手術後のケンバ

クリーブランドで惨敗したあと、自分がひざの痛みを抱えたままプレーし続けることがチームのためになっているのかどうか考え始め、むしろ害になっているという結論に至り、手術を決断したそうです。

Charlotte Observer
「マイアミ戦とクリーブランド戦を痛みがあるままプレーした。クリーブランドではいつもの自分じゃなく、できないことがあった。自分はチームメイトの害になっている気がしたよ。本当に、何の助けにもならなかったし。だから、(手術は)自分がするべき選択だったし、自分のために良い選択だったと思う」

手術から9日たった金曜日、ウォーカーは目立って足を引きずることもなくタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナを歩き回っていた。すでにステーショナリー・バイクでトレーニングも始めている。
彼は少なくともあと5週間、15試合欠場する。ウォーカーが怪我で手術を受けたのは初めてのことで、NBA入りしてから最初の2シーズンは1試合も休んでいない。昨シーズンは捻挫や鼠径部の怪我で9試合欠場した。
彼は、復帰を急いだり、再び怪我をする危険は冒さないと断言している。
「今はゆっくりやっているよ。復帰するときは100パーセントでありたい。2日前から自転車をこぎ始めたんだ。時間がたてばもっともっとやれる」

木曜日のウィザーズ戦は私服でベンチにいた。試合に出ていないのにベンチにいるのは少し変な気分だったが、自分がいなくても6勝1敗という成績は観戦を楽にしてくれる。
「見ているのは楽しみだったり、『あ~自分もプレーしたかった』と思ったり、その時々だね。僕らが勝ち続けている限り、僕は不平を言えない。だから、僕がベンチでポジティブに、そしてエキサイトし続けていられるかは皆次第なんだよ」

自分の怪我が長引いたとき、チームのそばにいないことを好む選手もいるが、ウォーカーは正反対だ。
「僕はチームメイトから見えないところにいたくない。自分がプレーしていようがいまいが、僕は彼らをサポートしなきゃいけないんだ。ブライアン(ロバーツ)やMKGや若いやつらのそばにいなくちゃ。一緒にコートにいなくても助けになることはできるからね」

ホーネッツは今シーズン、アル・ジェファーソンやランス・スティーブンソン、ウォーカーの怪我を手堅く乗り越えてきた。 ウォーカーは、それがすべての良いチームが必要とする弾力性を示していると言う。
「僕たちはお互いを信頼している。ブライアンはきちんと準備ができていた。MKGは今絶好調だし、昨日のジェラルドは素晴らしかった。アルはリーダーとして、やるべきことをやっている。今の僕らは、誰か一人が倒れても他の誰かがステップアップしている」


あと、ホーネッツ好きならマキシールが好きであるべき、スポーツをリスペクトする人はマキシールをリスペクトすべき、と言うソレンセンさんの記事、ほんの一部抜粋で。
Charlotte Observer

・32歳で10年目のマキシールは、7月にオーランドを解雇され、シーズン開幕1ヶ月前にホーネッツと契約した。
クリフォードHC:「彼はタフで、頭が良くて、経験豊富だ。ワシントンを見ても、ウォールやビールは確かに成長したが、その一因は若手ばかりとプレーする代わりに経験を積んだベテランとプレーしているところにある。フロアで誰と一緒にプレーするかは大きな違いを生む」
それで、ホーネッツの若い選手たちは最年長のマキシールから何を得ているか?
良い例:アル・ジェファーソンが怪我から復帰したとき、クリフォードHCはマキシールにベンチから起用する5番目の選手になることを告げた。それはつまり、ほぼ出番がないことを意味する。(クリフォードHCは、選手が自分のリズムをつかむためにはある程度のプレイタイムが必要だと考え、9人のローテーションを好む)
マキシールの答えは、「では、練習でもっと助けになれるようにする」だった。
マキシールについてMKGに尋ねると、にっこり笑って、彼から学ぶことはたくさんある、そして、マキシールの値打ちを測りたかったらスタッツではなく本人を見なくてはいけない、と答えた。
木曜日はスタッツでもマキシールの値打ちは測れたが。(20分で7ブロック、8リバウンド、わずか4FGで11得点)

・試合後、マキシールに自分の役割を尋ねると、
「選手をムチ打つメンター」と言う。
そばにいたヘンダーソンが、「いためつける」と付け加えた。
マキシール:「心配無用だよ、みんな大人だからね」

・キャリアハイの7ブロック(過去最高は6ブロック)だったことに気づいていたかどうか。
「全然。スタッツシートを見て初めて知った。試合中はディフェンスで頑張って敵をストップすることしか考えていないから」

・ジェファーソンとゼラーとビヨンボのバックアップとして平均14.4分、3.6得点、2.8リバウンド、0.8ブロック。
「考えていたより100倍もプレイタイムをもらっている」



コメントの投稿

非公開コメント

ケンバウォーカーの半月板手術はどういった内容だったんでしょうか〜?
5週間欠場だと切除してしまったかんじですかね〜?

No title

そう言えば、私が読んだ記事では「手術が成功」というだけで、どういう手術だったか書いてありませんでした。
答えられなくてスミマセン。(^_^;)

ブランドンロイと同じケガなんですよね,
早く復帰できるやりかたは確実に選手としての寿命を縮めることになります,
今シーズンは全休してほしかったな,とも思うんですがチームのためなんでしょうね〜,
男気みたいなものをかんじます;∀;

No title

ケンバはまだ先が長いので本人のキャリアを最優先にしてほしいですね。
まあ、最低6週間(あと5週間)ということなので、もっと長引く可能性もあるでしょうし、
それはしょうがないと覚悟しています。
そして、しっかり元に戻れるように願っています。(-人-)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード