【78】vs.ラプターズ

◆74-92 (boxscore) 33勝45敗(HOME: 19-21, ROAD: 14-24)

ラプターズがホーネッツを寄せ付けず快勝
NBA.com Japan NBA.com Japan
ホーネッツは東8位のセルティックスと3ゲーム差に後退

 現地8日に行なわれたトロント・ラプターズ対シャーロット・ホーネッツの一戦は、第2クォーターから試合をコントロールしたラプターズが、最大29点(74-45)にリードを広げ、92-74で快勝した。
 ラプターズ(46勝32敗)は、デマー・デローザンが18得点、7アシスト、グレイビス・バスケスとルー・ウィリアムズがそれぞれ16得点、タイラー・ハンズブローが12得点、12リバウンドで勝利に貢献。
 敗れたホーネッツ(33勝45敗)は、ケンバ・ウォーカーが15得点、モー・ウィリアムズが10得点を記録。イースタン・カンファレンス11位のホーネッツは、同率で同7位に並ぶボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツと3ゲーム差に後退した。


相性の良さも通用せず。(^_^;)
ラプターズがシャーロットで勝ったのは2010年3月以来だそうですが。

で、とうとうクリフォードHCも残り4試合は「若手を使う」と。
ランスもヒート戦でつま先の負傷を悪化させて当分欠場することになり、今後はヘアストンとボンレーを長くプレーさせて、たぶんモーの出場時間は減らすが、ケンバは故障前の調子を取り戻すためにも使い続けたい、と。

ケンバ:「僕は今でもチームメイトの助けになれることをしたい。自分はかなり体調が良いんだ。だから、(コンディショニングを)良いプレーができない言い訳にしたくない。普段なら決めるショットを決めていないだけだ」
皆、疲れ切っているか、という問いには、「この時期にそうじゃない奴なんている? 僕らは何十試合とプレーしてきたし、怪我人が多かったせいで出場時間が増えたメンバーもいる。誰かが健康になったら、別の誰かが故障したり。でも、他の選手がステップアップしたよ」  Charlotte Observer


さてと、これからはし烈な7位&8位争いをのんびり見物させていただきますか・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HOOP5月号の選手名鑑を見ていて気づいたのが、新人で入った選手のほとんどがジョーダンブランドのシューズを履いているということです。
当然と言えば当然なのですが、その中でケンバだけアンダーアーマーを履いています。プロ契約の直前に、アンダーアーマーから話があったのかなと推測しています。

No title

そうなんですよ、最近のドラフトで入った選手はほとんどジョーダン・ファミリーなのに、肝心のケンバだけアンダーアーマーに取られてるんですよね。
アンダーアーマーが早めに好条件を提示したんでしょうね~。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード