つづり間違い

政治コンサルタントで2011年までオバマ大統領の上級顧問を務めたデイビッド・アクセルロッド 現シカゴ大学政治学研究所所長のオフィスは、ちょっとした博物館のようだ。2000年の大統領選挙にフロリダ州で使われた投票箱、JFKのサインが入ったナプキン、アブラハム・リンカーンからシカゴ市長の息子へ宛てた手紙、そして、マイケル・ジョーダンのサイン入りポスターもある。
「これはね、大統領が50歳になったとき、彼のために何か特別なものを手に入れたくて、ジョーダンにこのポスターを送ってサインをもらいたいと頼んだんだ」
ジョーダンは “To Barrack: you still owe me dinner. Wishing you well, Michael Jordan.”と黒いペンで書きこんだ。
「それを大統領にプレゼントしたら、『これは飾れないよ、彼は名前のつづりを間違えている!』と言うから、『いいよ、私がもらっておこう』というわけさ」

月曜日にノースカロライナ州のスポーツ・トーク番組に電話出演して故ディーン・スミスについて語ったオバマ大統領は、ジョーダンのつづり間違いについても尋ねられた。
「マイケルは私にとっても特別な人だ。彼がシカゴにもたらした歓喜。早い時期からの支持者でもある。彼が政治献金を公的に認めた最初の相手が私ではないかと思う。誰かが彼に正しいつづりを教えなかったのは確かだが、決して消え去ることのない6度の優勝の思い出を残してくれたことに免じて許してあげるよ」
It’s B-a-r-a-c-k: Jordan misspells name on poster for Obama’s 50th birthda (Charlotte Observer)
情報元の記事はこちら:New York Magazine

最近のMJネタの1つでした。

そういえば、ホーネッツからオールスター・ウィークエンドに参加したのはコーディだけでなく、デル・カリーもですね。で、Hornets.comのコーディ密着レポを見ていると、本当にいろいろ行事があって、オールスターに選ばれるとちっとも休めないんだな~と思う。コーディ、残り30試合で怪我しないでね。(^_^;)


あとついでに、マグジー・ボーグスの50歳の誕生日パーティーがサプライズの再婚式でもあったというバレンタインデーの記事:A Valentine’s Day story from ex-Hornet Muggsy Bogues (Charlotte Observer)



1984年に出会って89年に結婚し、娘と息子を授かったものの、「NBAのライフスタイルのせいで」97年に離婚した前夫人と再婚したのだそうです。2人が別れたあと、マグジーは婚約まで考えた女性を2009年にがんで失ってうちひしがれ、一緒に暮らしていた息子の面倒を見る気力もなくなって、見かねた前夫人がシャーロットへ来て支えてくれたのだそう。パーティーのゲストには、ジョージ・シン(旧ホーネッツのオーナー)夫妻や、ワシントン・ブレッツでチームメイトだったモーゼス・マローンもいたとか。




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード