【10】vs. ブレイザーズ

○106-94 (boxscore) 5勝5敗(HOME: 3-1, ROAD: 2-4)

ホーネッツ快勝、N.バトゥームが古巣相手に33得点
ISM 11月16日(月)17時21分配信

 現地15日、シャーロット・ホーネッツはホームでポートランド・トレイルブレイザーズに106対94で快勝。オフにブレイザーズからホーネッツにトレード移籍したニコラ・バトゥームが、古巣相手に33得点を挙げた。
 ホーネッツは、第3Q途中に29点の大量リードを奪うと、試合終盤に猛追を受けながらも逃げ切り勝ちを収めた。バトゥームのほかには、アル・ジェファーソンが29得点と活躍。ケンバ・ウォーカーが14得点、ジェレミー・ラムも13得点で続いた。
 バトゥームは、過去3年に渡ってブレイザーズのテリー・ストッツHCの下でプレーした経験を振り返り、「選手たちもHCも、最後に追い上げることに関しては一番だったよ」とコメントし、優勢にも関わらず仲間たちには気を抜かないように鼓舞し続けたことを明かした。
 ブレイザーズは、一時6点差まで追い上げたが詰めきれずに5連敗。デイミアン・リラードが23得点、アレン・クラブが17得点、C.J.マッカラムが16得点、メイソン・プラムリーは8得点、13リバウンドの内容だった。




前半の大量リードが当てにならないのは分かっているけど、29点リードが6点まで縮まって、ブレイザーズがもっとそつのないチームだったら逆転されただろうなぁ・・・まあ、だったらそもそも29点リードなんてできなかったか。(^_^;)
前半はアル(FG9-9, 22pts)とニコラ(20pts)が絶好調&残り4分切ったあたりで24FGMに18ast, 1TOという美しいバスケットでした。
まあ、圧勝のまま終わるよりハラハラできて観客も楽しめたかも。<勝ったから言える。(笑)

ヘンダーソンは場内に紹介されて手を上げて応えていました。そして、ボンレーは初スターターとのこと。ホーネッツにいたら絶対なかったから、トレードされて良かったんじゃないかな。

Charlotte Observer
ホーネッツはローポスト・スコアラーを取り戻した。
3試合合計19得点のあと、アル・ジェファーソンは29得点でチームの勝利に貢献した。
ニック・バトゥームは古巣相手に33得点(キャリアハイ・タイまであと2点)をあげ、ホーネッツは5勝5敗になった。

▪ トレイルブレイザーズは2人のポイントガードをしばしば一緒に起用するNBAのトレンドの一員で、リラードとともにC.J.マッカラムを先発させる。それはディフェンスがリラードへオーバーロードしにくくする。ゴールデンステイトはステフィン・カリーとクレイ・トンプソンでこれをポピュラーにした。トンプソンは技術的にPGではないが、司令塔的なスキルは持っている。

▪ クリフォードHCは午後5時のティップオフを警戒していた。早い時刻の試合開始は選手たちのリズムを狂わせ、スロースタートを招くと。

▪ クリフォードHC:「選手たちには常に、チームゲームのエキスパートであれと教える。彼(ジェラルド・ヘンダーソン)はまさにそうだった」

▪ バトゥームは今週のイースタンカンファレンス・プレイヤー・オブ・ザ・ウィークか?

▪ P.J.ヘアストンは大腿四頭筋打撲で後半プレーしなかった。

They said it
「15歳のとき」=最後にここ3試合のような活躍を続けたのはいつか質問されたバトゥームの答え。
「彼は素晴らしい自信でプレーしている。サイズがあって、スキルがあって、良いコンペティターで、バスケットボールIQは抜群だ」=バトゥームについてクリフォードHC。
「皆がリバウンドしなければならない。きちんとブロックアウトすれば相手にチャンスはない。我々はそうしていない」=最近の欠点のリバウンドについてクリフォードHC。

Report card
A オフェンス:前半だけで70点を超えたのは2010年1月のサンズ戦以来。
B+  ディフェンス:3Qで相手を70点以下に抑えたのは大きいが、リバウンドに問題がある。
A コーチング:クリフォードHCは金曜日に、ジェファーソンの最近の苦戦はリムに近い場所でボールを受け取れていないことと関係している、と言った。少なくとも今日の1試合、問題は修正された。


もう1つの記事 How Charlotte Hornets center Al Jefferson got his groove backによれば、過去3試合でFG8-28、19得点だったのはジェファーソン本人の問題というより、ジェファーソンが最も効果的に働けるスイートスポットでボールを渡していない周囲の問題であり、土曜日のフィルムセッションでそこが指摘されて改善したとか。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジョーダン氏、現役の時もそうだったけど選手のお尻叩くの好きですよね^^久々に見れて和みました^^
あと、ヘンダーソンの黒ユニホーム姿、今季初めて見たけど違和感あるなあ。。。
ま、ビジネスだから仕方ないか。。。

アルのポジション修正でまたガツガツ点を取ってくれそうで一安心
たぶんモヤモヤしてたんだろうなぁ クリHCと険悪とか書かれてた時がありましたしね

去年と違い連敗も短いスパンで止まるしなんか楽しく応援できますね

No title

◎ともさん
確かにそうですね。<お尻叩くの好き。^^

ヘンダーソンは黒も赤(ウォームアップ)も似合ってるんだけど、違和感があるのはしょうがないですね・・・
昨シーズンまでキャプテンだったんだもん・・・
試合後に裏方さんたちとも笑顔で挨拶していました。
在籍期間が長かったですもんね。


◎Beeさん
>クリHCと険悪とか

タイムアウト中に言い争っているようなシーンをカメラに撮られましたしね。(^_^;)
いくらアンセルフィッシュな選手でも、契約最終年に不甲斐ない成績には終わりたくないですよね。

今のところいい感じですよね~ホーネッツ。
5敗といっても上位相手だし、ホークスとは2試合とも僅差だったし。
何といっても、オフェンスが良いから見ていて楽しいです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード