少なくとも4週間

MRI検査の結果、アル・ジェファーソンは左鼠径部の内転筋損傷で、少なくとも4週間欠場とのこと。
Hornets.com  Charlotte Observer

何試合か欠場は免れないだろうと思っていたけど、少なくとも4週間=13試合・・・
ランスの復帰もまだ先の話のようで、今シーズンはもうプレイオフは厳しそうですね。(T_T)

ジェファーソンの代わりのスターターはBizで、センターの控えにはマキシールとコーディ。
もちろんコーディはPFのスターターですが、ビッグマンが手薄になったため、MKGをPFでも起用するだけでなく、ボンレーをDリーグから呼び戻すそうです。コーチによれば、さっそくヒューストンで合流してプレーするのも可能とのこと。

*********

2014年はこんな残念な知らせで終わってしまいましたが、皆さま、今年も一年ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

それでは、また来年(明日)!(ё。ё)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

せっかくDリーグで経験積ませられると思ってたので、呼び戻して使われないパターンは嫌だなぁ(^-^;)

来年もよろしくお願いします_(._.)_(また明日www)

No title

うーん結局今シーズンもドラフトと若手の成長を楽しみに過ごすことになってしまいそうですね(^_^;)
ボンレーくんはDリーグでもまだまだな感じなので呼び戻さずに試合経験積ませたほうがいいんじゃないかなと思いますね。

今年一年ほんとにお世話になりました。
来年も引き続きよろしくお願いしますm(__)m

No title

シーズン序盤これほどまでボロボロで、ここからまたチームの核が抜けるとなれば、もう・・・。
MKGはようやくって感じですが、その他ドラフト指名してきたのはほとんど外れ・・・。外れというか育てきれてないのか、よくわかりませんけど、今回召集し戻したボンレーも中途半端な状況で使って悪い印象が残って、結果、「外れ」ということにされないように大事に育てて欲しいです。使うならもう思い切って使い切ってほしいです。
それでダメならスカウトから育成システムから根本的にダメなんでしょうし、もうこのほぼ毎シーズン若手の育成や来季のドラフト期待する流ればっかりはいい加減断ち切ってほしいですね。怪我は仕方がないですけども。

この窮地にランスが覚醒することを期待してます。
記事更新楽しみにしてました。ありがとうございました。

No title

◎蜂の子さん
せっかく呼び戻すのだから今までよりは起用されるでしょうけど、Dリーグほど出場時間はもらえませんよねぇ。
と言うか、20日の試合では10分でFG1-10, 2pts, 6reb, 4ファウルとDリーグでもまだ厳しいスタッツですし。

NBAファン的には元旦も普通に観戦ですから、明日もブログは平常運転します。/(^-^)


◎futakotoさん
今季いっきに上位シードは期待していなかったつもりですけど、プレイオフは確実だと思ってました・・・
まあ、ドラフトと若手の成長を楽しみに、というのは慣れたことですけど。(^_^;)

ボンレーはDリーグでもまだまだなんですねぇ。初戦は、いきなりのわりにけっこうやれたと思っていたのですが。
緊急事態とは言え、ホーネッツに呼び戻してもガベージタイム要員のままなら、Dリーグに置いた方がいいような気がしますよね。


◎ビッグアル推進委員会さん
>使うならもう思い切って使い切ってほしいです。

確かに、中途半端な使い方をするくらいなら呼び戻さない方がいいんじゃないかと私も思います。
こんなチーム状況ですから、ひょっとしたら徐々に意味のある時間帯でプレーさせるのかもしれませんけど。

4連勝のときにはこんな現状を想像していませんでしたが、こうなったらやはりランスは貴重な戦力ですし、早く完調に戻って欲しいです。チームの苦境にランスが覚醒してくれたら、アルの怪我も「災い転じて福」になるかもしれませんね。


皆さん、こちらこそいつもコメントありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。<(_ _)>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード