ボンレーが手術

最近のワークアウトでスポーツヘルニアになったため、火曜日に手術を受けて6~8週間は離脱だそうです。
つまり、トレーニングキャンプに参加できず、プレシーズンゲームも一部欠場になりそうと。
Hornets.com  Charlotte Observer

ルーキーにとってトレーニングキャンプに参加できないのは大きいですねぇ。

スポーツヘルニアって何だろうと検索したら、「サッカー競技で発症することが多く、本当の原因を特定しにくいためグロインペインシンドローム(スポーツヘルニア・鼠径部痛症候群)と呼ばれるもので、治癒には時間がかかることが多い痛み、以前は手術をしたが現在は基本的に保存療法」と書いてありましたが。


ブリーチャーレポートの続き。
Predicting the Roles and Impact of Each Charlotte Hornets Newcomer This Season

ノア・ボンレー
ボンレーが9位まで落ちたのは、ちょっとしたミラクルだった。1年前にゼラーを指名したチームにとってパワーフォワードは最大のニーズではなかったが、ボンレーは逃すには優秀すぎた。
そうは言っても、このチームでのボンレーの役割は非常にあいまいだ。彼はまだ自分のサイズや腕の長さをどう活用すべきか理解しておらず、オフェンス面での能力の範囲は定まっていない。ディフェンス面では初日からファクターとなり得るが、今は、アシスタントコーチのパトリック・ユーイングと辛抱強く練習を重ねることが一番本人のためになるだろう。
昨シーズンのゼラーのように、シーズン終盤に活躍する場面はありそうだ。しかし、早いうちから大きなインパクトをもたらすことは難しいだろう。彼はまだ、ゼラーやマービン・ウィリアムズだけでなく、たぶんビスマック・ビヨンボよりも序列が後ろだろう。シーズン序盤の役割は、おそらく代役だ。シャーロットはドラフト1巡目で高い価値がある二人を獲得したが、どちらも将来のための選択だった。二人ともしょっぱなから活躍して世界を照らすほど磨かれてはいない。



コメントの投稿

非公開コメント

ボンレー怪我ですか(^-^;)
まだNBAレベルじゃないって言われてるから この時期の離脱は…残念ですなぁ

スペ体質じゃなければいいが(^-^;)

No title

チームにとって大きな痛手にならないのはいいんですけども
(痛手になるくらいのルーキーだと嬉しいとも思いますけど(^_^;))
ルーキーにとってトレーニングキャンプは大事ですよね。
もともとNBAレベルじゃないなら、これでますます「出遅れ」てしまうわけだし。

>スぺ体質
確かに、いきなり怪我されてしまうとちょっと心配になりますね~。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード