NBAアフリカゲーム2015

バトゥムも出ているし、やっておこう。
・・・私は眠気に負けてあまり見ていないんですが。(^_^;)

初のアフリカゲームで新旧スターが共演 「忘れられない経験になった」
ISM 8月2日(日)15時0分配信

 NBAは現地1日、南アフリカ共和国のヨハネスブルクでアフリカ大陸初のNBAエキシビジョンゲームを開催。アフリカ出身の選手とアフリカにルーツを持つ選手からなるチーム・アフリカ、それ以外の国の選手からなるチーム・ワールドの対抗戦で行われた。

 NBA史上初の“アフリカゲーム”は、ティップオフ直後にカメルーン出身のルーク・バー・ア・ムーテがダンクシュートを披露し、チーム・アフリカが先制。前半はリラックスムードで進んだが、後半に入るとチーム・ワールドがギアを上げ、第4Qに14対0のランを見せて逆転に成功した。チーム・ワールドはそのまま逃げ切り、101対97でチーム・アフリカを制している。

 チーム・ワールドは、ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)が18得点、キャプテンを務めたクリス・ポール(クリッパーズ)は12得点をマーク。一方のチーム・アフリカは、ヤニス・アンテトクンポ(バックス)が22得点、チームキャプテンのルオル・デン(ヒート)は20得点を記録した。

 南スーダン出身のデンは「自分が子どもの頃はNBA選手に会う方法などなかったし、NBAを見ることもできなかった。アフリカでプレーをするチームの一員として戻ってくるなんて、本当に夢のようだ」とコメント。チーム・アフリカのボリス・ディーオウ(スパーズ)も「すばらしい経験をさせてもらった。この大陸を代表することをとても誇りに思う」と語っている。

 また、この試合の第2Qには、アフリカ出身のアキーム・オラジュワン氏とディケンベ・ムトンボ氏の両レジェンドが、現役当時のユニフォーム姿で飛び入り参加。52歳のオラジュワン氏が、その代名詞である“ドリームシェイク”を披露すると、現役のNBAスター選手もベンチから飛び上がって大喜びした。

 ポールは、「忘れられない経験になった。ドリーム(オラジュワン氏の愛称)にも言ったが、今の年齢であの動きができるということは、現役時代の彼は想像もできないよ」と脱帽していた。








Hornets.com
Team Africa : Luol Deng(Miami Heat; Great Britain; born in South Sudan), Al-Farouq Aminu (Portland Trail Blazers; U.S.; parents from Nigeria), Giannis Antetokounmpo (Milwaukee Bucks; Greece; parents from Nigeria), Bismack Biyombo (Toronto Raptors; Democratic Republic of the Congo), Boris Diaw (San Antonio Spurs; France; parent from Senegal), Gorgui Dieng (Minnesota Timberwolves; Senegal), Festus Ezeli (Golden State Warriors; Nigeria), Serge Ibaka (Oklahoma City Thunder; Congo)*, Luc Mbah a Moute (Sacramento Kings; Cameroon).

Team World : Chris Paul (Los Angeles Clippers; U.S.), Bradley Beal (Washington Wizards; U.S.), Kenneth Faried (Denver Nuggets; U.S.), Marc Gasol (Memphis Grizzlies; Spain), Pau Gasol(Chicago Bulls; Spain), Jeff Green (Memphis Grizzlies; U.S.), Marcus Smart(Boston Celtics; U.S.), Evan Turner (Boston Celtics; U.S.), Nikola Vucevic(Orlando Magic; Montenegro).

150801_nbaafrica_batum.jpg

「これは僕たちにとっても僕にとっても、とても大きなこと。僕はフランスで育ち、フランス代表チームでプレーするフランス人だが、父はカメルーン出身だ。僕はカメルーンにルーツがあり、親類もいる。今回は、人生で初めてカメルーンを付けたジャージでプレーする誇りを経験できる。僕の家族も僕自身もそれを誇りに思う。僕にとって特別なことだ」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドリームシェイクがまた見られるとは感激です。
スピードこそ遅くなっていますが右足から左足へ体重移動、それからのシュートは見事の一言ですね~
真似できそうなので、練習してみたいと思います。

No title

ムトンボ氏もオラジュワン氏も元気そうですね。何より両氏ともユニ姿がそんなに違和感ないのが凄い・・・。

たらればですが、あの悲しい事件、MJの野球挑戦がなかったら、、MJ vs オラジュワンのNBAファイナルが見れたかも・・・、妄想ですが^^

No title

◎ぞのさん
オラジュワン、まだけっこう動けてますよね~。
体が大きすぎるビッグマンは小柄な選手より足腰の老化が早そうだと思っていたのですが・・・
考えてみたら「ビッグマン・キャンプ」もやってましたっけ。
老人扱いして申し訳なかったです。(^_^;)


◎ともさん
本当に、2人ともけっこうユニフォーム姿がさまになっていますよね。^^

MJの野球挑戦がなかったら、ほぼ間違いなくMJ vs オラジュワンのファイナルが実現していたと信じています。
まあ、当時のブルズってロケッツが大の苦手だったんですけど・・・でも、だからこそ見てみたかったですね~。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード