DPOYの投票結果

K・レナードが2014-15シーズン最優秀守備選手賞に輝く
NBA.com Japan
スパーズの選手で同賞を受賞したのは、デイビッド・ロビンソン以来初

 現地23日、NBAは2014-15シーズンの最優秀守備選手賞を発表、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードが受賞した。
 レナードは、投票権を持つ130名の記者による投票で合計333ポイントを獲得。次点はゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーン(317ポイント)、次いでロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダン(261ポイント)だった。
 レナードは今季自己最高の1試合平均2.31スティールを記録したほか、ディフェンシブリバウンドでも平均5.9という数字を残し、スパーズは20シーズン連続で平均失点を100未満に抑えた(97.0)。NBA.com/stats によれば、今季のスパーズは、100回のボールポゼッションでの平均失点を示すディフェンス率で3位(99.6)につけている。レナードがコートに出ていた間は、100回のポゼッションで97.1失点という数字が出ていることからも、守備への貢献度が大きいことがわかる。なお、レナード不在の場合は、100回のポゼッションで102.2失点だった。
 スタッツを記録し始めた42年前以降、フォワードの選手がスティールで年間最高の数字を残したのはレナードが史上6人目。スパーズの選手で同賞を受賞したのは、1991-92シーズンのデビッド・ロビンソン以来初めてとなる。



■2014-15 NBA最優秀守備選手賞 投票結果 NBA.com
14-15DPOY.jpg


MKGが2位票2票、3位票3票で9位に入ってる

レナードは、ドワイト・ハワード(23歳)、アルビン・ロバートソン(23歳)に次ぐ史上3番目に若い受賞で、キャリアの中でファイナルMVPとDPOYを両方受賞したのもマイケル・ジョーダンとアキーム・オラジュワンに並ぶ3人目だとか。

てゆーか、シーズンMVPと得点王とDPOYを同時に取っちゃう人(MJ)って、冷静に考えたら異常だよね。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード