Qに29対22になってからブルズの2ndユニットに0-8ランで逆転されてしまいました。
2ndユニットと言ってもノアやギブソンだもんな。

でも、その後も離されることなく、4点差もニック(ニコラの方が好きなんだけど、皆がニックと呼ぶから)の4Pプレーで追いつき、最後にリンのドライブ→ハンズブローのダンクで52対50とリードして前半終了。

(しかし、ハーフタイムショーでI Will Always Love You 歌った女の子、すごすぎ)

コーディが目立つ。
けど、ローズも目立ってきた・・・。

3Q終了72対75。結局じんわり負けそうな気がするな~。
接戦なんだけど、しのぎを削り合ってというよりグダグダで接戦な気が(素人目に)してしまう。

やっぱり、さっきまでと違ってショットが決まっての抜きつ抜かれつなら面白い。(^_^;)
ニックが2度目の4Pプレーのチャンス。(FTはミス)
ニックが3P連発。
マクダーモットも決めるわ、同点。orz

ORからフリーのマクダーモットでヤバかった~。

コーディがFTを2本決めて、バトラーの3Pはこぼれて、ケンバ!で4点リードで28.9秒。
今日はニックとコーディが良かった!

○102-96 (boxscore) 11勝8敗(HOME: 8-3, ROAD: 3-5)

ニコラス・バトゥームが24得点、ホーネッツが敵地でブルズに勝利

12月 6, 2015 1:47午後
NBA Japan
バトゥームは第4Qだけで12得点、ブルズはホームで7勝2敗に

 12月5日(日本時間6日)、ユナイテッド・センターで行なわれたシャーロット・ホーネッツ対シカゴ・ブルズは、ニコラス・バトゥームが第4クォーターだけで12得点の活躍を見せ、ホーネッツが102-96で勝利した。
 88-88の同点で迎えた第4Q残り5分、バトゥームが3ポイントシュートを決めてホーネッツが勝ち越しに成功。その後2度ブルズに追いつかれたものの、ホーネッツは残り1分1秒から8-2で上回り、敵地で勝利を収めた。
 ホーネッツ(11勝8敗)は、バトゥームが24得点、11リバウンド、5アシスト、ケンバ・ウォーカーとコディ・ゼラーがそれぞれ17得点を記録。
 敗れたブルズ(11勝6敗)は、ジミー・バトラーが25得点、8リバウンド、デリック・ローズが19得点、パウ・ガソルとダグ・マクダーモットがそれぞれ13得点をあげた。




Charlotte Observer
Three who mattered
ニック・バトゥーム:前半に4Pプレーも達成し、14試合連続で3Pを成功。24得点&11リバウンドのダブルダブルに5アシスト。
デリック・ローズ:元MVPのシューティングが好調(8-13)。
コーディ・ゼラー:第3Qでファウルトラブル気味だったが、ガソル相手にソリッドなディフェンス。

Observations
▪ ホーネッツはバトゥームにさまざまなことを求めているが、最近の彼はすべてをこなしている。シカゴまでの7試合で、平均17.3得点、6.1リバウンド、6アシスト、1.6スティール。
▪ スターターのヘアストンは前半の11分で1度もショットを撃たず、0得点、0リバウンド、0アシスト。
▪ ジェレミー・ラムはFG成功率が51.4パーセントでリーグ17位。彼より上位にランクされるガードは、トニー・パーカー、ステフィン・カリー、コーリー・ジョセフの3人だけ。
▪ 過去数シーズン、ボブキャッツ/ホーネッツは被ショットブロックが最も多いチームの1つだったが、今シーズンは違う。ホーネッツ戦の敵のブロック数は4.5で下から7位タイ。
▪ 試合前、“Frank the Tank” のサインボードを持ってウィスコンシンのTシャツを着た男の子がユナイテッドセンターの最前列まで来た。カミンスキーは少年のところへハイファイブをしに行った。

Report card
B オフェンス:後半の3Pは悪かったが、アル・ジェファーソンがいないレーン内のスコアリングを頑張った。
B ディフェンス:リバウンドを支配させなかった。
B+ コーチング:ずっと射程圏内で踏みとどまり、力強く締めくくった。

何かダラ長いので、もう1本の記事は別にします~。(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

クリHCも残留したしバトゥムが残ってくれたら当面楽しめそうですね
ヘアストンのスタッツが恐ろしくショボいのが気になる所ですがMKGみたいにディフェンス頑張ってるんですかね?

ブルズに勝てるように成るとますますレブロンズに勝ちたいですねぇ
西の強豪とも接戦が出来るように成れると楽しみも増えるんですが

No title

シカゴでブルズに勝てたのはけっこう驚きでした。
本当に、次はいよいよレブロンに勝ちたいですね~。

ウォリアーズ戦が本気でトラウマになっているので、西の強豪と接戦できるようになるのはいつなんでしょうか・・・
それでも、今シーズンは楽しめる試合が多いし、バトゥームが残ってくれたら期待も続きそうですもんね。

ヘアストンのディフェンスはまあ、パワーもあるしラムよりいいと思います。(^_^;)
にしても、オフェンスはラムに大きく差をつけられてますねぇ。

No title

ラムはFGだけでなく、リバウンドも出場時間の割に多くてよいです。
流石ウイングスパン211㎝あるだけはあります。

No title

ラムはシューターとしか思っていなかったので、こんなにいろいろできる子だったのは嬉しい驚きです。
ウイングスパン211cmもあるんですか。腕が長いとは思ってましたけど。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード