マクロバーツがヒートへ

ヒートがD.グレンジャー、J.マクロバーツと契約合意

ISM 7月8日(火)14時0分配信

 マイアミ・ヒートは現地7日、モラトリアム期間(猶予期間)が明ける今週にフリーエージェント(FA)のダニー・グレンジャーとジョシュ・マクロバーツと契約をかわす意向を発表した。
 マクロバーツは、ミッドレベルサラリー例外条項を使った初年度約530万ドル(約5億4000万ドル)からの4年契約でヒートと合意。代理人のマイク・コンリー氏は「彼(マクロバーツ)はこの機会を、特別なことを成し遂げるチャンスだと捉えている」と語った。最終年はプレーヤーオプションとのこと。
 米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』によると、グレンジャーは年俸200万ドル(約2億円)の2年契約で合意に至ったという。
 両選手はヒートが今夏に契約合意した最初のFAとなったが、全ての視線はレブロン・ジェイムスの決断に注がれたままだ。ヒートのパット・ライリー球団社長は今週、レブロンと会談し、チームに残留するよう全力で説得する見通しだ。
 マクロバーツは、昨季はシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)に所属し、78試合の先発出場で平均8.5得点をマーク。プレーオフではレブロンにひじ打ちを見舞い罰金2万ドル(約200万円)を科されるなど、ヒートと激しくやり合った。
 グレンジャーは、過去2シーズンはケガの影響などでレギュラーシーズン46試合の出場にとどまった。昨シーズンにロサンゼルス・クリッパーズにトレードされるまでは、インディアナ・ペイサーズ一筋でプレーしていた。


これはヒートがオファーできる最大限の条件で、エージェントいわく、ホーネッツの提示より少しだけ良かったそう。
それでも、クリフォードHCへの愛ゆえにマクロバーツは苦しんだそうなのですが。
Charlotte Observer

年俸は想定内だったから、問題は契約年数かも~コーディとノアが順調に成長すれば4年は長いですもんね・・・。
でも、当面コーディで大丈夫なんだろうか。(^_^;)
ジェフ・エイドリアンとか今度こそジェイミソンとか、ベテランPF獲得するのか。

まあ、マクロバーツがいなくなったことで、ヘイワードにMAX提示するのは楽になったと思うけど(MAXに値するのか?とは思いつつ)。ソレンセンさんも、「ヘイワードを獲得するにはMAXかそれに近いオファーが必要だろうが、そしたらマクロバーツにも払えるんだかどうだか」って書いてたし。(Gordon Hayward’s visit shows Charlotte Hornets are in the game

ヘイワード歓迎バナー。

0707scott_welcome.jpg ファウラーさんのTwitterより

一方、ヘアストンは相手側が法的措置を求めたため、地方検事から召喚状が来て8月8日に出廷しなければならなくなりました。

軽犯罪というか軽微な暴行というのは何と訳せばいいのか。
とにかく、相手の高校生(6フィート5インチで身長はほぼ同じですけど)は、挑発するようなことは何もしていないと言っています。ヘアストンが仲間に向かって「こいつは右へ行けない、左しか行かない」と言ったので、「右へ行く」と言ったところ、次のポゼッションでボールを手にしたヘアストンが飛びかかってきてグーで額をパンチされて、ヘアストンはそのまま突進してスコア。近寄っていて、今のは何のつもりかと聞いたら首を殴られた。自分はののしったりしていないし、手も出していない、とのこと。そして、売名行為みたいに言う人もいるけれど自分はもう大学から奨学金をオファーされていて売名の必要はないし、こんな注目はされたくもない、とも。
彼の言い分は、現場にいたAAUのコーチや後見人的な男性の息子も裏付けていて、後見人的人物いわく、「こちらは弁護士も雇っていないし、お金が欲しいわけではない。公けにすべき不法行為だと思ったから訴えた。(高校生は)殴り返そうともしていない。今までコート外で問題を起こしたこともないことを世間に知ってほしい」と。

ファウラーさんは、マイケル・ジョーダンが呼び出してきついお灸をすえた方がいい、みたいな。
Charlotte Observer  Charlotte Observer

本人は謝罪のステートメントは発表していますが、
“I want to apologize to the Hornets organization and our fans for creating this distraction. As this is a legal matter, I cannot comment on the situation any further. I am truly sorry for any embarrassment that I have caused.”
サマーリーグのミニキャンプで練習に参加したあともメディアには一切答えなかったそうです。

140707_summerleague_14.jpg

一番手前にMKGがいるけど、サマーリーグではプレーしませんよね。で、一番奥は前にもチラッと思ったことがあったけどジャスミンに似ているような? (本当にホーネッツの職員になったんだろうか)

コメントの投稿

非公開コメント

この記事も…ハァ↓↓↓
ですよね(/_;)

まぁ、マクロバーツにしてみたら生活がかかってるから当然と言えば当然なんですけど(>_<)

しかし彼のパスが無くなるのは痛い↓↓↓

ケンバが毎試合二桁アシストしても足りないし↓↓↓

アルジェが毎試合のようにトリプルダブル級の活躍してくれれば話しは別ですけどね(>_<)

我がチームはパス出せるのが少なすぎるよぉ。゚(゚´Д`゚)゚。

アウトサイドからインサイドのパスはケンバ・アンダーソン・MKGでじゅうぶんですけど、逆にインサイドからアウトサイドのパスが全くない↓↓↓


このパスの無さを解消するにはオドムしかいない(笑)

No title

マクロバーツに対してヒートが触手を伸ばしているとは思いませんでした。
マクロバーツとしては今が売り時、ホーネッツは苦しくなるでしょうが、彼の選択を尊重したいと思います。

ヘアストンのことはとても残念です。
今が一番大事な時なのに、首脳陣の信頼を失うようなことをしてしまうのはどういうことかと思ってしまいます。

ヘイワード 4年63M
良いのかなこんな契約(^-^;)

No title

◎シンゴさん
私は何とかキープできるんじゃないかと思っていたんですが、甘かったようです。
今まで恵まれていなかったマクロバーツにとってはラストチャンスになりそうだし、条件が良い方へ移るのはしょうがないですよね・・・。

もしヘイワードをゲットできれば、プレイメイクできるフォワードという穴埋めにもなりそうなので、MAXは高いけどジャズがマッチしないでいてくれた方がいいかな~と思ってます。


◎ぞのさん
何か、いきなりヒートって感じでしたね。
私もマクロバーツが条件で選ぶのは仕方ないと思っています。
しかも、結局BIG 3が残るとすれば、リングにも手が届く位置ですし。

ヘアストンはホント、ドラフトされていっきに気がゆるんでしまったんでしょうか。
高校生の主張が真実だったら言語道断ですし、たとえ「殴り合い」の方が事実だったとしても、自分が失うものを考えて冷静になれよ!と言いたくなりますね・・・。


◎蜂の子さん
私も「たっかー!」と思いました。(^_^;)
けど、中途半端なことをしてもジャズにマッチされているのは目に見えているから、ホーネッツがオファーするならマックスしかないですよね。
いずれにしろ賭けですけどね~。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード