サマーリーグ(5)

3戦全敗して第23シードでトーナメントに入ったら、何だか強いホーネッツ。第10シードのマブスをブザービーターで下したのに続き、第7シードのペリカンズには104対75と圧勝。次は19日に第2シードのニックスと対戦だそうです。
Boxscore



解決しました。<(_ _)> (昨日からここにYouTubeを埋め込むと「最新のFlash Playerを入れなはれ」とか訳わからん表示が出るんだけど、SafariやGoogle Chromeなら問題ないから、IEの履歴とか削除すればいいんだろうか)

ランス・スティーブンソン獲得に反対だったファウラーさんの感想。
Lance Stephenson will make Hornets more interesting
 
私は先週、シャーロット・ホーネッツはランスに賭けてみるべきではないと書いた。
私の子供たちと同じように、ホーネッツも私の話を聞かず、ランス・スティーブンソンと3年契約を結んだ。.
それで、私はまだこの動きに賛成しないが、ホーネッツが正しくて自分が間違っていればいいと思う。

最高のスティーブンソンは、ホーネッツをずっと危険でもっと面白くする。彼は、昨シーズンのチームには決して存在しなかったクラッチタイムでの第3のスコアリング・オプションになる。アル・ジェファーソンのためにフロアを広げ、さまざまな方法でケンバ・ウォーカーを助け、ディフェンスで敵をいらいらさせる。

最良のシナリオは、スティーブンソンが1990年代後期のシカゴ・ブルズにおけるデニス・ロッドマンのシャーロット・バージョンでなることだ -- 風変りな個性だが三連覇したチームの大きな戦力。彼らは彼をチームに引きとどめ、1試合15リバウンドする限り、緑の髪も含めてデニスをデニスでいさせた。マイケル・ジョーダンはロッドマンを従わせた。おそらく、彼の特大の影響力は、スティーブンソンとも同じことをする助けになり得る。
さらに、ホーネッツがスティーブンソンに払った代価は、少なくともNBA基準でかなりリーズナブルだ。ゴードン・ヘイワードの約40パーセントしかコストがかからない。そして、純粋な才能の観点から言えば、スティーブンソンの方が上だ。彼はすぐに、ジェラルド・ヘンダーソンに代わってシューティングガードでスタートするはずだ。

それでも、私は一週間で考えを変えなかった。これは、ラスべガスでの深夜のギャンブルだ。文字通り、ホーネッツがサマーリーグで滞在中のベガスで取引はまとめられた。

たぶん、ジェファーソンとウォーカーは、スティーブンソンが協調するようにこのチームをうまくリードできるだろう。たぶん、ホーネッツのロッカールームは、スティーブンソンに勝手なふるまいをさせないほど良いだろう。たぶん、トリプル・ダブルでリーグトップながら、テクニカル・ファウルが4番目に多かったスティーブンソンは、初めのカテゴリーを維持したまま、2つ目のカテゴリーで落ち着くだろう。

1つ確かなこと: スティーブンソンとP.J. ヘアストンには遠征中に一人で街へ出かけてほしくない。

しかし、確かに見るのは楽しみだ。一人のジャーナリストとして -- 今後いつか、 スティーブンソンがホーネッツに信頼の代償を払わせると思うので、長期的にはこの動きが好きでないとしても -- 私は確かに、物書きの立場から楽しむだろう。スティーブンソンは、スポーツ・コラムニストのだ。彼のプレーを見た誰もがひとこと言いたくなるようなショックを与える過激派。

彼がシャーロットへ来たことからして奇妙だ。スティーブンソンは、NBAトップ4のインディアナより、まだプレイオフのシリーズを勝ち上がったこともないチームの保証が短い契約を選んだ。彼は明らかに、次の契約がもっと大きくなることを信じて自分自身に賭けている。

ホーネッツはどうかと言うと、FA契約が始まったときはこの取引を望んでいなかった。彼らの最初の選択はヘイワードだった。しかし、他の数少ない「証明されたウィング・スコアラー」が他の場所へ行ったり、シャーロットに興味を示さなかったりして、最終的にこうなった。

そして、思い返せば、この種のことはしばらく前に一度、ボブキャッツでうまくいっている。スティーブン・ジャクソンは2010年のプレイオフへチームを導く助けになった。そして、ジャクソンにはスティーブンソンより波乱に満ちた経歴があった。

だから、さあ行こう。
ジェットコースターを始めよう。
コースターがてっぺんへ引っ張られていくとき、いつも聞こえるカチカチいう音をホーネッツと彼らのファンは聞いている。今は出発しないから、しっかりつかまって。

バケーション中らしいソレンセンさんは、ブログで Hornets gambling Lance Stephenson won't drag them down

ホーネッツは賭けた。自分たちのロスターが、スティーブンソンに足を引っ張られるよりも、スティーブンソンを引き上げるほど強くて善良なことに。
ほとんど満場一致で非難され、スティーブンソンはたぶん目を覚ますだろう。批判がそうしないなら、おそらく、新しいチームメイトがそうする。スティーブ・クリフォードは、ヘッドコーチとしても人間としても優れていて、タフで、甘やかさない。
スティーブンソンの実験は、費用がかかるとともに面白い。
これは、ホーネッツによる大胆で勇敢な動きだった。それは、彼らの意欲を証明している。それは、彼らがプレイオフを勝ち進むポジションにいて、スティーブンソンがその助けになると信じていることを示唆している。

**********************

デニスみたいに、ちょこちょこ「いたずら」しつつも仕事をきちんとしてくれたらいいんですが。
でも、ブルズは落ち着いたベテランのチームだったけど、ホーネッツは若いし、MJみたいににらみを利かせられる選手もまだいないからねぇ。(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

確かに楽しみですよね(^-^)

この選択が吉と出るか凶とですか…


乱闘になりそうだったら、昔のブルズみたいに総出で足引っ張ってその場から引きずり出せばいぃんです♪ワラ

あと、昔のパット・ライリーのコメントじゃないですけど、両チームの半数が退場処分になる前に( ´艸`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

◎シンゴさん
ひたすら凶と出ないことを祈ります。(^_^;)

まぁ、乱闘になるようなことはないでしょう、たぶん・・・。
3シーズン目はチームオプションということなら、スティーブンソン本人だって2シーズンで成功してもっと大きな契約を勝ち取りたいはずですから。

と願ってます。^^


◎鍵コメさん
ありがとうございます~。
でも、やってみましたがダメでした。

んで、ググったら、ブログに貼った画面が黒い、YouTubeへ飛べば見られる、と同じような状況の人が履歴を削除したら直ったと書いていたので実行したんですが・・・ダメっす。
今のところIEだけダメなので、別にいいんですけどね・・・。

ついでにさっきはPCの音が出なくなって、こっちはググったとおりにやったら直ったんですが~。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード