【15】vs. ウィザーズ

○101-87 (boxscore) 9勝6敗(HOME: 7-1, ROAD: 2-5) 



前半はリードで折り返したものの、後半はターンオーバーが多く、4Q序盤に76対85まで開き、ところがそこからウィザーズのショットがまったく入らない。オープンを作っても入らない。あげくにTOも繰り返すようになり、結局、4QのウィザーズはFG1-20で6得点。ホーネッツの25-0ランのあと、最後の最後にニールのFTで25-2という締めくくりでした。

ボーネルさんのtweetによると、ウィザーズの6点は1つのクォーターでホーネッツ史上最少失点。
25-0ランは2010年1月20日にスパーズがジャズに対して記録して以来。
で、ホーネッツはホーム7連勝だけど、次は現在22連敗中のレブロン来襲だよ~ンと。(^_^;)

あと、MJがコートサイドで観戦したのはブルズ戦以来だよね。ブルズは分かるけど、ウィザーズも見に来るんだね・・・負けたら悔しさ倍増じゃないの?(笑)

Charlotte Observer
ウィザーズは17本連続でショットを外した。彼らがジャンプショットに依存し過ぎたおかげで、レーン内の得点はホーネッツの46対22だった。

Three who mattered
ニック・バトゥーム:3Q中盤に今シーズン初の10アシストに達し(最終的には11)、ダブルダブル。
アル・ジェファーソン:出場時間30分で安定のダブルダブル。
ジェレミー・ラム:ベンチから13得点、6リバウンドと貢献。

Observations
▪ スティーブ・クリフォードHCは、オーナーのマイケル・ジョーダンと自分との関係を評価している。ジョーダンはアドバイスをするが、クリフォードの仕事のやり方に指図することはなく、「やりたいようにやってくれ、で話は終わる」

▪ ニック・バトゥームは、クリフォードHCの契約を延長するというホーネッツの決定は自分の再契約の可能性を高めるかもしれないと言った。「彼は僕を信頼してくれる。僕を信じてくれる。それは大きな要因になり得る」

▪ ケンバ・ウォーカーの過去4試合のスタッツはクレイジー:FGが62パーセント、平均27得点、5アシスト、4.8リバウンド、2.3スティール、そして3Pは11-20。

▪ ウィルス性胃腸炎で火曜日の練習を休んだバトゥームだが、水曜日は先発できるほど良くなった。

Worth mentioning
▪ ホーネッツとクリフォードHCの新しい契約は、2016-17から3シーズンが保証され、2019-20シーズンがチームオプション。
▪ P.J.ヘアストンは後半に頭部を肘打ちされた。
▪ フランク・カミンスキーのプレータイムが長くなり、スペンサー・ホーズの分が食われている。

Report card
B- オフェンス:ターンオーバーの多さは2試合連続で懸念。
B+ ディフェンス:ゴータットがいるウィザーズのレーン内の得点を抑えるのは簡単なことではない。
B+ コーチング:ベンチをうまく使い、その後、仕上げにウォーカーとジェファーソンとマービン・ウィリアムズを戻した。


コーチの契約延長の件は今から読むんですが、とりあえず安心しました。\(^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント

グフフ貯金が有るとたのちぃですぬ
次はレブロンか…いつも怪我してもホーネッツ戦には復帰してきて きっちり勝っていくから憎々しいwww

クリHC契約延長ですか 去年はボロカスに言ってごめんなさい_(._.)_
バトゥムもクリHCを好いてるみたいだし残留してくれると良いなぁ

No title

ケンバのFG46%、3P率38%と成績が上昇しているのが嬉しいです。
これで今までは無理にゴールを狙っていた場面があったという解釈の証明の1つになりえますね。是非この成績をシーズン通して続けて欲しいです。

後ケンバを活かすにはポイントフォワード的な存在が必要だったのだなと改めて感じました。マクロバーツしかり、バテュームしかり。契約はできませんでしたが、ヘイワードも獲得できていればマッチしただろうな、これまでのGMの選手獲得は一貫性があったのだなと思う次第です。

後質問ですが、コーチ陣の中で新たに加わった人はいるのでしょうか?
劇的なオフェンスの変化が選手の入れ替えだけで生まれたとは思えないからです。

No title

興味がある人は読むべし

スティーブ・カーQ&A:2015-16ウォリアーズ vs 1995-96ブルズ
http://bfij.net/2015/11/26/steve-kerr-2015-16-warriors-vs-1995-96-bulls/

まきさんのお気に入りのビヨンボちゃんラプターズでプレイしてるんですね
相変わらず得点の臭いが全くありませんねwww

No title

◎Beeさん
MKGがシーズン絶望になったときは9勝6敗なんて予想してませんでした。
3つも貯金があるなんて久しぶりですよね~。

レブロン(もはやチーム名関係なしwww)に最後に勝ったのは2010年2月だそうです。
今シーズンは1回くらい勝てないものでしょうか…。
しかし、あっちは負けた後だからなぁ・・・本気出されそう。orz

BizはラプターズでもやっぱりBizのままみたいですね。(^_^;)
まだ1試合も見ていないんですが。<好きだったわりに薄情。


◎ぞのさん
本当に、ケンバは今まで無理なショットも撃っていたということですよね。
PGというポジションでこれだけ決めれば十分だし、今シーズンはオフェンスがうまく回っていて、見ていても楽しいです。第4Qの強さはリーグ屈指らしいですし。

マーク・プライスACの代わりに今シーズンから新しく加わったコーチはいるんですが、シューティングのスペシャリストということなので、戦術・戦略面にどの程度関係しているでしょうか。
(それにしても、今はACが多いですね。ホーネッツはAHCのユーイング以外に5人いますし。フィル・ジャクソンの初期なんて、ディフェンスのジョニー・バックとオフェンスのテックス・ウィンターだけだったような?)


◎いつもは鍵コメな人さん
あ、これ、宮地さんがtweetしていて、誰か日本語にしてくれないかな~と思っていたやつです!
あざーす。(*^_^*)

・・・そんで、カーの答えはどっちなんだ?


No title

これはあくまで、σ( ̄ω ̄)オイラの私見だけど

プレイヤーとしてのカーは、σ( ̄ω ̄)オレたちに決まってんだろ



HCとしてのカーは、もちろんうちの若いこたちに決まってんだろ

じゃないかと

…てか、どっちにしてもカーは勝者じゃね?www

今のリーグだとチームカラーは違うけど試合巧者なスパーズ対若さのウォリアーズになんのかな?

No title

まあ、カー的にはそうか。www

宮地さんも書いてましたけど、MJのディフェンスをどうするのか言ってほしかった。
それにしても、今のウォリアーズはやばいですね。
カンファレンスファイナルでスパーズとがっぷり戦ってほしいなぁ。

カーはブルズへの移籍がターニングポイントで、すっかり勝ち組まっしぐらですよね~。
スゴイと思う。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード