MKGのインタビュー

オブザーバーのファウラーさんとの記者会見直後の一対一のインタビューだそうです。
まあ、こんなこと言ってるよね、レベルで。(^_^;)

Q&A: MKG says Hornets contract extension will add fuel to his fire

Q:この契約は君やご家族に経済的安定をもたらしたが。

A:素晴らしい気分だよ。でも、僕はお金や名声や富やインスタグラムやツイッターのフォロワーのためにやっているんじゃないし。そういうものは全部、移り行くものだよね。でも、ボールと家族はどこへも行かない。

Q:多くの人は、君がシャーロットにとどまりたかった大きな理由の一つであるケンバ・ウォーカーとの親密さを知らないかもしれない。2人の関係はどんなもの?

A:僕たちはいつもしゃべっているんだ。初めて彼と会ったとき、僕は高校1年だった。当時の僕は高校の最上級生だったケンバの単なる一ファンで、それからも彼のキャリアをフォローし続けた。
だから、ドラフトされたときは、「ケンバ・ウォーカーが同じチームにいる!」って感じだったよ。彼と知り合ったときは毎日あらゆることを質問し続けたけど、彼もそれを嫌がっているふうじゃなかった。僕たちは同類なんだ。競争心が強くて、控えめで。とにかく、うまが合うんだ。

Q:数ヵ月前にシャーロットで同じように大きな契約の記者会見があった。パンサーズのキャム・ニュートンがチームをチャンピオンシップへ導くことを期待されての巨額な延長契約にサインしたわけだが、君もプレッシャーを感じる?

A:プレッシャーと言うなら、僕が今までに感じたプレッシャーのすべては、NBAへ入ること、まず第一に大学へ入ることだったよ。だって、もし進学していなかったら、僕はどうなっていた? 『ヤバい、どこかの大学へ行かなくちゃ』というのがプレッシャーだった。
これはプレッシャーではないよ。これは火に油を注いでいるんだ。プレッシャーの部分? 僕は自分に満足している。僕は毎日全力を尽くす。そのあとのことは神様の手の中にある。

Q:君はディフェンスやルースボールで体を犠牲にすることで知られている。大金を手にした今、まだ同じように体を投げ出し続けるつもり?

A:イエス。自分の体がどれくらい引き受けられるか、わからないけど。でも、それが僕のやり方なんだ。それは変えられない。ジャンプショットや何かを変えたように、自分や自分のプレーを変えるつもりはない。今まで、自分の人生で何一つ変えてこなかった。

Q:昨シーズンのホーネッツは期待外れの33勝49敗で、オフには大きな入れ替えがあった。このチームは昨シーズンよりずっと良いだろうか?

A:僕は自分たちのチームが好きだよ。でも、あなたはどう思う?

Q:私は新加入の選手たちがどれだけうまくかみ合うか判断できるほど彼らのことを知らない。だから君に聞いたんだ。

A:わかった。シーズン第一週にあなたの答えを知りたいな。それで手を打とう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード