チョーGMの会見

やはりオブザーバーのまとめ記事からざっと。
Charlotte Hornets GM Rich Cho: Lance Stephenson knows he had a bad year

20分の記者会見でランス・スティーブンソンとの契約は誤りだったと思うかどうか尋ねられ、
「我々が期待したような結果にはならなかった。私は過去に目を向けたくない、前を見たい。ランスはこのオフに一生懸命やるだろうし、来年はもっと良いシーズンを過ごすと思う」
木曜日に選手一人ひとりと面談したチョーGM。
「昨日ランスにも言ったように、良くやったとは思っていない。2013-14シーズンは35パーセントだった3が今年は17パーセントだ。そこを立て直さなくてはいけない」
「本人も悪いシーズンだったことを自覚している。この夏はもっと上達することに力を注ぐと思う」

33勝49敗という成績は落胆で、前シーズンからの後退というクリフォードHCの意見に同意。
「怪我の多い、普通ではないシーズンだった」
「それを言い訳にしたくないが、主力を失うと、全員がリズムを得るのも難しくなる。ケンバとアルを2ヶ月半も失い、MKGも何試合も欠場した。彼は我々のチームにとって重要なピースだ」

<ジェファーソンについて>
「アルはコンディショニングと減量から始めると思う。昨日そう言っていた。夏の間20~25ポンドの減量に取り組む。彼は我々のシーズンについて、チームとしても個人としても本当に失望していた」

<キッド=ギルクリストについて>
「おそらく我々の most improved playerだろう。彼がプレーした試合はほぼ5割勝って欠場した試合は6勝21敗だったと思う」

<どんなツールでロスターを改善すべきか>
「我々にはドラフト指名権があるし、厄介な契約はない。将来に向けて良いポジションにあると思う。・・・今年の夏ではなく来年の夏だが、大きなキャップの余裕がある」

<指名権のトレードを考慮するかどうか>
「チームを改善するために考え得るあらゆる機会を考慮するつもりだ。だから、それも想定外とは言わない」

<プアなシューティングについて>
「昨日ケンバに、ミッドレンジ・ショットと共に3Pのシューティングも上達しなければならない、と話した。MKGもきっとコーナーの3を開拓できるだろう。あと、ランスもシューティングを改善しなければならない」

<P.J. ヘアストンについて>
「かなりアップ&ダウンがあった。プレーもショットも好調かと思えば、同じようにできなかったときもある。このリーグで優れた選手になるのに重要なのは一貫性だ。本人もそれは分かっている。昨日はそういう話をした」

<ノア・ボンレーについて>
「シーズン終盤に出場時間をもらってから、なかなか良かったと思う。特にリバウンドは、36分ごとに12リバウンドという数字だ。ノアは明るい未来を手にしたと思う」

<クリフォードHCとの仕事上での関係について>
「コーチとは良い関係にあると思っている。シーズン初めに、我々は同じページにいなければいけないと言ったが、我々は同じページにいると思う。必ずしも同じセンテンスにいる必要はないが、同じページにはいなければならない」

<自由契約やミッドレベル・エクセプションでの可能性>
「良い選手を獲得できるだろう。我々はプロのスカウティングを重ねて備えてきた。このチームにとって良い選手を得られると思う」

<ビスマック・ビヨンボについて>
「Bizは間違いなく成長したが、少しアップ&ダウンがあった。怪我をする前のように、本当に良かった期間があり、その後、怪我をして後退してしまった期間もある」

<ロスター改善へのアプローチについて>
「長期と短期に目配りし、厄介な契約をたくさん背負って身動きできない状態に陥らないよう確認しなければいけない」

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード