9位指名はカミンスキー

Hornets.com



ヘゾニア5位、コーリー=ステイン6位、スタンリー・ジョンソンは8位(うちのワークアウトを断ったのはデトロイトから指名を確約されていたからですかね)で指名されているから、やっぱりカミンスキーか、と最初は思いました。でも、よく見たらもっと上位での指名が予想されていたデューク大のジャスティス・ウィンスロウをパスしたんですね。これは地元で不評でしょう・・・。チラッと見ただけですが、オブザーバーのソレンセンさん、「ウィンスロウが9位まで残っていたら神様からの贈り物だった。背が高くて、速くて、献身的で、ディフェンスが良くて、ドライブができて、外からも撃てて。文句のつけようがないドラフトになるはずだったのに、どーしてカミンスキーなんだ~~~~~~~~~~あのワクワクを返せ~~~~~~~~~ドラフト・パーティーに集まったファンだってショックを受けて悲しんで怒っていたぞ。カミンスキーは悪い選手じゃないが、ウィンスロウはすっごく良い選手になれる。ケンバとMKGとウィンスロウが一緒にプレーするところを想像してみてよ。NBAで勝つためには3人の中心選手が必要で、ホーネッツもついにそれに手が届くはずだったのに~~~~~想像するだけでうっとりだったのに~~~~~どうしてBig Tenのビッグマン(ゼラー、ボンレー)ばかり集めたがるんだか訳が分からん・・・カミンスキーはホーネッツのBig Tenのビッグマンの中では一番いい選手になると思う。でも、ウィンスロウじゃないんだ・・・ドラフトの夜の興奮はホーネッツの指名で一気に冷めた」(完全に意訳というか超訳)とか。

カミンスキー、可哀想くないか。

しかも、去年アーリーエントリーをせずに4年目も大学に残ることを決めたとき、「NBAにはホーネッツみたいに観客も少なくて退屈なチームもある。僕たちは毎試合1万7000人のホームの観客の前でプレーし、遠征に出れば敵地で満員の観衆を相手にプレーする。誰がそこから去りたい?」とブログに書いたことを蒸し返されています。(^_^;)
スローテンポで“アメリカで一番退屈なチーム”と言われているウィスコンシン大学なのに、ひとのチームのこと「退屈」とか言うかな、みたいに。 Charlotte Observer


いや、私は判断するほど知識がないので、カミンスキーの指名に不満とかではないんですけどね。

そして、本気で「誰?」と思った2巡目(39位)のアルゼンチンのSFのファン・ボーレットはネッツとトレードらしいですね。
しかし、NBA.com Japanの記述だと、「トレードにより、ボーレットの交渉権がネッツへ、ホーネッツの2018、2019年ドラフト2巡目指名権、金銭がネッツへ」って、ネッツがもらってばかり。(笑)


ドラフトの前に決まったトレード Hornets.com

グリズリーズ、ホーネッツからM.バーンズを獲得
ISM 6月26日(金)18時6分配信

 メンフィス・グリズリーズは現地25日、シャーロット・ホーネッツからトレードでフォワードのマット・バーンズを獲得。見返りとしてガードのルーク・リドナーを放出した。
 35歳のバーンズは2014-15シーズン、ロサンゼルス・クリッパーズで自己最高の1試合平均29.9分間に出場。10.1得点、4.0リバウンドを記録し、スリーポイントシュート成功率は36.2%をマークした。
 12年のキャリアでゴールデンステイト・ウォリアーズ、ロサンゼルス・レイカーズなども渡り歩いている同選手は、先週にクリッパーズからスペンサー・ホーズとともにホーネッツへ移籍したばかりだった。

 一方、ホーネッツは獲得したリドナーを、2016年の条件付きドラフト2巡目指名権とともにオクラホマシティ・サンダーに放出。見返りとしてガードのジェレミー・ラムをチームに加えている。
 サンダーに渡ったリドナーは2014-15シーズン、オーランド・マジックで1試合平均4.0得点、2.0アシストの成績。ホーネッツに移籍したラムはサンダーで47試合に出場し、6.3得点、2.3リバウンドをマークした。
 2014-15シーズンのスリーポイントシュート成功率がリーグワーストに終わったホーネッツは、ポートランド・トレイルブレイザーズからニコラス・バトゥームも獲得するなど、このオフは積極的に動いている。ラムについては「質の高いウィングプレーヤー」と評価している。




ドラフト・パーティーで "PRIDE"ユニフォームお披露目。 Hornets.com  Charlotte Observer



モデルはMKG。
150625_draft-party_10.jpg


以上、とりあえず。
これで今日の動きは落としてないかな? ボーネルさんも忙しかっただろうなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

カミンスキー大人気でしたよ

Draft見てきました。
私も「え。Winslowじゃないの?」と思いましたが、よく考えたらショット改善前のMKGをまた指名するようなもんかなと…。
それにKaminsky指名の瞬間は1~3位指名の時よりも盛り上がってたんじゃないかというくらいの大歓声で、とても人気がありそうな感じでしたよ!
指名後のインタビューでも、ジャケットの裏に戦車のアップリケを縫い付けてきて笑いをとってました。

No title

記事中ソレンセンさんの意訳の部分を見て毎度毎度のホーネッツの下手さに腹が立ちそうになりましたが、バトゥム獲っちゃいまし彼のほうがプロとして戦力として現時点で当然ながら数段上なので、そこはGMの言葉通りニーズを優先したんだなと思いました。
カミンスキーはオフェンスは一人でも作り出せそうな感じですしスリーがありますんで、今季困っていたケンバがドライブするためのスペースをつくれそうです。パスも巧くてそれこそマクロバーツ的な役割を期待されていると思います、ジョーダンも惚れ込んだということですし。ホーズにカミンスキーにと4・5番で多彩にプレーできるストレッチの選手が補強できたということでニーズは確実に埋めてきているなあと感じました。フロントラインはだいぶ頼もしくなってるのではないでしょうか。

No title

ラムはサンダーでは不遇でしたが、注目していた選手です。
ケンバとのコンビ復活で、自身もNBAに居場所を作ってもらいたいと思います。

決まったからにはカミンスキーには頑張ってもらいましょう(^w^)

モーさんがキャブスに行きそうだからPGの控えが少し不安ですね

PRIDEユニフォームって何なのかな?

No title

◎BrookLopezを彫った人さん
現場の雰囲気をありがとうございます。
カミンスキーは人気があるんですね、うれしいです。<すでにうちの子意識。(笑)
ジャケットの裏のアレは戦車なんですか~何だろうと思ってました。(^_^;)
性格も良さそうだし、シニアで落ち着きもありそうだし、だんだん好きになりそうです。

◎ビッグアル推進委員会さん
確かに、バトゥムをベンチに置いてウィンスロウ(と、ソレンセンさん)はないですよね。それに、良く考えたら上位チームがウィンスロウをパスした理由もあるわけでしょうし…。
マクロバーツの重要性を再認識させられた感のある昨シーズンでしたから、マクロバーツ的なPFが欲しいのもよく分かります。ディフェンスが少し懸念ですが、アルが完全復活したら、オフェンスはスムースになりそうですね~。

◎ぞのさん
ドラフト時はもっと期待されていましたよね、ラム。
サンダーでここまで不遇をかこっていたとは知りませんでしたが、今回のトレードが良いきっかけになってくれること願っています。

◎Beeさん
私ももうショック状態から抜け出したので(笑)、カミンスキー歓迎です。(^_^;)
次はBizの処遇とPG探しですね。

ユニフォームの記事はまだ読んでいないんですけど、来シーズン6試合で着用するみたいですね。チラ読みした感じでは、BUZZ CITYはファンが好んでいる呼称だし、黒はクラス感があって力強い、と。私は相変わらず半袖はバスケっぽくないと思ってしまいますが。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード