ランスのトレードに関して

その前に、コーディ・ゼラーはやはり鼻骨が折れていて、明日のサンズ戦はquestionableだそうです・・・。

んで、今日の本題。
・トレードの打診にいくらか関心を示したのはペイサーズとネッツ。
・ランスの契約期間が短いのは取引において有利な材料。一方で、奇矯な振る舞いの評判と今シーズンはさっぱりなことが知れ渡っているのはマイナス要因。
・だから自分たちに主導権があると自信を持つペイサーズは1巡目指名権を要求。
・今のところホーネッツは1巡目指名権を付けるつもりはない。
・ネッツとの取引の場合、ホーネッツはジョー・ジョンソンやブルック・ロペスという高額契約選手の受け入れも考慮する用意がある。ただし、デロン・ウィリアムズは契約期間が2人より1年長いこと&ケンバ・ウォーカーがいるので必要ない。
・ホーネッツがランスのトレードを画策する主な理由はケンバと共存できないため。2人とも効果的であるためにはボールを必要とする。ランスはケンバのペネトレーションのためにスペースを空けてやれるスポットアップ・シューターでもない。
・理想的には、ホーネッツは代償として3Pシューターと、できればベテランのパワーフォワードを補強したい。
Charlotte Observer  Yahoo Sports

まあ、ざっとはこんなところですかね。
で、ファウラーさんの長いコラムも一応。

ランス・スティーブンソンの実験をやめる時間だ。
スティーブンソンが加入後のホーネッツの惨状はNBA中に知れ渡っているから、トレードするのは簡単ではない。しかし、そうする必要がある。
ホーネッツはランスに賭け、失敗した。
彼をトレードしてくれ。

シャーロットはスティーブンソンがコートにいない時の方が良いチームだ。
オフェンスの主な問題は、スティーブンソンがリズムに乗るためにはボールを(とても)必要とすることだ。しかし、ケンバ・ウォーカーも活躍するにはボールを必要とする「スコアリング志向」のポイントガードで、アル・ジェファーソンもローポストでボールを必要とする。ボールは1つしかない。そして、ボールを持っていないスティーブンソンはいくらか迷って見える。
リーグ関係者はホーネッツが活発にスティーブンソンをショッピングしていると言う。最も見込みが高い取引先はインディアナとブルックリンだが、何も差し迫っていない。シャーロットの立場は弱く、交渉はしばらく停滞するかもしれない。

スティーブンソン個人のスタッツからは、実験がどれくらいひどく進行したか分からない。3Pはひどい(8/48で16.7パーセント)が、平均10.4得点、7.2リバウンド、5アシストはなかなかの数字だ。
しかし、重要なのはホーネッツの成績である。昨シーズン43勝39敗でプレイオフに進出した彼らは、5割をはるかに下回り、再び勝ち越す方法を見出せたら奇跡的だ。

スティーブンソンがゲームにいると、やりにくそうに見える。シューターとしてフロアを広げることができないから、ジェファーソンはダブルチームされる。ホーネッツには一貫して3Pの脅威となれる選手がいない(マービン・ウィリアムズはもっと助けになると思われた)。
クリフォードHCはしばしば、スティーブンソンを第4Q丸々ベンチに置き、ブライアン・ロバーツやゲイリー・ニールといった、より良いシューターを起用する。誰でも想像できるように、スティーブンソンは気に入らないだろう。

7月にホーネッツがスティーブンソンと契約する前、私は獲得に反対するコラムを書いた。
しかし、ホーネッツはスティーブンソンと3年2740万ドルの契約を結んだ。3年めはクラブのオプションなので、スティーブンソンの契約はいくらか取引しやすい。
しかし、ホーネッツはお返しに他の誰かのひどい契約を引き受け、おそらく将来の1巡目指名権も添えなければならなそうだ。彼らは「どんな代償を払っても取引をまとめる」モードであってはいけないし、スティーブンソンを無条件でリリースすべきでもない。しかし、彼らはこれが混乱であることを認める必要があり、そのもつれを解くには若干の痛みが必要になりそうだ。

私は、「だから言っただろう」と言うつもりはない。自分の意見が正しいとずっと確信していたわけではないので。スティーブンソンがダブルオーバータイムでアトランタを破るブザービーター3ポイントを決めたときは確かにそうではなかった。
しかし、そのラッキーショットは繰り返されなかった。何度も繰り返されたのは、敗北と、スティーブンソンがフロアにいると無秩序に見えるホーネッツだった。

それがすべてスティーブンソンのせいというわけではない。とんでもない。ジョシュ・マクロバーツを失ったのは、ホーネッツにとってまだ癒せない大きな痛手だ。スティーブンソンとウィリアムズは、昨シーズンのマクロバーツほどポジティブなインパクトをもたらしていない。
一部の人々が「早すぎる。シーズンはまだ三分の一も消化していない。時間を与えよう」と言うのは分かる。
たぶん、この関係は時間と共に良くなるかもしれない。しかし、私はそう見ない。むしろ、スティーブンソンがもう一人のタイラス・トーマスあるいはアダム・モリソンになるように思える。「当時は良い考えに思えた」が、チームの成績に貢献せぬままベンチの隅に埋もれる選手に。

違いは、スティーブンソンはモリソンより優秀で、トーマスのような厄介な契約もないことだ。だから、トリプル・ダブルでNBAをリードした昨シーズンのインディアナのように、スティーブンソンはどこか他のチームで再びうまくやることもできる。
しかし、シャーロットとスティーブンソンの相性は合わない。
ケミストリーを働かせるためには、スティーブンソンに新しいチームメイトと新しいコーチが必要だろう。そして、我々はマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントについて話しているわけではないのだ。スティーブンソンは、本人のニーズを満たすためにフランチャイズを丸ごと再構築するほど傑出した選手ではない。
いずれ出て行かざるを得なくなりそうなのなら、早い方がいい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても厳しく酷い言われようですね。
1人の記者がこうなんですから、あちらではもうこういった情報でいっぱいなんでしょう。一昨年のPOでの開花から去年途中までの勢いある中では「報道は気にしない」でも良かったかもしれませんが、パフォーマンスは発揮できないしチームも泥沼な状況だと本人もさすがに苦しいのではないでしょうか。

個人的には勝気なランスがどちらかというと“良い人”軍団を上のレベルに引き上げてくれると期待していただけにちょっと残念です。
というかウィリアムスが本当に中途半端すぎて嫌いな選手だったんですよね。インサイドに強いわけでもなくかといってストレッチ4として外に脅威があるわけでもなく、“入る”というよりは“打てる”レベルのシュートしかない彼がスタートの4番っていうのが一番痛かったりするのでは・・・?と。

No title

ランスが安定したシューターじゃない以上今のチームに居場所は無いのかなあと思いますね。
将来の資産を犠牲にしないでトレード組めるなら今動くのも有りでしょう。
どうせいなくなるなら愛着が沸く前にと思ってしまいます(^_^;)

昨日のシンゴさんのコメントを借りて申し訳ないですが
ランスは2~3年時間が掛かるプレイヤーみたいで
3年契約のランスは一番いい状態で移籍出来ますが
ケンバと違いホーネッツを優先して残留してくれそうもなく
それでもチームとしては2年我慢する必要が有るのかと問われますね
その上まきさんの心配されてるアルジェが呆れて移籍するのが一番手痛いので
ランスのトレードやむを得ないと言う自体に成ってきてるんでしょうね

個人的には1巡目指名権だけは出して欲しくないですね

クリッパーズファンです。ただ東ではホーネッツを応援してるので、よく試合みてます。ウイングにシューターがいないのが弱点に思います。うちは真逆です。シューターばかりで、運動能力、サイズが劣ります。優勝どころか、下手したらロッタリーもあり得る状況で、ウイングを何としても補強しなければならないのです。

MKGは無理でしょうが、ランスを出すと仮定した場合、クロフォードorレディック+1くらいのトレードはホーネッツファンの方にはどう写るんでしょう?

>gocpgoさん
MKGが入るとディフェンスが締まるみたいで大量失点しにくくなるので放出の可能性は低いと思います
特に今シーズンディフェンスがボロボロですし(^-^;)
ランスの時間もMKGに振り分けてるみたいだし期待されてますね
なにせMKGは真面目に練習に参加するし ボランティアなどに積極的で人間性も良く手離すには惜しい選手です(^w^)
ヘアストンとテイラーと言う爆弾が居ますので人間性も大切なんだと再認識しましたwww

マイアミを絡めてマクロバーツを取り返しつつうまくやれないだろうか‥,
インディアナにはランスとグレンジャーが戻るようにしてあげれば泣いてよろこぶんじゃないですかね;∀;

No title

もうマクロバーツは全休ものの怪我しちゃったみたいなんで・・・来季や数年後見越すなら別ですがチームは今勝ちたいという姿勢でしょうし。

怪我やチームのシステムに合うかどうかなんて予測できませんから難しいですね。
これでトレードでランスを出して吹っ切れたように大活躍、なんてゼロではないでしょうし、獲得したこちらの選手が怪我や不調に陥ったりしないとも限らないし。

ただ、そろそろ勝たないとさすがのイーストでも厳しくないですかね。サンダーみたいに西であろうともエース復帰後7連勝して一気に8位目前までもってこれるならまだしも。

No title

◎ビッグアル推進委員会さん
このレベルのアスリートの精神力はヘタレな私には計り知れないものでしょうけど、
それでもやっぱり人間ですから、苦しい思いはしていそうですよね。

私も「優等生揃い」のチームを良い意味で刺激してくれるんじゃないかと期待する面もありました。
しかし、危惧されていた「振る舞い」ではなく、プレーの精彩のなさが問題になるとは・・・。
マービンは確かに中途半端ですね。(^_^;)
まあ、もともとSFなので、あんなものかとも思っています。


◎futakotoさん
ケンバとジェファーソンが中心のチームである限り必要な程のシュート力がなかったんですね・・・。
私はすでに若干愛着がわいているんですが(^_^;)
言われてみれば、早いうちに出した方が本人のためでもあるかと思い始めました。
とにかく1巡目指名権や若手を犠牲にしないでほしいですよね。


◎蜂の子さん
3年たって一番いいところでどこへでも行ってしまう可能性があるわけですよね~。
そうなると、ここで我慢した甲斐がなかったということになってしまうし
先のことまで考えると、早めに手を打た方がいいという考えでしょうか。

まあ、ジェファーソンをキープできても、彼中心でどこまで行けるか、という疑問はありますけどねぇ。
そういうことを考えても、とにかく先々のために1巡目指名権や若手はキープして欲しいです。


◎gocpgoさん
蜂の子さんと同じで、私もMKGを出すことはないと思います。
MKGにはシュート力がありませんし、ウィングは余っていますけど
それでも、ディフェンス面で彼の代わりになる選手がいませんから。

ホーネッツが見返りに求めるのは3PシューターとPFということで、
クロフォードorレディック+1なら合致するのではないかと思いますけど・・・
私はバスケはド素人ですから。(^_^;)


◎ ('-'*)さん
ホント、マクロバーツを絡めたトレードで取り戻せたら良かったんですけどねぇぇ。(T_T)


◎ビッグアル推進委員会さん
>これでトレードでランスを出して吹っ切れたように大活躍

周りのメンバーやシステムが合えば十分にあり得ますよね。
もう、この際それも仕方ないと思って諦めます。

それと、確かにそろそろ手遅れになりそうな時期だと思うので、何か動きが必要なのかもしれません。
サンダーの場合は別格のエース二人ですからね~。
ホーネッツはとてもじゃないけど真似ができません。

ついでに、97-98のブルズもピペン欠場中は「沈みゆく船」みたいに言われていたことを思い出しました。


***********************

こうやって書いていて、
もうトレードの諦めはつきつつあるものの、まだ、ランスで何とかならないものかと思う気持ちが残っていることに気がつきました・・・。

皆さんこんばんわ☆

この記事、納得できるような・できないような感じです(^。^;)


ケンバ、ランスにボールが必要なら、ランスの役割?ポジションの取り方?を変えてあげればいぃ!

ヒートのウェイドもボールが必要な選手だったみたいですけど、レブロンが来てからウェイドの役割?ポジションの取り方?が変わったらしいです☆

ランスも正PGはケンバって解ってるはずだから、きっとできると思うんですよね(>_<)

俺だけなのかも知れないんですけど、3Pにこだわりすぎてる気がします…
ランスとMKGが連携して、縦横無尽に動き回ればディフェンスはそれをケアせざるをえないわけだから、インサイド・アウトサイドに必ずスキができるはずなんですよね★

ローポストのアルジェにボールがある時に、他のボールの無いとこでもスクリーンプレイして、タイミング良くアルジェに合わせられれば、マクロバーツが居なくてもボールは回せる☆

って俺、記事と全然違うこと言ってますね汗

すみませんですm(_ _)m汗汗汗

No title

いや~とても参考になります。
そして、私はすっかり説得され、コーチの采配次第で何とかなりそうな気がしてきました。(^_^;)

まあ、とりあえずランスは怪我してしまいましたが・・・
今シーズンは怪我にもちょこちょこ祟られて、本当に泣きっ面に蜂な感じです。
(あ、スズメバチだけに、というつもりはありませんでした。(笑))
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード