オブザーバーが困ったことに

リポート:M・キッド=ギルクリストがホーネッツと再契約へ
8月 25, 2015 2:40午後
NBA.com Japan

4年総額5200万ドルの新契約

マイケル・キッド=ギルクリストがシャーロット・ホーネッツと4年総額5200万ドル(約62億4000万円)の新契約を結ぶことで合意した。AP通信が8月24日(日本時間25日)に報じている。

2012年のドラフトで全体2指名を受けた21歳のキッド=ギルクリストは昨季、負傷で55試合出場にとどまったものの、1試合平均で自己最多tの10.9得点、7.6リバウンド、1.4アシストを記録。フィールドゴール成功率46.5%をマークした。

昨季、元ホーネッツのアシスタントコーチであるマーク・プライスの指導でジャンプショットを改善したキッド=ギルクリストは、スティーブ・クリフォードHCからも高く評価されている。

クリフォードHCは今年4月、『AP通信』で「彼のショットは完全に変わった。私が見てきたどの選手よりも本当に向上したよ」と、キッド=ギルクリストを称賛していた。

「彼は自信を深めたんだ。リーダーシップやコートでの自己主張、試合の読み方など、チームメート以上になった。自信を身につけたんだよ」。

昨季のホーネッツは、キッド=ギルクリストが出場した試合で27勝28敗だったが、同選手がいないときは6勝21敗だった。2013-14シーズンでダブルダブルが1回だったキッド=ギルクリストは、昨季12回のダブルダブルを記録している。


あと、昨日読みかけたヘンダーソンの記事も抄訳で載っていましたが、オブザーバーの記事がBlazers.comで紹介されていたわけか。

ホーネッツからブレイザーズにトレードのG・ヘンダーソン 「すべてを手に入れた」

8月 25, 2015 4:36午後
NBA.com Japan

夏の移籍に言及、トレードされたことにショックはなし

ポートランド・トレイルブレイザーズのジェラルド・ヘンダーソンが、『シャーロット・オブザーバー』のリック・ボンネル記者に移籍について語った。ヘンダーソンは6月、ニコラス・バトゥームとのトレードで、ノア・バンレーとともにホーネッツからブレイザーズに移籍している。

ホーネッツで6シーズンを過ごし、チームメートの出入りを目にしてきたヘンダーソンは、トレードに含まれたことにショックはなかったという。だが、27歳のヘンダーソンにとって、ポートランドへの移籍はうれしいサプライズだったそうだ。ヘンダーソンはボンネル記者にこう述べた。

状況からトレードされたのはたいしたことじゃなかった。僕はチャンスを得られる場所、良い組織と勝つための可能性がある場所にいたかったんだ。ポートランドでそのすべてを手に入れた。

1試合平均12.1得点、3.4リバウンド、2.6アシストという記録のヘンダーソンは、CJ・マッコラムとともに、オフシーズンに退団したウェスリー・マシューズやアーロン・アフラロの穴を埋めることになる。

原文: Charlotte Observer: Henderson Sees Opportunity In Rip City by Cody Sharrett / Blazers.com (抄訳)


でまあ、オブザーバーの記事をざっくり。
Gerald Henderson: Wake up from nap, get moved to Portland

6月24日の遅い昼寝から覚めたとき、ジェラルド・ヘンダーソンは何かが起きていることに気付いた。彼の電話は新しいテキストメッセージと電子メールでいっぱいだった。
ヘンダーソンは最初にエージェントのメッセージを読むべきだと考えた。その簡潔なメッセージは、 “You’re being moved. Call me.”
ショックはなかった。シャーロット・ボブキャッツ/ホーネッツで過ごした6シーズンで、ヘンダーソンはトレードがこのフランチャイズの最もありふれた動き(2004年の創設以来、トレードは38回行われている)であることを知るようになった。
それで、自分とノア・ボンレーがポートランドへに送られることも冷静に受け止めた。
「大して驚きはなかった」と、それまでホーネッツで一番古株だったヘンダーソンは言った。「これまで大勢のチームメイトがトレードされるのを見てきた。意外だったのは、オプトイン(契約のプレイヤーオプション)の直後だったことくらいだ。僕は契約最終年で、良いチャンスがあり、良い組織があり、勝つ可能性があるところにいたかった。ポートランドにはそのすべてがある」

Reminiscent of Wallace departure
4シーズン前、ヘンダーソンのメンターだったジェラルド・ウォレスもブレイザーズへトレードされた。チームを離れる前、ウォレスはスティーブン・ジャクソンにヘンダーソンの面倒を見てやってほしいと頼んでいた。
今、ヘンダーソンも同じように強いきずなを残して去る。ケンバ・ウォーカーは親友の1人だし、マイケル・キッド=ギルクリストとも親しい。オーナーのマイケル・ジョーダンはもう一人のメンターだった。ストレングス&コンディショニング・コーチのマット・フリーアやアスレチック・トレーナーのスティーブ・ストリッカーとも親密な関係になった。
また、彼はスティーブ・クリフォードHCへの尊敬の念も深めていた。
「クリフは仕事がすべての人だ。本当に多くのものを仕事に捧げている」
「すごく熱心で、良いプレーをしたときもしなかったときも指摘される。でも、裏表のない人だから常に信頼できるんだ」

Serving homeless children
ヘンダーソンは、もうホーネットではないかもしれないが Charlotteanのままでいるつもりだ。デューク大学を出て6年過ごした町はホームのように感じている。月曜日にはムーアズビル(シャーロットの北部)で2年目のチャリティ・ゴルフ・トーナメントを開催する。
今回のトーナメントも“A Child’s Place,” シャーロット地域の家のない子供たちの支援を目的とする。元NBA選手の父を持つヘンダーソンは、フィラデルフィア地域の裕福な家庭で育った。彼は、自分が持っていたさまざまな選択肢が、貧困のせいで自分の可能性を開花することが難しい子供たちの存在に気づかせたと言う。
「学業にしろ芸術にしろスポーツにしろ、子供たちはみんな才能を持っている。その才能を最大限に発揮することができないのは不公平だ」

現在、ポートランドで自分の才能を最大限に発揮するのは、ヘンダーソンの課題だ。彼はシャーロットで熟知というアドバンテージを持っていた。
今の彼は未知の要素に好奇心をそそられ、活力を得ている。ラマーカス・オルドリッジが再契約しなかったブレイザーズはロスターを解体し、5年1億2000万ドルで契約を延長したダミアン・リラード以外の4人のスターターはよそへ散っていった。
ヘンダーソンは、新しい先発シューティングガードの候補だろう。
「トレードはこのビジネスの一部だ」と、ヘンダーソンは結論した。 「ああだったら、こうだったら、と考えてもしょうがない。とにかく、また一からやり直すだけだ」

********
The second-annual Gerald Henderson charity golf tournament starts Monday at 10 a.m. at Trump National with a shotgun start. Twenty-three celebrities and 130 participants played in the initial event. Last summer the tournament raised over $70,000 for “A Child’s Place,” which aids homeless youths in the Charlotte area. Donations will be accepted at www.childrenfamily.org/donate


しばらく前から有料のオブザーバーだけど、ボーネルさんやスポーツ面の編集長さんのTwitterからリンクをたどればいくらでも記事が読めるという緩さでした。ところが、今日はそれが効かない!ボーネルさんのTwitterを経由しても拒否られた~。とうとうシカゴ・トリビューン並みの厳しさに・・・
この調子じゃ「閲覧履歴の削除」をしてもダメかな・・・うぅ、どうすりゃいいんだ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

ちらっと見たら、結構しますね!年$99.95ですか…ESPNくらいかと思ってました。
そもそも普通の地方紙だから仕方ないですけどね…。
フリーのスポーツ系ニュースサイトでMJネタが拾えるといいですね。

No title

とりあえず今日は閲覧履歴の削除&ボーネルさんのTwitter経由でいけました!
ずっとこれで大丈夫ならいいんですけど・・・。

そうなんですよ~けっこう高いんですよね。
シーズン中でも1日1記事かせいぜい2記事読むだけなんだから、読める記事数を制限してもっと安くしてくれたら考えなくもないんですけど。

No title

MKGは勝敗から見てもホーネッツにとって不可欠な選手です。
ビヨンボがいなくなったいま唯一のディフェンシブ選手として価値は非常に高いです。
願わくば今シーズンは平均得点15ぐらいいって怪我なく過ごし、なかなかお買い得だったねと言わせる契約にしてほしいものです。

No title

現地26日の記事を読んでも、GMもHCも「チームに欠かせない選手」と言っていますね!
確かに、ビヨンボがいなくなった今、MKGを失ったらディフェンスがガタガタですからね~。

今はまだオフェンス力に難があるので、高いと言えば高い契約かもしれませんけど、MKGを失うリスクを考えたら妥当な気がします。
「お買い得だったね」になるといいですね!(^_^)v
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード