入団会見

140718_lancesigns_07.jpg
(Shane Skeary / hornets.com)

Hornets.com: Hornets Sign Lance Stephenson

公式ツイッターでスティーブンソン(ランスの方が簡単でいいか(笑))のコメントや、ファンからの質問に答えた一問一答が読めます。たとえば、
who did you pattern your game after growing up? 
Michael Jordan. Magic Johnson. Larry Bird. Penny Hardaway, Tracy McGrady - one of the reasons I wear #1

How excited are you to play for MJ and for a franchise that seems to have a bright future?
definitely excited! MJ is the greatest of all time, believes in my talent. I can definitely learn from him his competitiveness

what’s the next step for you to become an All-Star type player?
Consistency. Bringing something to the table. That's what MJ told me - he said I need to work on being consistent.
などなど。

オブザーバーの記事 Michael Jordan to new Hornet Lance Stephenson: Learn when to ‘calm down’
New Charlotte Hornet Lance Stephenson hopes not to be defined by one foolish gesture.

ランス・スティーブンソンは、1つの愚かなジェスチャーによって定義されないことを望んでいる。
「俺は、誰かの耳に息を吹きかける以上のものをテーブルにもたらすよ」と、スティーブンソンは自分に大きな悪評をもたらしたレブロン・ジェームズとの事件について言った。
6フィート5インチのシューティングガードであるスティーブンソンは、スコアリング、ディフェンス、プレイメーキングとエッジ(激しさ or 鋭さ、切れ味?)をもたらす。ホーネッツは彼の鋭さを好み、ゲームに勝つ助けになると信じている。ただし、ある程度。

オーナーのマイケル・ジョーダンは、火曜の夜にラスベガスで行われたミーティングに参加し、スティーブンソンが3年2740万ドルの契約書にサインする前に、本人と非常に率直に話をした。
「俺のどこが好きか、俺が何について落ち着く必要があるか、ということを言われた」と、スティーブンソンは記者会見後にオブザーバーに語った。「どうチームに貢献できるか、とか。あと、俺の才能を信じると言ってくれた。俺の闘争心が好きだとも」

合うところはたくさんある。ホーネッツはウィングのスコアリングとシューティングを是が非でも必要とする。昨シーズン、スティーブンソンは平均13.2得点、7.2リバウンド、4.6アシストで、FGは49パーセント決めた。ホーネッツは、彼のような幅広いスキルとプレイオフ経験を持つ選手を必要としていた。

彼らが必要としないのは、スティーブンソンの経歴に何度かあった破壊的な行為だ。彼は昨シーズン、NBAで4番目に多い14のテクニカル・ファウルを犯した。過去には法律問題を2度起こしている。一つ目は十代の少女への痴漢行為で、その後、ガールフレンドを階段から突き落としたと告発された。

1シーズン900万ドルのサラリー(3シーズン目の940万ドルはチーム・オプション)は、スティーブンソンの才能を持つ選手にはバーゲン価格だ。FAになったスティーブンソンの評判が徐々にむしばまれたため、ホーネッツはそういう取引をまとめることができた。

ホーネッツが最初に選んだのはゴードン・ヘイワードだったが、ユタ・ジャズは4年6300万ドルのオファーシートにマッチしてきた。チャンドラー・パーソンズはダラス・マーベリックスと同じような内容で契約している。
スティーブンソンのマーケットは、それよりかなり低かった。彼は、自分が再びFAになる前に、それを修正するためにやらなければならないことを理解していると言う。
自分の才能は「明らかにレブロンの耳に息を吹きかけた陰に隠れてしまった」と、スティーブンソンは言った。「彼は最高の選手の1人だ。だから、話が本当に大きくなってしまった。俺がコートでできることの影を薄くした。俺はプレイメーカーで、ディフェンダーで、コート内外でリーダーだ」
「とにかく俺は、その状況を変えて、そこから学ばなければならない」

スティーブ・クリフォードHCは、インディアナポリスのメディアが「グッド・ランス」と「バッド・ランス」とラベルをつけたこの取引を管理する見込みについて大丈夫そうに聞こえる。
「それらの行為は勝ちたいという強い思いの副産物だと思う」と、クリフォードはサマーリーグで滞在中のラスべガスから電話会議で言った。
「うちのオーナーは、我々がそれに取り組むことは可能だと本人に伝えた。彼はそれを知っている。自分でも、時々少し一線を越えたことは分かっている。私は、彼が闘争心からそういうことをしたと思っている」

スティーブンソンは、もっと良い振る舞いをしなければならないと認める一方、自分がここまでになったのはこの姿勢も一つの要因だと考えている。
「コートに立ったら友達はいない。仕事と勝つことがすべてだ。俺は間違いなくこのグループのリーダーになろうとしているし、ここに勝利の習慣をもたらすつもりだ」

ヘイワードにマッチされ、ジョシュ・マクロバーツも失ったホーネッツは何かをする必要があった。昨シーズンのボブキャッツは、スモールフォワードとシューティングガードのスターターが2人で合計21.2得点だった。
ホーネッツとスティーブンソンの代理人との交渉は火曜日の夜に劇的に加速し、水曜日の午前6時頃には合意に至った。
スティーブンソンのアドバイザーはペイサーズが提供した5シーズンより短い契約を好んだ。それはホーネッツの好みでもあった。
「とても魅力的な取引でない限り、我々は長期を望まなかった」と、スティーブンソンのエージェント、アルベルト・エバンクスは言った。
「我々のほとんどと同じように、彼も未完成だ。彼の全試合のテープを見れば、やる必要のないこともしている。しかし、素晴らしいこともしている。本当のメッセージを見失ってほしくない。これは、毎試合トリプルダブルが可能な男だ。チームが勝つ助けになることに大きな喜びを感じる人間だ」

ホーネッツは現在、スティーブンソン、ヘンダーソン、ゲイリー・ニール、ルーキーのP.J.ヘアストンとシューティングガードが過剰だ。クリフォードHCは、今後ヘンダーソンに起こることを質問された。
「NBAは競争的な場所だ。そして、競争は悪いことではない」「私は今、誰がスターターになるか、誰がベンチから出場するか、出場時間がどうなるか、まったく分からない」
「私にわかるのは、我々のチームが今日より強いということだ」

**************

う~ん、だいたい~。
ファウラーさんも会見を取材して記事を書いているんだけど、肩凝ったしもう明日にしょ。(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード